常設作品も届いています

【常設作品ご紹介①】

田鶴濱守人さん優香さん展示会中ですが、
常設もいろいろ届けてくださっているので
ご紹介させて頂きますね。

まずは幾田晴子さん。
陶器の町•丹波篠山にて工房を構えられ、
可憐な磁器(白瓷)のうつわを作られて
います。
c0155980_02471740.jpg
c0155980_02471955.jpg
c0155980_02472051.jpg

輪花は元々あった豆皿を菓子皿の大きさに
作ってくださいました。
(豆皿はあと一つとなりました)
雪輪の皿や稜花皿、リム鉢、そば猪口なども
届いています。

幾田さん、ただいま京都で個展開催中です。
_______________________
日時 9/20(水)~30(土)
12時~18時
場所 
くらしの器と切子ガラスの店 結
京都市中京区麩屋町通二条下る尾張町212-1
TEL 075-334-5821 
_______________________
京都にお出かけの方は是非お立ち寄り
ください。
23、30日は在廊されているそうです。

***************************

【常設作品ご紹介②】

谷井直人さんの高台皿(黒×シルバー)も
入荷しています。裏側が黒釉、表が貫入の
入った銀彩です。
c0155980_02472270.jpg

銀彩は周囲から少しずつ硫化して黒く
なっていきます。
焼き付けてあるので長く使ううちに
剥がれてきますが、それも渋い味わいに
なってきます。
(ご希望の方には有料になりますが
もう一度銀を焼き付けてくださるそうです)

谷井さんも札幌で個展間近だそうですよ。
_______________________
2017.9.23(土)-10.1(日)
Ach so ne(アソネ)
〒060-0042
札幌市中央区大通西16丁目3-27美術館前片岡ビル2F
TEL/FAX 011-676-5008
________________________

***************************

【常設作品ご紹介③】

次は加賀雅之さんのpan皿です。
c0155980_02472480.jpg


今年4月に個展でたくさん作ってくださった
pan皿ですが、会期中に完売、お客様の
ご注文に合わせて多めに作って頂きました。
現在4枚になりました。
(彫り盆も少しずつ届いています。
お待たせしている皆様すみません、
今しばらくお待ちください)

加賀さんご参加の展示会
___________________________
9/16(土)-10/4(水) 木・金休み
nagaya.
徳島県徳島市沖浜町大木247
「秋のテーブル展」
とりもと硝子店(ガラス)
柳瀬俊一郎(陶器)
加賀雅之(木工)

-9/29
ウェブ展示会
http://svale-furniture.com/
___________________________

***************************

【常設作品ご紹介④】

この6月の20周年展で大人気だった
坂田真由美さんのまえかけ、定番デザイン
が入荷されました。
色を忠実に表現するのがとても難しい!
実物はもっと美しいです。
c0155980_02472658.jpg
c0155980_02472955.jpg

c0155980_02473146.jpg

特に人気だった薄紫とトルコブルー、レアな真田紐の色違いも入っています。

(追記
トルコブルーの真田紐紺、申し訳ありません、完売しました。)

坂田さん、この度は大阪市豊中で新しく
ギャラリー兼工房を構えられ、ますます
張り切って制作されています!
またこちらでも違った切り口でお仕事ご覧
頂きたいと思います。

***************************

c0155980_02473356.jpg


こちらは奥の常設の間です。
展示会の際もご覧いただけます。

新しく届いているもの、
他にもまだあります。
またご紹介させて頂きますね。




[PR]
# by yukuri-2006 | 2017-09-21 02:30 | Trackback | Comments(0)
特別企画、もう一つありますのでご紹介を。

c0155980_02280756.jpg


「31coffee」+「ATELIER PLUS」
コーヒーとパンの販売
(店内でお召し上がり頂けます)

9/23(土)11:00 -

玉野市の「31コーヒー」焙煎師・森田麻理子
さんにコーヒーを淹れていただき、「ATELIER PLUS(アトリエ・プリュス)」
の、しおみかずみさんにパンの販売をして
いただきます。

コクのある麻理さんの「旨い」コーヒー
と、かずみさんの美味しくて可愛いパンの
初コラボです。

田鶴濱さんのうつわと合わせて、
どうぞ楽しみにお越しください。
優香さん在廊です。
------------------------------------------------------------------
31coffee (サイ・コーヒー)
------------------------------------------------------------------
一粒一粒丹念に豆を選んで丁寧に焼いた
森田さんのコーヒーはとても美しくて、
ふっくらツヤツヤ。ストレートはもちろん
ミルクにも合う、クセになる味と香りです。

HP
http://31coffee.tumblr.com

岡山県玉野市八浜町見石883-50
「Grid kitchen」2F
営業時間 11:00 - 18:00
*(10月から金土曜日定休日になるそうです)
email 31coffee31@gmail.com

------------------------------------------------------------------
ATELIER PLUS (アトリエ・プリュス)
------------------------------------------------------------------
ATELIER PLUSさんは 小麦を使用したパン
教室。おうちでも作れるパンのレシピを
ご紹介されています。

笑顔の素敵な、気さくなかずみさんとのお話も楽しいレッスンです。単発のレッスンですので、是非お気軽に覗いてみてください。

HP 
http://panplus.web.fc2.com
---------------------------------------------

かずみさんと麻理さんなので楽しくない
訳がなく、さらに優香さんも在廊されて
いますので、いいお時間過ごして頂けること
間違いなしです。是非。

展示会は24日まで、終盤をさらに
楽しんで頂けたらと思います。
お待ちしております!


[PR]
# by yukuri-2006 | 2017-09-21 02:16 | *イベント | Trackback | Comments(0)
本日も11時より、田鶴濱守人優香
陶二人展開催しています。

c0155980_11594822.jpg


一番左、大きめの擂鉢も作ってください
ました。盛鉢としてもテーブルにそのまま
出して頂けます。

(17時までですが、時間外でご覧に
なりたい方もどうぞご連絡ください。
出来る限り調整させて頂きます)



[PR]
# by yukuri-2006 | 2017-09-19 11:37 | Trackback | Comments(0)
明日18日は営業致します。

田鶴濱優香さんのポット。
c0155980_13102707.jpg

練り込みを主体に制作されている優香さんですが、ポットではろくろ仕事もされています。

急須やポットなどは、形だけでなく
使い勝手やキレ具合、重さなど考慮
しなければならない点がかなり多く、
制作は器類の中でも難しい部分があります。
c0155980_21121527.jpg


優香さんのポットは口の部分が大きいのも
特徴です。軽くキレも抜群!
形や蓋も少しずつ違うので、お気に入りの
ものを探していただけると嬉しいです。


台風上陸した岡山ですが、今は静まって
きています。どこにも被害なければ良いのですが。
どうぞお気をつけてお過ごしください。


[PR]
# by yukuri-2006 | 2017-09-17 13:09 | Trackback | Comments(0)
c0155980_13125190.jpg

優香さんの練り込みの片口と、
ぐい呑小鉢。

打ちっぱなしの壁にも似合うような
モダンな印象です。

優香さんから頂いた、お客様への言葉です。
__________

練込みの器を、主につくります

ただ、ただ、土を積んでいきます

積んだら、潰します

ただ、ただ、潰していきます

本当は、潰していった先に

練込みが消えてしまうほどになれば

いいのに...と思う自分がいます。
___________

布と地層の好きな優香さん。
建築から陶芸の道に転身された方です。

優香さんの作陶は、機織りのように、
糸を重ねるように、土を重ねます。
まるで土を織るように。



[PR]
# by yukuri-2006 | 2017-09-15 13:10 | Trackback | Comments(0)
【裏にも惚れ直す器/デカルコマニー】
c0155980_13074640.jpg

これはDMに書きたかったことです。

作家ものはうつわの裏にも表以上の拘りを
感じることが多いですが、こちらのうつわ
もまた、守人さんならではの雰囲気を
持っています。

美しい色の底に土のちりちりとした質感が
生き生きと見える、ずっと眺めていたい器の
表側。

そして裏返すと…
c0155980_13074821.jpg

この模様は、白化粧土を乾かないうちに
板に乗せ、剥がすことでできるテクスチャで、
守人さんは「デカルコマニー」と呼ばれています。
平たいものには特に裏にこのテクスチャが
施されています。

デカルコマニーとはフランス語の
「décalguer(転写する)」
に由来するもので、美術技法用語だそうです。
作者の意図しない偶発的な形態を写し取る
ことを目的としています。

守人さんは美大生時代は油絵専攻だった
そうで、器にもその技法を用いられて
います。

本体の土と化粧、釉薬は本来それぞれ
とても剥がれやすく、守人さんも随分
研究なさったのではないかと思います。

錆びたものであったり、
朽ちていくものであったり。

自然のもの、または人工物であっても、
自然の中に風化して行くものの中には
「綺麗」とは違う、何とも言えない
美しさが垣間見えます。

「美しい」とはイコール「綺麗」
ではないのですね。

そういったものを愛する守人さんならではの
「裏」です。

そんなことを思いながら、時々それぞれの
うつわの裏をしばし眺めています。
お越しくださったら、一枚一枚の裏側まで
堪能して頂けたら嬉しいです。

(こういったものにとにかく目がないので、眺めている時は幸せです(*´-`)!)



[PR]
# by yukuri-2006 | 2017-09-15 13:04 | Trackback | Comments(0)

9/18も営業します

【9/18も営業します】

c0155980_13030659.jpg


9/18を展示会中のお休みとしていたのですが、この日も開けることにしました。

もしご旅行の途中でという方もどうぞ
お立ち寄りください。作品も予定より
かなりたくさん作ってくださったので
まだまだあります!

それにしても台風が心配ですね。
どうかお気をつけください。




[PR]
# by yukuri-2006 | 2017-09-15 13:02 | *展示会案内 | Trackback | Comments(0)
これからのお茶が美味しい季節に
お役に立ちそうな、守人さんの
湯呑みとそば猪口いろいろです。

c0155980_01520867.jpg






[PR]
# by yukuri-2006 | 2017-09-13 01:49 | Trackback | Comments(0)
9/9土曜日より、田鶴濱守人さん優香さん
二人展、始まりました!
c0155980_03391809.jpg


田鶴浜守人さん優香さん展示会初日夜、
「うつわとお酒と音楽と」を開催しました。
写真はお客様からお借りしました。
ありがとうございます!

東京からギタリスト坂ノ下典正さんを
お迎えしての楽しい会となりました。
お料理は、ののさま*あんの長楽留美子さん。
c0155980_03392127.jpg

c0155980_03392429.jpg

c0155980_03392774.jpg

c0155980_03393288.jpg

c0155980_03393840.jpg


事前に器をご覧になって、イメージを
膨らませて何度も考えて作ってくださった
メニューは、滋味溢れながらもお酒に
合わせて少しだけいつもより濃い目。

「『わあっ』と言ってもらいたい」
と仰っていたその通りの美味しい美しい
お料理に皆さん感嘆の声をあげられて
いました。

お一人で参加された方も多かったですが、
最初からお知り合いのような和やかな
雰囲気の中、バックで坂ノ下さんがギターを
奏でてくださっていました。
c0155980_03394174.jpg

前にも一度ゆくりでライブしてくださった
ことがありましたが、今回はさらに素晴らしい
演奏でした!

坂ノ下さんから
「静かな緊張感の中で弾くのもいいですが、
こういった団欒の中での演奏もやりたかった
んです」
とのお言葉を頂きましたが、田鶴浜さんや
参加してくださった方々の寛いだご様子が
嬉しい時間でした。

お酒はいつもお世話になっている岡山市北区
加茂の「酒のみむら」さんで。
c0155980_03394327.jpg

利き酒師でトランペッター、自らもお酒を
仕込まれている店主の三村勝則さんにご相談
して、このそれぞれ違った4本の純米吟醸酒に
(左から2本目の「温羅」が三村さん仕込みです)

爽やかなものからしっかりしたものへ、
左から順に、守人さんの酒器で召し上がって
頂きました。

写真最後はロッキングチェアで聴く守人さん。
c0155980_03394543.jpg

(間近で演奏を見られるこのお席は人気で、
かわるがわる座られていました)

偶然だったのですが、守人さんも東京吉祥寺
のご出身で、現在その周辺で活動されている
坂ノ下さんとご縁があったようです。

「一気にファンになった」と言われていまし
たが、こうした新しいご縁が生まれるのも
イベントの面白いところです。

田鶴浜さん、坂ノ下さん、長楽さん、お手伝いくださった方、参加してくださった皆様、ありがとうございました!

会期は24日日曜日まであります。

250点の予定が450点も作ってくださった
お二人の作品!
圧巻です。
是非ご覧になってください。

また作品もご紹介していきます。


[PR]
# by yukuri-2006 | 2017-09-12 03:31 | *展示会案内 | Trackback | Comments(0)

【満員のお知らせ】

9/9夜の「うつわとお酒と音楽と」、
満員となりました!ありがとうございます。

ご検討最中の方がおられましたら誠に
申し訳ありません。

写真は守人さんの片口と盃。
他の釉薬のものもいろいろ作って
くださっているそうです。
c0155980_20461412.jpg




[PR]
# by yukuri-2006 | 2017-08-31 20:45 | Trackback | Comments(0)

うつわとお酒と音楽と

*満席となりました。


- うつわとお酒と音楽と -

<田鶴濱守人・優香 陶二人展 特別企画>

ギタリスト・坂ノ下典正さんを東京より
お迎えして、心安らぐギターの音色と
うつわとお酒、そしてお料理を愉しんで
頂く会です。

お料理を担当くださるのは、岡山市南区
藤田で地元の旬の新鮮野菜を使ったカフェ「ののさま*あん」長楽留美子さん。
写真は人気の大人様ランチ。
c0155980_22245115.jpg

ご自身で全て改装された素敵な古民家のお店
c0155980_22245294.jpg


季節の新鮮野菜を丁寧に仕込み、
味の研究を重ねて作りだすお料理は
優しい滋味あふれる味わい。
今回はお酒に合う美味しいメニューを
ご用意してくださいます。

守人さん、優香さんとご一緒に
愉しんでいただきます。

お酒が飲めない方もドリンクご用意して
おります。お持ち込みもできますので
お気軽にお問い合わせください。

日時:2017.9.9(土曜日)
19:00~
会費:4500円

<ご予約方法> 

yukuri2006@icloud.com
まで
(混乱を避けるため、申し訳ございませんが
こちらのメールからのみお願いいたします)

 ・お名前
 ・参加人数
 ・お電話番号

上記をお書き添えの上、お申し込みください。
(満席の場合は誠に申し訳ございません。何卒ご了承ください)

.................

雨音のようにも感じる、間の美しい音を紡ぐ坂ノ下さん。
c0155980_22245560.jpg

音もまた人を表すと感じられるような素敵な方です。
お酒の席もご一緒してくださいます。






[PR]
# by yukuri-2006 | 2017-08-17 00:28 | Trackback | Comments(0)
c0155980_00354074.jpg


「土に映す」

田鶴浜守人・優香 陶二人展

2017.9.9 (土) - 9.24 (日)
  11:00 - 17:00
展休日 9/11(月)9/18(月)

作家在廊日  
9/9・9/10・9/24  守人さん優香さん
9/23  優香さん

<特別企画>

9/9(土)
「うつわとお酒と音楽と」

9/23(土) 
「31コーヒー」+「Atelier Plus」
コーヒーとパン


田鶴濱守人さんと優香さん、お二人との
お付き合いは11年を超えますが、今回が
初めての展示会となります。

美大生時代、根津美術館で観た雨漏茶碗の
柔らかさやまるで生き物のような存在感に
衝撃を受け、独学で陶芸を始めた守人さん。
ひたむきに探求し続け、多様な釉薬を用いられます。

建築の仕事の中で同じく土に惹かれ、
この道を歩まれることになった優香さん。
色の違う土を一枚一枚交互に重ねていく
「練り込み」技法を主体に制作されています。

陶芸を志した道筋も表現も違いますが、
土に対する愛情もまた違います。

「だからこそ同じ工房で一緒に
仕事できるのかもしれませんね」
というお二人。

この展示会ではお二人それぞれの
「土を楽しむ先に生まれたうつわ」
を御覧いただきたく思います。

c0155980_00354158.jpg

いずれも守人さんの作。
フチのある平らな皿は、皆で分け合う
大皿としても一人用のプレートとしても
活躍します。
写真の黒錆の他、粉引もお持ちくださいます。

c0155980_00354488.jpg

一枚一枚土を重ねて、年輪のような
細やかな模様を作りだす優香さんの
練り込み。
一見素朴でいて、赤や緑などをさらに
鮮やかに引き立てる独特の魅力があり、
盛った瞬間に印象が変わることに驚きます。

••••••••••••••••••••••••••
初日 9/9 特別企画
「うつわとお酒と音楽と」

東京のギタリスト·坂ノ下典正氏を
お迎えして、お酒と音楽、美味しいお料理を
守人さん優香さんと楽しんで頂きます。

お料理は、岡山市南区藤田の古民家カフェ
「ののさま*あん」オーナー、長楽留美子さんが担当してくださいます。

坂ノ下さんの静かな雨音のように心に響く
ギターと、長楽さんの地元野菜を丁寧にし込んだ美味しいお料理。
田鶴浜さんご夫婦との楽しい会話も
もちろんお楽しみに。

ご予約のことなど、また別でお知らせ
させて頂きますね。

9/23(土)
「コーヒーとパンを愉しむ 」

•31コーヒー
•Atelier Plus パン販売

31コーヒーの森田麻理子さんが
コーヒーを淹れてくださいます。
「Atelier Plus」のしおみかずみさんの
パンもどうぞお楽しみになさってください。

いつもより少し長めの展示会です。
お越しをお待ちしております。


..............................

9/8までお休みを頂いております。
長くて申し訳ありませんが、今年は
不調の時期にできていなかったことや
この先のことの始末をつけていきたいと
思っております。
思い切って我儘にさせてもらっておりますが
何卒ご容赦ください。



[PR]
# by yukuri-2006 | 2017-08-13 00:04 | *展示会案内 | Trackback | Comments(0)
c0155980_23432435.jpg


うつわではないのですが、
あまりによかったのでご紹介を。
残すところ明日一日です。

岡山市野田屋町のpibicoさんで
明日まで開催されているqueさんの革靴。

革の質感も、色も形も美しい上に
すごく足に優しい。
(履くとびっくりされると思います)

岡山は初だそうです。

13日
2部制
①10:30〜14:00
②15:00〜19:00

最終日でも十分悩むほど在庫あるそうです。
もう人気のものは無くなってるんじゃない
かなーとのご心配無用ですので、是非😊

接客も素晴らしかったです。
こんなものつくりの方がおられる
ことに感動しています。

お写真はpibicoさんより。

pibico
岡山県岡山市 北区野田屋町2-7-18 1F

[PR]
# by yukuri-2006 | 2017-08-12 23:40 | Trackback | Comments(0)

台湾茶

ゆくりから車で5分も掛らない
同じ庭瀬に、台湾茶を教えて
らっしゃる方がおられます。

来日されて20年、庭瀬には6年前に
引っ越してこられたそうで、お名前は
袁振麗(えんしんれい)さん。
台湾のご出身の方です。

先日千田稚子さんの個展にお越しくださった
のですが、1月に台湾で展示会が決まっている
千田さんと意気投合され、ご縁があった方々
とご自宅に一緒にお邪魔してまいりました。

写真は日月潭紅茶を入れてくださっている
ご様子。
茶器は谷井直人さんの特注のものです。
c0155980_22180668.jpg


「銀彩は紅茶の色が白いものより
綺麗に見えるんですよ」
と教えてくださっていたのですが、本当に!
そのままでも綺麗だった紅茶の色がいっそう
美しく輝いていました。
c0155980_22180956.jpg

c0155980_22181106.jpg


台湾のお茶やお料理、うつわ、お菓子の
お話など、最初から最後まで楽しいお話が
続きました。

佇まいや所作も美しく、思いやりに溢れ、
人の役に立つことを常に考えられる袁さん。
お話に胸を打たれました。

今は生徒さん募集されてないのですが、
またゆくりで何か皆様とご一緒できる
機会をつくれたらと思います。
袁さんのブログはこちらから。
▶袁振麗さん
ブログ 「茶与二胡」

(袁さん、二胡の奏者でもあるのです)

台湾は岡山から直通便が出来ましたので、
国内旅行より安く行くこともできます。
台湾は人も優しく美味しいものがたくさん。

1月は千田さんの展示会を機に、台湾旅行
いかがでしょう(*´-`)




[PR]
# by yukuri-2006 | 2017-08-09 21:09 | Trackback | Comments(0)

松村英治さん角皿大小

先日、松村英治さんから頂いたお皿。
最後は平たい青緑釉角皿です。
c0155980_00270702.jpg


他にも常設作品ございます。
(お休みの間にまとめて見られるように
できたらと思います)

大変申し訳ありませんが9月9日からの
田鶴浜守人さん優香さんの展示会まで
おやすみさせて頂いています。

うつわのお問い合わせは
メッセージやお電話、SMSで
お尋ねください(^^)

当日だと難しいこともございますが、
お日にち調整してご覧頂けるようにと
思います。
09028029786
_______________

9/9-9/24 田鶴浜守人優香 陶二人展

[PR]
# by yukuri-2006 | 2017-08-08 00:25 | Trackback | Comments(0)

松村英治さんの点紋小皿

松村さんが続きます。
こちらは点紋小皿。
c0155980_22271338.jpg


うつわのお問い合わせは
メッセージやお電話、SMSで
お尋ねください(^^)
09028029786

[PR]
# by yukuri-2006 | 2017-08-06 22:26 | Trackback | Comments(0)
先日頂いた、松村英治さんの
あめ緑大鉢です。
c0155980_23480502.jpg


我が家の冷やし中華は
松村さんの大鉢です(^^)


うつわのお問い合わせはメッセージや
お電話、SMSでお尋ねください。
09028029786

________


田鶴浜守人•優香 陶二人展
2017.9.9-9.24




[PR]
# by yukuri-2006 | 2017-08-04 23:43 | Trackback | Comments(0)

知多半島への旅から

ご無沙汰しておりました。
長らくお休みしておりますが
動き回っております。

千田さんの展示会が終わった後、
愛知県知多半島の半田市と常滑に
行ってきました。

9/9土曜日から始まる田鶴浜守人さん
優香さん二人展の取材。

それから松村英治さんと
角掛政志さんにお会いして
きました。

あちらは心なしか岡山より
暑かったような気がしますが、
皆さんとてもお元気でした。

写真は田鶴浜さんのところで
お昼を頂いた時の写真。
c0155980_00381340.jpg


トマトの赤とシソの緑が
優香さんの練り込みのお皿に
映えます。

松村さん、角掛さんからも
頂いてきました。

こちらは松村さん青緑の8寸皿。
c0155980_00381555.jpg



他にもご紹介していきますが、
お休み中ですみません。
お問い合わせはお電話やSMSで
よろしくお願い致します。
09028029786



[PR]
# by yukuri-2006 | 2017-08-03 00:32 | Trackback | Comments(0)

おやすみのお知らせ

すみません、接続不良できちんと内容が
更新されていなかったようです。
もし木曜日金曜日、ご来店くださっていましたら
大変申し訳ありません(>_<)

7/18以降の営業、大変申し訳ありませんが
9月の田鶴浜守人さん優香さんの展示会まで
おやすみさせて頂くことにしました。

いろいろ考えたのですが、その間に
リセットして、今後もっと良い状態で
ご覧頂けるように夏のお休みの時間を
使おうと思います。

展示会に応じて営業時間が変わったり、
定休といいつつ不定休のようなことで
すみません。
一番いい在り方を試行錯誤しております。

その間の常設の作品ですが、前もって
ご連絡頂けましたら奥の間でご覧頂けます。
作品についても少しずつこちらでご紹介していけるようにと思います。

ご不便おかけするかもしれませんが、
何卒ご了承ください。

〈ご連絡先〉
ゆくり
09028029786
(ショートメールでもご連絡頂けます)

c0155980_23121880.jpg





[PR]
# by yukuri-2006 | 2017-07-19 12:27 | Trackback | Comments(0)
すみません、ちょっと長いです。

遅くなりましたが、千田稚子さんの個展、
17日で終了致しました。

暑い中お越しくださった皆さま、
こちらをご覧くださった皆さま、
本当にありがとうございました!

私も千田さんも予想していた以上の
多くの方にご覧いただけて有難く
感謝しております。

c0155980_00491142.jpg

c0155980_00491493.jpg


写真は、今回の玄関テーブルです。
大きな素晴らしいリースはなんと
千田さんの相棒•陶芸家三宅史家さんの作。
すごい!
17年、「ゆうらぼ」として共に支え合い
ながら歩んでこられた方です。

今年の11月21日から、今度はお二人の
展示会「ゆうらぼ展」が倉敷の
「クラフト幹」さんで開催されます。
三宅さんのうつわも素敵ですよ!
耐熱の作品も並びますので、その時は
また楽しみにお出かけください。

「幸せの鍵」と題した展示会でしたが、
お迎えくださったそれぞれの方のところで、
千田さんのうつわがその幸せな記憶の鍵に
なっていかれるといいなあと思います。

千田さんには今回文章をお願いしました。
読ませてもらった時ジンとして涙が滲んだ
文章です。
こちらに引っ張られて完成した展示会でした。

「昔、食器棚の一番上にあった脚のついた
クリスタルの皿は、お客さんが来た日に
デザートを出す為のもので、子ども心に
憧れの器でした。

たまに母がプリンを焼いたり、お土産に
カステラをもらった日には、苺やバナナも
綺麗にカットされてその皿の上に盛られ、
アイスクリームまで添えられて出される事が
あり、そんな日は家族皆がなにやらにこにこ
と嬉しそうにしていました。

器は、記憶が入るいれものでもあると思ったのは、
大人になってその皿を見た時。

誰の中にも料理と器の記憶があるのだろうと
思いながら器を作っています。

私が作る器にもいつか、誰かの幸せな記憶が
添えられる事を願いながら。」



美味しい、と感じるのは、幸せな時だから。

うつわは、幸せな記憶の扉を開く鍵の
ようなものかもしれません。

本当にありがとうございました。





[PR]
# by yukuri-2006 | 2017-07-19 00:47 | *展示会案内 | Trackback | Comments(0)

岡山市北区撫川173-1


by yukuri-2006
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30