山本美文さんの工房訪問

あるご相談があって、山本美文さんの工房に伺った際の訪問記です。


工房は岡山市のとあるところ。

ご自宅近くの小屋を改装されています。
こちらは大きな家具などを作られている工房。
c0155980_2244224.jpg

お邪魔したのは、その隣のこちらの工房です。
鶏小屋だったのを、ご自身で改装されたそう。
c0155980_23104321.jpg



山本さんの工房を訪れるたび感動するのが、季刊誌「住む。」の表紙になったこともある、
その佇まい。


道具も、作りかけの作品も、お掃除道具すらもそれぞれが美しく、無駄がなく、
山本さんの目を通して選ばれたもの達なのだとわかります。
c0155980_22452134.jpgc0155980_2244187.jpg

c0155980_227565.jpg

c0155980_2293760.jpg


この当時、展示会が近いとのこと、きれいに並べられたカトラリー。
c0155980_22102142.jpg


普段カトラリーを制作されるための机。もちろん、山本さん自作です。
c0155980_2214843.jpg


子供用の可愛い椅子が置いてありました。
c0155980_221327.jpg



また、この時にはお昼をご馳走になりました(*^^*)。

山本さんの奥さまはお料理の達人。
特に天然酵母のパンは絶品です。
c0155980_22154864.jpg

パンの中に、自分でいろいろ詰めたり乗せたり。。。
一番左に写っているのはズッキーニのフライ。ズッキーニって、
こういう調理法もあるのですね。
c0155980_22185242.jpg

木工作家さんなので当然なのかもしれませんが、
こんなに木の器で食事をすることってなかなかないですよね。
我が家でも陶器がやはり多いですから。。
「ちょっと傷が付いていたりするものは自宅で使うんです」とのこと。

いいですね、木の器(^^)
本当に美味しくて、目にも美しく心が豊かになる食卓でした。



「作家だからといっても、全然特別のことではないと思っているんです。
 毎日、朝決まった時間に起きて、仕事に掛かる。
 それがたまたま木工ということで。サラリーマンと一緒ですよ。」



食事の後には、そうお話頂きながらコーヒーを入れてくださいました。

こうして「100回挽いて」ご家族のコーヒーを入れるのが、
山本さんの朝の日課だそう。
c0155980_22354073.jpg




山本さんは、かつて長野県でスキーのインストラクターをされていたそうです。
雪のない夏の時期の仕事、と思われて入ったのが、長野で盛んな木工の世界。
すっかり魅力に取りつかれ、ついに本業になったとのこと。



カトラリーの使い心地のことを前回書かせていただきましたが、
こういう暮らしの中から、あの微妙なラインや形、口に入れた時の
快さが滲んで生まれているのだと実感します。

普段の暮らしって、忙しいとつい慌ただしい感じにもなってしまうのですが
こうした道具や器が、その心を静かに引き戻してくれるように思います。



***ranking***
[PR]
トラックバックURL : http://hibiyukuri.exblog.jp/tb/13680061
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by yukuri-2006 | 2010-02-07 22:52 | *工房訪問 | Trackback | Comments(0)

岡山市北区撫川173-1


by yukuri-2006
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31