フランス 土と炎の便り 二人展

c0155980_06430390.jpg

先日のフランスの陶芸家お二人の展示会です。

2015.11.28(土) ー 11.29(日)
11:00-17:00

フランス 土と炎の便り
~シャトネ村の窯から~

トリスタン・シャンブーエロー  
ボリス・カッペ 二人展


フランスの中西部の小さな村・シャトネに穴窯を築き、 土を焼き、森の中に暮らすトリスタン。

そこから車で一時間ほど、磁器土の産地であり、焼き物の街・リモージュで作陶するボリス。
華やかな陶磁器が主流のフランスにおいて釉薬を掛けず焼かれた「焼締め」が器として使われることは珍しいといいます。

それでもなお土と炎に向かい続ける純粋な思いに惹かれ、この度の展示会を企画させていただきました。
先日、トリスタンの穴窯から窯出ししたばかりの ぐい呑み、碗、花器、オブジェなどの二人の作品が並びます。
c0155980_07120278.jpg

ありがとうございます、満席となりました、
ご検討くださっていたら大変申し訳ありません。

<二人の酒器で日本酒を愉しむ会>
日時: 2015.11.28(土) 19:00~
参加費:3000円

28日の夜、二人の日本初展示会を記念して「日本酒を愉しむ会」を開催致します。
酒器はもちろん二人のもの。
日本酒も彼らが見繕ってくれます。
お料理はゆくりスタッフが、トリスタンのパートナー・レアと一緒に日本酒に合うフランスの家庭料理を交えてご用意します。

フランスの土と炎から生まれた杯を手に、楽しいひと時を過ごしてみませんか?
お酒の飲めない方も大歓迎です。
ご参加お待ちしております。

ご予約は
yukuri2006@icloud.com
まで
①お名前 お電話番号
②参加人数
をお書き添えの上お申し込みください。
(満席になった場合は大変申し訳ございませんがご了承ください)

*持ち込みも歓迎です。
*お酒を飲まれる方のお車での
 お越しはご遠慮ください。
 庭瀬駅まで送迎致します。

c0155980_07215743.jpg










毎週マルシェでスープや
ジュースを提供するレア。
お料理上手の女性です。


[PR]
トラックバックURL : http://hibiyukuri.exblog.jp/tb/24987041
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by yukuri-2006 | 2015-11-26 07:25 | *展示会案内 | Trackback | Comments(0)

岡山市北区撫川173-1


by yukuri-2006
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30