寺園証太(陶)×ムサシ(写真)二人展 ― つくる家族 の 暮らしとしごと ―

寺園さんの作品を初めて拝見したのは、
「フィールドオブクラフト倉敷」に
出展されていた時ではないかと記憶しています。

お名前はその前からお聞きしていたのですが、
初窯といわれるその作品群に目が釘付けに
なりました。
焼きもとてもよかったのですが、
すでに世界を持たれていて
衝撃を受けた思い出があります。

今回、こうして地元での初個展を
させていただくのはとても嬉しく
思います。

「寺園証太さんらしい展示会」
をしたい。
作品だけでなく、背景も含めて。

そう思いながらも魅せるものが多くて
どのように展開しようか悩んでいたの
ですが、DM写真を撮影して頂くために
寺園さんからご紹介されたムサシさんに
お会いしその作品と人柄に触れて、その場で
写真展として参加していただくことを
ご依頼。
一気に決まっていきました。

ゆくりにとって写真展も初めてですが、
個展から切り替えて同じ作家が関わる
展示会も初めて。
その他いろいろな企画も初めての、
初めて尽くしの二部構成の展示会です。





寺園証太(陶)×ムサシ(写真) 二人展
― つくる家族 の 暮らしとしごと ―
2016.7.6(水)― 7.18(月・祝)

11:00 - 18:00
展休日 7/12(火)

c0155980_00055160.jpg


備前の地で焼く土と炎に魅せられ

窯をつくり

家をつくり 

焼物をつくって

家族4人と犬猫4匹の暮らし。



惹かれてならない幸せの形がここにあります。


世界を巡り、旅先の人々に温かな眼差しを

向けてきた写真家のムサシさんが切り取った

寺園家の暮らしとしごとのワンシーンを、

窯から出したばかりの備前とともにご覧ください。



< 寺園証太さん プロフィール >
IMG_5996.jpg
1972年 福岡県生まれ。
1982年 家族で一年間ドイツのデュッセルドルフに滞在。
1991年 岡山県西須恵にて大友 久氏の登り窯の窯焚きを体験。
以降毎年、大友家を訪れる。
1995年 日本大学芸術学部写真学科 卒業
1997年 愛車ワーゲンで相方とともに本州・北海道を一周の釣りの旅にでる。
1998年 九州産業大学大学院芸術研究科 卒業。
同 年 岡山県伊部に移住。
     伊勢崎 競氏のもとで備前焼の基礎を学ぶ。
1999年 伊勢崎 満、卓 両氏のもとで修行。
2007年 岡山県瀬戸内市牛窓の地に独立。登り窯を自作する。
2011年 初窯、初個展。



< ムサシさん プロフィール >
musasisan.jpg
30歳を節目にカメラ片手に旅へ飛び出す。
オーストラリア、北、中アメリカ、カリブの島々、
ヨーロッパにロシア、そして日本を巡り、
旅先で出会う仲間達との生活を写真に
撮りながらの旅も今年で9年目。
言葉も国境も越えてつながる輪を
写真と映像に乗せて少しずつ
発表しています。


この展示会にあたり、ムサシさんに
お会いできたことも感謝しています。
一言で表現するのは難しいですが、
自由な、そしてとても「愛すべき人」。
今月もアフリカへ旅立たれますが、
また面白い話をおお聞きするのが楽しみです。
期間中、7/9、7/17は在廊されます。


*会期中、寺園さんのご友人、ポーランド人
画家のラデックさん制作のムービーを上映
します。そちらもどうぞお楽しみになさってください。


寺園家にご縁の深い素敵な人々。
いろんな形で関わっていただきました。
こちらも是非。
「つくる家族 の 暮らしとしごと」企画

<DM>
*ご希望の方がおられましたらお届けします。
こちらからご連絡ください。
お問い合わせ


c0155980_06163990.jpg


c0155980_06164185.jpg




[PR]
トラックバックURL : http://hibiyukuri.exblog.jp/tb/25685930
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by yukuri-2006 | 2016-06-08 00:08 | *展示会案内 | Trackback | Comments(0)

岡山市北区撫川173-1


by yukuri-2006
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31