作品ご紹介 ー田鶴濱守人優香 陶二人展③

c0155980_13125190.jpg

優香さんの練り込みの片口と、
ぐい呑小鉢。

打ちっぱなしの壁にも似合うような
モダンな印象です。

優香さんから頂いた、お客様への言葉です。
__________

練込みの器を、主につくります

ただ、ただ、土を積んでいきます

積んだら、潰します

ただ、ただ、潰していきます

本当は、潰していった先に

練込みが消えてしまうほどになれば

いいのに...と思う自分がいます。
___________

布と地層の好きな優香さん。
建築から陶芸の道に転身された方です。

優香さんの作陶は、機織りのように、
糸を重ねるように、土を重ねます。
まるで土を織るように。



[PR]
トラックバックURL : http://hibiyukuri.exblog.jp/tb/27494502
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by yukuri-2006 | 2017-09-15 13:10 | Trackback | Comments(0)

岡山市北区撫川173-1


by yukuri-2006
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31