2017年 12月 10日 ( 2 )

和紙貼りシリーズ

2年前の展示会でも和紙貼の折敷を
作ってくださって評判でしたが、
さらに進化されています。

大きさや形もいろいろな
和紙貼りシリーズ。
c0155980_19414591.jpg

c0155980_19414642.jpg

c0155980_19414931.jpg


特殊な合板を使用することにより
反らず、そして漆ですから器としても
使えます。

年を跨いで1ヶ月に渡る展示会です。
いろんな作品をご紹介していきます!


[PR]
by yukuri-2006 | 2017-12-10 19:39 | Trackback | Comments(0)
【受け継ぐうつわ 蝶野秀紀
木と漆のうつわ展】

2017.12.16(土)-12.29(日)
2018.1.6(土)-1.21(日)
11:00-17:00
展休日 月曜日及び12/30-1/5

気付けば年の瀬お正月ももうすぐそこ。
12/16土曜日より、年末年始を挟んでの
蝶野秀紀さんの個展が始まります。

2年前の「はじめてのうるし」展から、
2度目の展示会となります。

特別な日だけでなく、日常でこそ
使って頂きたい蝶野さんの漆のうつわ。

我が家で使う漆の椀ももう8年を迎えます
が、1日に2度3度と使うので食器棚に
仕舞う暇がないくらいです。

こちらの写真は今回のDMの表紙、
美しい欅のお重。
c0155980_19192435.jpg


こちらも「1年に1度」でなく、
日々の暮らしにお役に立てたらと
願って作られたものです。

「漆は手入れが大変そう」
「日常にはもったいなくて」

というお声を頂くことがありますが、
お手入れは洗って拭くだけ。
使い続けることで程よい湿気が保たれ、
むしろ長持ち。
食器棚に大事に仕舞い込まないほうが
むしろ良いのです。

一度お使い頂けると、これほど扱い
やすい器もそうないとお分かり頂ける
ことと思います。

そして、もし傷がついても欠けても
漆が剥げても、蝶野さんが無償で
直してくださいます。
(送料だけご負担頂きます)
子から孫の代までも、ずっと受け継いで
使って頂けることと思います。

迎えて本当に良かった!と、
「必ず喜んで頂ける自信あり」
のうつわです。

お正月、ハレの日にももちろん、
どうぞご覧頂きたく思います。



[PR]
by yukuri-2006 | 2017-12-10 19:17 | Trackback | Comments(0)

岡山市北区撫川173-1


by yukuri-2006
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31