カテゴリ:*作品紹介( 86 )

お知らせ

めっきり寒くなってまいりました。
明日24日は営業日(11時-16時)です。

谷井直人さんの作品、遅くなってすみません。
こちらは谷井さんのギャラリーの一角。
c0155980_00103396.jpg
こちらは頂いた作品の一部です。
c0155980_00114460.jpg
谷井さんの作品、貫入(かんにゅう)がとても好きで、特に細かく入った粉引の「オールド」に惹かれます。
銀彩も美しく、ここから少しずつ硫化し渋みを帯びて変化していきますが、育った後のものもまた良いのです。
一つ一つについてはまたご紹介していきますね。

2月からは、また木金日が営業日となります。
谷井さんの特集は2月いっぱいさせて頂きます。(終了後も常設はあります)




[PR]
by yukuri-2006 | 2016-01-23 23:27 | *作品紹介 | Trackback | Comments(0)

昨日はアップできずすみません。
明日は展示会最後になりますが、できる限りご紹介していきます。
大きさやお値段はまた追記しますね。
(もし気になる作品がありましたら、お取り置きや制作依頼もできますのでお申し付けください。
yukuri2006@icloud.com)

c0155980_01301035.jpg

c0155980_01292164.jpg

c0155980_01292450.jpg

c0155980_01294539.jpg

c0155980_01303573.jpg

c0155980_01312473.jpg

c0155980_01323798.jpg



c0155980_01320501.jpg
c0155980_01215426.jpg
c0155980_01265137.jpg
上のお皿は、こんな使い方も。
c0155980_01291328.jpg
c0155980_01461169.jpgc0155980_01451423.jpg
c0155980_01295566.jpg
c0155980_01525841.jpg
c0155980_01560509.jpg
c0155980_01553493.jpg
c0155980_01595307.jpg
c0155980_01593481.jpg
c0155980_02004855.jpg
c0155980_02001815.jpg

c0155980_02023197.jpg
c0155980_02003640.jpg

まだできる限りご紹介します。



**********************************
お知らせ
**********************************
一日限定
「ひだまりのクリスマス」展

- 山本美文さんの木のカトラリー -
2015.12.23(水) 
11:00~17:00

ゆくりの縁側に、木工作家・山本美文さんから届く
新作のバターナイフや定番のスプーン&フォークが並びます。
c0155980_20515541.jpg

**
* 同時開催イベント
「クリスマスのケーキスティック」
***
c0155980_20535950.jpg

(クリスマスの前日に寄せて企画するワークショップ)

参加費 5000円(ケーキ・コーヒー付)
時間 13:00-16:00

ワークショップお申し込み先:

yukuri2006@icloud.com

050-5586-6675

オリジナルのケーキスティックを削って、
今年のクリスマスケーキを召し上がってみませんか?
手を動かした後は、一足早いケーキでクリスマスの予行演習でも
(まずは、出来たてほやほやのケーキスティックの使い勝手を試しておきましょう)
c0155980_20554033.jpg<


ケーキ用の皿は、ホワイトクリスマスを連想させる

山本さんの白漆の作品をお借りしておきますね。
ご参加お待ちしております。


********************************

急ではありますが、楽しいこと間違いなしです。
ぜひ♪
   






[PR]
by yukuri-2006 | 2015-12-20 00:58 | *作品紹介 | Trackback | Comments(0)
「はじめてのうるし」と題した展示会ですが、漆は小さなお子様にもお薦めしたいものなのです。
「栃子供椀」
(直径10cm~ 7,560円)
c0155980_23043753.jpg

少しずつ大きさの違うものをお持ちくださいましたが、お子さんが使われるとこんな感じです♪
c0155980_01484875.jpg

丈夫で抗菌性も高く、成長されてからも小鉢としてずっとお使いいただけます。
プレゼント梱包(400円)もできますので、どうぞご利用ください(^^⋆)
c0155980_23223520.jpg


栃椀 直径11.5cm~ 高さ7cm~
8640円
c0155980_23251512.jpg

お米の白さが映え、美味しく感じられそう。
黒は高級感も一段とありますね。
c0155980_01501331.jpg

「器が軽いと有難く思える」とご年配の方からよくお聞きするのですが、必ず手に持つ飯椀ですから特にそうかもしれません。
こちらは高台部分も滑りにくく、しっかり手に馴染むので飯茶椀としてもお薦めです。

欅カレー皿
直径24cm 12,960円
c0155980_23460554.jpg

c0155980_23464250.jpg

欅(けやき)は硬くて丈夫な木です。施された細かい筋目が下に見える木目と相まって美しい皿です。
漆にカレー!と驚かれる方も多いですが、脂分も大丈夫。
8寸ありますから、ワンプレートのランチや盛皿としても重宝します。

4日経ちましたが、展示会もまだまだ序盤。
たくさん持って来てくださいましたので多くの中から選んで頂けます。
お買い上げのご予定が今回はない方にも、是非作品をご覧頂けたら嬉しく思います。


*************************************
はじめてのうるし 展 -蝶野秀紀 木と漆のうつわ-

2015.12.10日(木)-12.20(日)
11:00-17:00
*15日火曜は展休日です
もしお仕事のご都合などで17時以降になる場合は、どうぞお申し付けください。
050-5586-6675
基本的に7時以降もずっと在宅しておりますのでご遠慮なく(^^⋆)



[PR]
by yukuri-2006 | 2015-12-13 22:28 | *作品紹介 | Trackback | Comments(0)

今日は途中曇り空になりましたが、比較的暖かい一日でしたね(^^⋆)

今日の作品紹介は重箱です。
少し小さめに作られたこのお重、素敵です!
細かくつけられた筋目が美しく、シンプルながら存在感があります。
(欅二段丸重 外寸17.5cm 高さ11.5cm 34,560円)
二人分のお重としてちょうどいい大きさ。
c0155980_23164220.jpg
c0155980_01252249.jpg

c0155980_01252424.jpg

白漆のお湯呑も新しく届きました!
作品名は「小鉢」とされていますが、高台に程よい重さがあり持っていて気持ちがいいです。
お茶の色も綺麗に映えます。
(ミズメ白漆加飾小鉢 直径8.8cm 高さ6cm 7,560円)
c0155980_01292743.jpg
今回の展示会では、お越しくださった方に「下山さんちのお茶」をサービスさせて頂いています。
熱いお茶であってもお湯呑自体は人肌程度で持て、冷めにくい。

また、籠もよさんから、いつもと違うお菓子もご用意させていただいております。

・はれるの(抹茶)
 生地とあんの両方にミルクとバターをたっぷり練りこんだ濃厚な味わい。しっとりなめらかな口溶、抹茶の ほどよい渋みと風味が味わえます。
・吉備しぐれ
 お口の中でほろりと崩れるしぐれ餡に刻み栗が散りばめられています 。
・吉備の森
 抹茶と小豆の2層のしっとりとしたカステラ生地に、甘く煮込んだ黒豆が入っています。

お茶とご一緒にどうぞ(^^⋆)
蝶野さんの漆で愉しむお茶席も格別です♪
c0155980_23562283.jpg

*************************************


はじめてのうるし 展 -蝶野秀紀 木と漆のうつわ-
2015.12.10日(木)-12.20(日)
11:00-17:00
*15日火曜は展休日です

もしお仕事のご都合などで17時以降になる場合は、どうぞお申し付けください。
050-5586-6675
基本的に7時以降もずっと在宅しておりますのでご遠慮なく(^^⋆)








[PR]
by yukuri-2006 | 2015-12-12 22:11 | *作品紹介 | Trackback | Comments(0)

昨夜は雨風が強かったですね。
起きてみたら前庭には紅葉、中庭には山茶花がたくさん落ちていました。

本日は蝶野さん個展2日目。
会期中、いろいろなうつわをご紹介していきたいと思います。

漆を日常で使い始めたのは、蝶野さんのこの椀がきっかけでした。
c0155980_00045503.jpg
右が6年近くになる、私物の茶漆の椀です。(6480円)
左が新品。
展示会では実物もご覧いただいていますが、毎日2,3度使っていてもほとんど変わっていないことに皆様びっくりなさいます。
しかも、ずっと丁寧に丁寧に…ではなく、水に2日ほど浸けてみたり、洗って拭かずに放置してみたり、熱湯を入れてみたり…いろいろ実験しております(^^;)
そして何度落としたことか…(汗)

「漆はお手入れが大変そう」
「値が張るものだし、普段は...」

というお声を頂くこともございますが、一度お使いいただけると、これほど扱いやすいものもそうなく、また年を重ねるごとにとてもお得なお買い物だったと実感して頂けると、実際自分で使ってみて自信を持ってお薦めさせて頂いております。
(*年数を経て剥げてきたり欠けた場合、なんと無償で修繕してくださるのでさらに安心してお使いいただけます)
一番のお手入れは毎日使うこと、仕舞いこむとかえってカビの原因になるそうです。

この形、美しいだけでなく、指が引っ掛かりやすく滑りにくいため、安定して持ち上げられるのが特長です。
c0155980_00273922.jpg
今回はこの茶漆の他に、黒漆とベンガラ(ともに7560円)、合わせて3種をお持ちいただきました。

さて、次は昨日お話した折敷、和紙貼りトレーのことを。
日の光の中で撮影しても元のものに近くするのは難しかったため、実際に見たものと近くなるように加工してあります。
和紙の繊維が繊細な光と影を演出する作品です。
このような雰囲気のある折敷はなかなか見ないのですが、本当に品よく美しい!
お薦めしていると自分がほしくなってきて困ります(笑)

特殊な合板を使うことにより軽く歪まず、お値段も抑えることが可能だったそうです。

まずは黒のタイプ。
大きさ違いのものを3つ重ねています。
上2つのものは皿としてもお使いいただけます。
上から
和紙貼トレー(小)10.5×15(cm)4860円
和紙貼トレー(中)20×30(cm)7560円
和紙貼ランチョンマット 30×40(cm) 12960円 
*和紙貼ランチョンマットは、あえて塗りの回数を少なくしていますが、ご希望によって皿としても使えるように重ねて漆を塗っていただくことも可能です。
c0155980_23560720.jpg

濃茶のものです。
和紙貼ランチョンマット 30×40(cm) 12960円 
c0155980_23560281.jpg
ランチョンマットとしてはもちろん、お盆のように使ったり花器にお花を活けて置いても素敵ですね(^^⋆)
展示会中にやってみます♪


まだまだ続きます。


*************************************


はじめてのうるし 展 -蝶野秀紀 木と漆のうつわ-
2015.12.10日(木)-12.20(日)
11:00-17:00
*15日火曜は展休日です

もしお仕事のご都合などで17時以降になる場合は、どうぞお申し付けください。
050-5586-6675
基本的に7時以降もずっと在宅しておりますのでご遠慮なく(^^⋆)






[PR]
by yukuri-2006 | 2015-12-12 01:01 | *作品紹介 | Trackback | Comments(0)
フラワースタイリスト・大澤英美さんから、先日の展示会での「山の花」を中心に撮影されたお写真をお借りしました。
暑い中、山に入って採ってきてくださった草花達です。
改めて、丁寧なお仕事に感謝しております。

初日のお花も本当に素敵でしたが、山の花達も素朴で美しいものですね…
その場で咲く姿そのものも美しい自然の一部ですが、こうして切り取って初めて感じられることがあると思いました。
また、鳥山さんのストイックなガラスの美しさともよく似合う草花を入れてくださいました。
c0155980_00580642.jpg

c0155980_00582670.jpg

c0155980_00583982.jpg

c0155980_00590287.jpg

c0155980_00591681.jpg

c0155980_00594855.jpg

c0155980_01001141.jpg

c0155980_01002987.jpg

c0155980_01005764.jpg

c0155980_00573121.jpg
本当にありがとうございました!

大澤英美さん
ブログ「note」 http://hidemiosawa.blog.fc2.com
facebook page https://www.facebook.com/atelierlanotemuette




*******************************************

*ゆくりへのご案内はこちらへ*
営業日 木金日曜日11:00-16:00


*イベントのお知らせです*

・8/4(火) 10:00~13:00
 夏休み特別企画「アートをもっと楽しもう!」
「Draw &Paint」~透明物にイメージを描く~
なかなか体験できないアートイベントになると思います。
お子さんはもちろん、大人の方にも是非お薦めです。
詳しくはこちらへ。
http://hibiyukuri.exblog.jp/24425119/






[PR]
by yukuri-2006 | 2015-07-22 01:26 | *作品紹介 | Trackback | Comments(0)
大澤さんから、初日のお花を中心とした写真をお借りしました。

展示会2日前に器の下見にお越しになり、姫路の花市場にまで、作品の雰囲気に合わせたお花を選びに行ってくださいました。

初日のみのお話だったのですが、イベント翌日のお花のメンテナンスを始め
「お花が最後まであった方がお客様も喜ばれるでしょうから」
と、最終土曜日には山までお花や草木を摘みに行ってくださって、会場を彩ってくださいました。

プロ意識とお心遣いに感動し、自分もこのような心ある仕事をしたいと思わずにいられませんでした。
c0155980_23104491.jpg

c0155980_23124147.jpg

c0155980_23120499.jpg

c0155980_23131368.jpg

c0155980_23133197.jpg

c0155980_23135387.jpg

c0155980_23142598.jpg

c0155980_23144904.jpg

c0155980_23152341.jpg

c0155980_23160146.jpg

c0155980_23163059.jpg

c0155980_23165880.jpg

c0155980_23172643.jpg

c0155980_23180190.jpg

c0155980_23182185.jpg

c0155980_23184780.jpg

c0155980_23190827.jpg

機会あれば、是非またご一緒したいと思います。

(山の花の展示のお写真、またお借りしますね)


大澤さんのブログ
http://hidemiosawa.blog.fc2.com/
[PR]
by yukuri-2006 | 2015-07-13 23:40 | *作品紹介 | Trackback | Comments(0)
c0155980_20184790.jpg

今回の作品の中に
「if 100 years ago」と題された作品があります。

作品の底には造られた日の日付が彫られています。
光が入ると反射して、きらめくような輝きが美しい作品です。

(photo 大澤さん)
c0155980_649824.jpg


「100年前にこんなガラスがあったなら今どうなっていただろう
100年後このガラスを見つけた時どんな思いを受けるだろうか
時を超えていくモノ」

想像するとわくわくするような気持ちになります。
c0155980_20521090.jpg


[PR]
by yukuri-2006 | 2015-07-10 20:55 | *作品紹介 | Trackback | Comments(0)
c0155980_23481693.jpg



*c0155980_23554439.jpg

*c0155980_00001668.jpg

*c0155980_00004150.jpg

(申し訳ありません、*印のものは完売しております。
可能であれば会期中に補充していただく予定です)

c0155980_00010139.jpg

c0155980_00011975.jpg

c0155980_00022205.jpg

c0155980_00043411.jpg

c0155980_00054514.jpg

c0155980_00061558.jpg

c0155980_00064303.jpg

c0155980_00073064.jpg

c0155980_00075377.jpg

c0155980_00135022.jpg

こちらの写真、マドラーの右側は以前のものです。
今回はさらに洗練されています。
c0155980_00171263.jpg
c0155980_01091470.jpg


まだ続きます。
(大澤さんからお借りした写真もありますので、そちらもまたアップさせていただきます。)



[PR]
by yukuri-2006 | 2015-07-06 22:31 | *作品紹介 | Trackback | Comments(0)

島さんの白い耐火鉢

先日は3日もお休みしてしまい、すみません。
もしお越しになった方おられたらとても申し訳ないです(><)
なるべくこのようなことがないようにと思っておりますが、よろしかったら一度お電話くださったら有り難く思います。
お手数をお掛けします。
050-5586-6675

ところで。
島るり子さんから、新しい器が届きました。
白い耐火鉢です。
(径27cm 深7cm 29,160円)
c0155980_13255757.jpg

c0155980_13384726.jpg

展示会でも白いのはあまりお出しになっていないそうです。
白いものは火に掛けるとどうしても貫入部分が色が付いてくるのですが、以前展示会でご自宅で使われているものをお持ちになっているのを見ると、貫入好きにはたまらない魅力的な雰囲気でした。
貫入、拡大するとこのような感じです。
c0155980_13433642.jpg

黒いのもお願いしていますので、また楽しみにお待ちください。
島さんの耐火鉢はカンカンに熱したところに水を掛けても金タワシでゴシゴシしても大丈夫!という優れものです。
鉄鍋のように使って頂いて、そのまま食卓に。
サラダボールのように普通に器としてお使いいただいても素敵です。

それから、とても可愛い粉引の花弁小皿も一緒に届いていますよ。
(約10cm 2700円)
c0155980_13450666.jpg


*ゆくりへのご案内はこちらへ*
営業日 木金日曜日11:00-16:00
tel 050-5586-6675













[PR]
by yukuri-2006 | 2015-06-11 13:56 | *作品紹介 | Trackback | Comments(0)

岡山市北区撫川173-1


by yukuri-2006
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31