「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:*展示会案内( 82 )

松村英治さん個展

ご挨拶が遅くなりました。
鳥山さんの個展、多くの方にお越しいただいて
ありがとうございました!
常設でもまたご覧いただけます。


次回は松村英治さん個展、今週末より
始まります。


2016.9.24(土)-10.2(日)

 「秋を彩る」
松村英治 陶展 
11:00 - 18:00
会期中無休
c0155980_04175998.jpg


c0155980_04221171.jpg


焼締めを始め、これからの季節に似合う器が届きます。
秋刀魚にぴったりの長皿も。
c0155980_04241449.jpg


c0155980_04252248.jpg

c0155980_04261063.jpg

c0155980_04333200.jpg

c0155980_04334922.jpg

c0155980_04340652.jpg

c0155980_04342774.jpg


他にも多数届く予定です。
またご紹介します!



[PR]
by yukuri-2006 | 2016-09-21 05:29 | *展示会案内 | Trackback | Comments(0)

寺園さんの作品を初めて拝見したのは、
「フィールドオブクラフト倉敷」に
出展されていた時ではないかと記憶しています。

お名前はその前からお聞きしていたのですが、
初窯といわれるその作品群に目が釘付けに
なりました。
焼きもとてもよかったのですが、
すでに世界を持たれていて
衝撃を受けた思い出があります。

今回、こうして地元での初個展を
させていただくのはとても嬉しく
思います。

「寺園証太さんらしい展示会」
をしたい。
作品だけでなく、背景も含めて。

そう思いながらも魅せるものが多くて
どのように展開しようか悩んでいたの
ですが、DM写真を撮影して頂くために
寺園さんからご紹介されたムサシさんに
お会いしその作品と人柄に触れて、その場で
写真展として参加していただくことを
ご依頼。
一気に決まっていきました。

ゆくりにとって写真展も初めてですが、
個展から切り替えて同じ作家が関わる
展示会も初めて。
その他いろいろな企画も初めての、
初めて尽くしの二部構成の展示会です。





寺園証太(陶)×ムサシ(写真) 二人展
― つくる家族 の 暮らしとしごと ―
2016.7.6(水)― 7.18(月・祝)

11:00 - 18:00
展休日 7/12(火)

c0155980_00055160.jpg


備前の地で焼く土と炎に魅せられ

窯をつくり

家をつくり 

焼物をつくって

家族4人と犬猫4匹の暮らし。



惹かれてならない幸せの形がここにあります。


世界を巡り、旅先の人々に温かな眼差しを

向けてきた写真家のムサシさんが切り取った

寺園家の暮らしとしごとのワンシーンを、

窯から出したばかりの備前とともにご覧ください。



< 寺園証太さん プロフィール >
IMG_5996.jpg
1972年 福岡県生まれ。
1982年 家族で一年間ドイツのデュッセルドルフに滞在。
1991年 岡山県西須恵にて大友 久氏の登り窯の窯焚きを体験。
以降毎年、大友家を訪れる。
1995年 日本大学芸術学部写真学科 卒業
1997年 愛車ワーゲンで相方とともに本州・北海道を一周の釣りの旅にでる。
1998年 九州産業大学大学院芸術研究科 卒業。
同 年 岡山県伊部に移住。
     伊勢崎 競氏のもとで備前焼の基礎を学ぶ。
1999年 伊勢崎 満、卓 両氏のもとで修行。
2007年 岡山県瀬戸内市牛窓の地に独立。登り窯を自作する。
2011年 初窯、初個展。



< ムサシさん プロフィール >
musasisan.jpg
30歳を節目にカメラ片手に旅へ飛び出す。
オーストラリア、北、中アメリカ、カリブの島々、
ヨーロッパにロシア、そして日本を巡り、
旅先で出会う仲間達との生活を写真に
撮りながらの旅も今年で9年目。
言葉も国境も越えてつながる輪を
写真と映像に乗せて少しずつ
発表しています。


この展示会にあたり、ムサシさんに
お会いできたことも感謝しています。
一言で表現するのは難しいですが、
自由な、そしてとても「愛すべき人」。
今月もアフリカへ旅立たれますが、
また面白い話をおお聞きするのが楽しみです。
期間中、7/9、7/17は在廊されます。


*会期中、寺園さんのご友人、ポーランド人
画家のラデックさん制作のムービーを上映
します。そちらもどうぞお楽しみになさってください。


寺園家にご縁の深い素敵な人々。
いろんな形で関わっていただきました。
こちらも是非。
「つくる家族 の 暮らしとしごと」企画

<DM>
*ご希望の方がおられましたらお届けします。
こちらからご連絡ください。
お問い合わせ


c0155980_06163990.jpg


c0155980_06164185.jpg




[PR]
by yukuri-2006 | 2016-06-08 00:08 | *展示会案内 | Trackback | Comments(0)
早いもので、もう6月に突入しました。
日中暑くて朝夕少し冷える岡山です。

先日お伝えしていました寺園証太さん
展示会のご案内です。
今回の展示会、寺園さんとご縁の深い
方々との企画も盛りだくさんです。
どうぞ楽しみになさっていてください。

会期まで、改めてご紹介していきます。
(インスタ、フェイスブックページにも
それぞれ掲載していきます。)
*インスタグラム https://www.instagram.com/utsuwaya_yukuri/
*facebookページ https://www.facebook.com/yukuri2006/


*********************

「土の上に暮らす、幸せのかたち」
寺園証太 陶展

2016.6.25(土)-7.3(日)  
展休日   6/29(水)   
*当日、限定ワークショップ開催

c0155980_23005289.jpg



約千年の歴史を持つ、日本六古窯の一つ
「備前焼」。 釉薬を掛けずに土と炎で
焼き上げる「焼締め」です。

岡山県瀬戸内市は牛窓の地で作陶される
寺園さん、 展示会は地元での初の個展と
なります。

背景にある、家族と周りの方々との
深い繋がり。
うつわは作り手の「うつわ」、
人そのものが現れます。
寺園さんの備前の優しさは、
穏やかな牛窓の自然の中、
この暮らしから生まれるもの。

*
6/25から7/3までは「日常で使う備前」に
焦点を当てた個展を。
(期間中、特別企画があります。
詳しくはこちらへ)

7/6から7/18までは、寺園家とも親交の深い
広島の写真家・ムサシさんとの二人展を。
そちらでは、暮らしと制作の様子を収めた
写真と窯出ししたばかりの うつわが織りなす
空間をどうぞお愉しみください。
(こちらも特別企画があります。
詳しくは つくる家族 の 暮らしとしごと へ)

世界中を巡り、旅先での風景や人々の
暮らしに温かい眼差しを向けるムサシさんが
ファインダー越しに切り取る寺園家からは、
いっぱいの愛を感じて頂けることと思います。
寺園証太(陶)×ムサシ(写真) 二人展
今回のDMの写真も、ムサシさんにお願いして
撮影していただいたものです。

「寺園証太」という作り手。

その背景ごと伝えたい、
そんな想いから生まれた二つの展示会です。


<個展DMより>
*ご希望の方には発送させていただきます。
ご連絡ください。こちらから

c0155980_15181203.png

c0155980_15184834.png


c0155980_15274573.png








[PR]
by yukuri-2006 | 2016-06-02 15:04 | *展示会案内 | Trackback | Comments(0)
今日は4月16日から開催の、木工作家・加賀雅之さんの展示会のお知らせです。
「目と 手と 心が届く場所」
加賀雅之 木工展
2016.4.16(土)-2016.4.24(日)
11:00-17:00
展休日 4/19
(※木工ワークショップ企画開催)
c0155980_15153208.jpg


加賀さんと作品、展示会内容についての詳細はまた掲載させて頂きます。

展示会中企画はいくつかあるのですが、まずは先ほどご紹介した木工ワークショップについてお知らせします。

**********
ワークショップ
「onigiri皿を彫る」
c0155980_15153502.jpg

ご自分の手でonigiri 皿を作ってみませんか?
出来上がった作品にお茶と焼き菓子をのせてお召し上がり頂きます。

4/19(火)
第一部 12:00-14:00
第二部 15:00-17:00
参加費 3500円 お茶と焼き菓子付

ご予約は本日4/3 20:00より受付開始させて頂きます。
yukuri2006@icloud.com
まで
・お名前
・参加人数
・お電話番号
・ご希望の時間帯
件名に
「加賀さんワークショップ希望」
とお書き添えの上、お申し込みください。
(満席の場合は申し訳ございません。
何卒ご了承ください)

**********
お待ちしております。

追伸


ありがとうございます、満席となりました。

ご検討くださっていた方がおられましたら申し訳ありません。どうぞご了承ください。









[PR]
by yukuri-2006 | 2016-04-03 13:29 | *展示会案内 | Trackback | Comments(0)

金曜日は急なお休みで大変申し訳ありません。
21日日曜日、本日は営業しております。

3月の展示会のご案内です。 

- 創ること 生きること。
         その色と形。  -

中野由紀子 野村晃子 
 ガラスと陶の二人展 

2016.3.12.(土) -  2016.3.21(月・祝)
*展休日  3/16(水)
11:00 - 20:00 
(初日のみライブのため17:00まで)

表紙 .jpg


今回、いろんな企画もご用意しています。
****************************
3/12(土)
ライブ
中村好伸+岩本象一
acoustic guitar percussion
開場19:00 開演19:30~
参加費 3000円
(1ドリンク付 中野さん、野村さんの作品で提供致します)
ご予約先
yukuri2006@icloud.com
・お名前
・参加人数
・お電話番号
上記に「ライブ参加希望」とお書き添えの上、お申し込みください。
(満席になってしまった場合はお断りすることもございます。何卒ご了承ください)

*******************************
〈菓子工房ぽわん〉古市泰子さん
旬の野菜や果物・豆や木の実などを練り込んだ、季節限定のチーズケーキで大人気のぽわんさん。
期間中3/12-3/21は、お二人の作品をイメージした特別なチーズケーキを創ってくださいます。
(売切れになることもございます。ご了承ください)
****************************
〈nara〉小野順子さん
岡山市で活躍されている素敵な花屋「nara」主宰の小野順子さん。
中野由紀子さんとも親交のある小野さんが、展示会初日のお花を活けてくださいます。
お花が活けられた作品をご購入してくださった方には、お花もご一緒に
プレゼントさせていただきます。
作品とお花のコラボも、どうぞ楽しみにお越しください。
(数に限りがございます。ご了承ください)
*小野順子さんには、2/24(水)に
「暮らしの花を活ける」
のワークショップもお願いしています。
そちらもぜひ。

****************************
野村さん、中野さんのワークショップも計画しています。またご案内します。


お二人の作品や、企画に関わってくださるそれぞれの方について、詳しくはこれからご紹介していきますね。






[PR]
by yukuri-2006 | 2016-02-21 00:54 | *展示会案内 | Trackback | Comments(0)
昨日開催しました特別企画「日々の食事を漆で愉しむ」のご報告、そして蝶野さんの作品ご紹介、まだまだ続きます。

一つ、お知らせを。
小さな展示会が決まりました。

**********************************
一日限定
「ひだまりのクリスマス」展

- 山本美文さんの木のカトラリー -
2015.12.23(水) 
11:00~17:00

ゆくりの縁側に、木工作家・山本美文さんから届く
新作のバターナイフや定番のスプーン&フォークが並びます。
c0155980_20515541.jpg

**
* 同時開催イベント
「クリスマスのケーキスティック」
***
c0155980_20535950.jpg

(クリスマスの前日に寄せて企画するワークショップ)

参加費 5000円(ケーキ・コーヒー付)

 時間 13:00-16:00

ワークショップお申し込み先:

yukuri2006@icloud.com

050-5586-6675

オリジナルのケーキスティックを削って、
今年のクリスマスケーキを召し上がってみませんか?

手を動かした後は、一足早いケーキでクリスマスの予行演習でも
(まずは、出来たてほやほやのケーキスティックの使い勝手を試しておきましょう)
c0155980_20554033.jpg<


ケーキ用の皿は、ホワイトクリスマスを連想させる

山本さんの白漆の作品をお借りしておきますね。
ご参加お待ちしております。


********************************

急ではありますが、楽しいこと間違いなしです。
ぜひ♪
   




[PR]
by yukuri-2006 | 2015-12-16 21:05 | *展示会案内 | Trackback | Comments(0)
c0155980_06430390.jpg

先日のフランスの陶芸家お二人の展示会です。

2015.11.28(土) ー 11.29(日)
11:00-17:00

フランス 土と炎の便り
~シャトネ村の窯から~

トリスタン・シャンブーエロー  
ボリス・カッペ 二人展


フランスの中西部の小さな村・シャトネに穴窯を築き、 土を焼き、森の中に暮らすトリスタン。

そこから車で一時間ほど、磁器土の産地であり、焼き物の街・リモージュで作陶するボリス。
華やかな陶磁器が主流のフランスにおいて釉薬を掛けず焼かれた「焼締め」が器として使われることは珍しいといいます。

それでもなお土と炎に向かい続ける純粋な思いに惹かれ、この度の展示会を企画させていただきました。
先日、トリスタンの穴窯から窯出ししたばかりの ぐい呑み、碗、花器、オブジェなどの二人の作品が並びます。
c0155980_07120278.jpg

ありがとうございます、満席となりました、
ご検討くださっていたら大変申し訳ありません。

<二人の酒器で日本酒を愉しむ会>
日時: 2015.11.28(土) 19:00~
参加費:3000円

28日の夜、二人の日本初展示会を記念して「日本酒を愉しむ会」を開催致します。
酒器はもちろん二人のもの。
日本酒も彼らが見繕ってくれます。
お料理はゆくりスタッフが、トリスタンのパートナー・レアと一緒に日本酒に合うフランスの家庭料理を交えてご用意します。

フランスの土と炎から生まれた杯を手に、楽しいひと時を過ごしてみませんか?
お酒の飲めない方も大歓迎です。
ご参加お待ちしております。

ご予約は
yukuri2006@icloud.com
まで
①お名前 お電話番号
②参加人数
をお書き添えの上お申し込みください。
(満席になった場合は大変申し訳ございませんがご了承ください)

*持ち込みも歓迎です。
*お酒を飲まれる方のお車での
 お越しはご遠慮ください。
 庭瀬駅まで送迎致します。

c0155980_07215743.jpg










毎週マルシェでスープや
ジュースを提供するレア。
お料理上手の女性です。


[PR]
by yukuri-2006 | 2015-11-26 07:25 | *展示会案内 | Trackback | Comments(0)
今回素晴らしい展示と作品を見せてくださった鳥山さんですが
次は愛媛の「sotosu」さんで展示会だそうです。
c0155980_23305220.jpg

If 100years ago

 100年前にこんなガラスがあったなら今どうなっていただろう
 100年後このガラスを見つけた時どんな思いを受けるだろうか
        時を越えてゆくモノ
     
 2015年 7/25(土)~8/1(土)
  11:00-18:00
  作家在店日7/25.26.27

  sotosu    http://www.geocities.jp/sotosu7/top.html

この「If 100years ago」には、次のようなコンセプトがあります。

ガラス工房 壜壥のレシピ 2015.2.26のブログより抜粋
************************************

もし百年前だったらと想像し作品を製作する


1877年、政府の工部省に品川硝子製造所を設置し操業開始となる。
いくつもの製造所が現れ、時代に翻弄され、選択された結果が現状です。
「もし、その時間の何処かで現実と違ったら・・」というのが、このブランドのコンセプト。

If 100years ago とのサインと、それを制作した日付を記す。

新しい価値のあるものを見出します


ガラス工房 壜壥 鳥山高史
************************************

どうぞお出かけになってみてください。




*ゆくりへのご案内はこちらへ*
営業日 木金日曜日11:00-16:00









[PR]
by yukuri-2006 | 2015-07-14 23:38 | *展示会案内 | Trackback | Comments(0)
鳥山さんの個展、いよいよ始まりました!

初日土曜日と日曜日、多くの方にご覧いただけて感謝しております。
ありがとうございました。


拝見する度に凛と美しくなる鳥山さんの作品に見惚れ、そこに活けられるフラワースタイリスト・大澤英美さんのお花に見惚れ…
ため息の出る展示会になりました。

(写真はまたアップ致しますね)


お花は初日のみと書かせて頂いて
いましたが、涼しいので大丈夫そう。

できる限り活けた様子をご覧いただきたく思います。


初日は開店直後から多くのお客様がお見えになり、作品は少し少なくなりましたが、まだまだいろいろあります。

また会期中も制作してくださるとのこと。


どうぞ、楽しみにお越しください。

c0155980_11422916.jpg





*******************************
<ゆくりからのお知らせ>

2015.7.4(土)-7.12(日)
鳥山高史さんのガラスの個展にて、フラワースタイリスト大澤英美が活けられた作品をご購入の方には、お花をそのままプレゼントさせていただいています。(お花がある限りとなります)

ご覧いただけるだけでも嬉しいですので、お気軽にお立ち寄りください。


*ゆくりへのご案内はこちらへ*
ゆくりHP



[PR]
by yukuri-2006 | 2015-07-06 10:13 | *展示会案内 | Trackback | Comments(0)
また今日は早朝からものすごい雷雨で目が覚めましたが、暑くなってきた…と思えば、朝夕は肌寒さがあったり、
今年はよくわからない天候の岡山です。

今日は展示会のお知らせです。


― 懐かしい記憶 ―

鳥山高史 ガラス展

2015.7.4(土)-7.12(日)
11:00-17:00
展休日 7/7(火)

鳥山さん在廊日 7/4(土)

(7/2,7/3は展示準備のため臨時休業しております。

何卒ご了承ください)

c0155980_14141106.jpg
兵庫県丹波で「ガラス工房壜壥(たんてん)」を営む
鳥山高史さん。
ゆくりでは2年ぶり、今回で5回目になる個展です。

古い中国語で「瓶屋さん」を意味して付けられた屋号
「壜壥(たんてん)」は

「新しい物なのにどこか懐かしい」

鳥山さんのものつくりへの基本的な思いが込められています。
鳥山さんのブログhttp://tanten2908.blog118.fc2.com


今回は今までにない試みとして、鳥山さんの器を
「花器に見立てる」イベントを開催いたします。
*************************
7/4(土)11:00~

鳥山高史個展特別企画
「花器に見立てる」
フラワースタイリスト/大澤英美
c0155980_14293559.jpg
岡山・東京で活動される大澤さん。
鳥山さんの器を花器に見立てて活けていただきます。

とても素敵なお花を入れられる方で、器と花、
その場の空間など、本質を汲み取られる方です。
ブログ「note」 http://hidemiosawa.blog.fc2.com
facebook page https://www.facebook.com/atelierlanotemuette

活けた作品をご購入したくださった方には、
そのままお花もプレゼントさせていただきます。
(お花がご用意されているだけになりますが…)

鳥山さんのガラスとのコラボレーション、今からとても楽しみです。
是非楽しんでご覧いただきたく思います。

お二人のこと、これから展示会まで
また改めてご紹介していきたいと思います。





[PR]
by yukuri-2006 | 2015-06-21 15:20 | *展示会案内 | Trackback | Comments(0)

岡山市北区撫川173-1


by yukuri-2006
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28