<   2013年 06月 ( 29 )   > この月の画像一覧

ものづくり便り更新

「作家さんを訪ねて」、次は金属の稲垣大さん。
たくさんお話を伺って写真も撮らせていただいて、どこからどうお話しようか考えております。
素敵な工房だったです(*^_^*)!
もうちょっとお待ちくださいね。

今日はものづくり頼りの更新のお知らせを。
続々と情報がはいっておりますが、今回は岡山の921ギャラリーさんから。
沖縄の陶芸家、小泊良さんの個展です。
「ものづくり便り」
[PR]
by yukuri-2006 | 2013-06-28 20:41 | *展示会案内 | Trackback | Comments(0)
「作家さんを訪ねて」、今日は「まえかけ」の坂田真由美さんです。

素敵なまえかけで人気の坂田真由美さん。
倉敷のクラフトフェアでも毎年参加されているので、ご覧になった方もおられると思います。
私も一枚買わせて頂き、大事に大事にしています。
c0155980_23173190.jpg


しっかりした生地と縫製で、色合わせも素敵。足捌きもスムーズで、巻き方で表情が変わるので一枚でもいろいろ楽しめるんです。
そして、普通のエプロンとはまた違うシャッキリした気分になります。


お約束の日のほんの数日前まで大阪の展示会で多忙だった坂田さんですが、この日はお時間を割いてくださって、たくさんお話して頂きました。

どうして器を中心としたお店をしている私が、坂田さんに、まえかけをお願いしたいと思ったのか。これは、今後どのようなお店にして行こうと思っているのかと繋がっていくのですが…


16年も前から作り続けておられ、ラオスにまで布を探しに行かれ、10年は持つように丁寧に縫製を考えられる坂田さんのまえかけを作る理由は、
「喜んでくれる人がいるから」

おしゃれで素敵なまえかけですが、ただ素敵、というだけではないのです。

疲れていても、そのまえかけを掛ければ頑張れる。
キリッとその気持ちの入るスイッチのような存在。

坂田さんにとって、まえかけとはそんな「道具」であるということ。
そして、日々の家事が少しでも楽しいものになるように「玄関口のような」ものでもあったらと___
そんな風に、使う人への愛情がたくさん詰まったものなんですね。

私は、器も同じだと思うんですよね。
忙しかったり疲れていたりしても、お気に入りの器でお茶を飲めば、ご飯を食べれば、少しでも気持ちが整ってくる。
暮らしをより良いものにする「道具」の一つだと思うのです。

暮らし、主に台所に関わる「道具」として、坂田さんのまえかけも同じように気持ちを癒してくれると思います。
豊かな暮らしのために、美味しいものを作るために、その元気の元になる素敵なまえかけを、器と同じようにゆくりで見ていただけたら。
そんな気持ちでお願いをすることに致しました。

「着物にも似合いそうですよね」
とお話したところ、やはりご希望の方も多いそう。
ご自身も5年前からずっと和裁教室に通われていて、縫製にも技法が活かされています。
最近では男性の方のリクエストもあるそうです。


また、何度洗ってもほどけたりしないように、端は 三つ折に、ミシンもロックミシンではなくダブルステッチに、裾の角は額縁仕上げにして丈夫にキッチリと美しく。
毎日使うものなので丈夫なことはもちろん、機能性をまず一番に、その上でより美しいものを目指されています。


こちらは坂田さんのHP。
http://homepage3.nifty.com/yumizu/
まえかけのいろいろなデザイン。
http://homepage3.nifty.com/yumizu/shoptop.htm
まえかけのこと、いろいろ。
http://homepage3.nifty.com/yumizu/salesp.html
とてもサッパリチャキチャキとした明るい方です。お話が楽しかったこと…!
そして、とってもお料理上手!
ブログを読まれたら、きっとお分かりになると思います(*^_^*)
http://yumizu.cocolog-nifty.com/yumizu/


ゆくりもまた「これからいい器、いいものを使い始めてみたい」と思われる方にとっても玄関口のような存在であれたらと思います。
わからないことは一から何でも気兼ねなく聞いていただけるように、さらには、今までご興味がなかった方にも使ってみたいと思って頂けるようなお店になれたら。
なので見にきてくださるだけでも嬉しいですし、「お話しにきた」と言ってくださったりするのも本当に有難いです。
そして、こちらで選んでいただいた作品は10年経っても「やはり選んでよかった」と思っていただけることと思います。

いずれは、ここでお料理教室も出来たらと考えています。
(実はもう改装はほぼ8割出来ているのですが)
好きな器を選んで「使ってみることができる器屋」。
そして、その時も坂田さんのまえかけを使って頂けたらなあ…
お好きなのを選んで頂いたりして。ますます美味しいものができそう。
なんて、以前からの夢がますます広がってきました。


うん、頑張るぞ!
考える度に、気分はもうまえかけをした感じ。
やりたいことはたくさんあります。
しなければならないことも。
これからがゆくりのスタートのような…

今は日月曜日のみという我儘な営業時間にさせて頂いて申し訳ありません。いずれはもっと来ていただけるように、もっとよく見ていただけるようにと思っておりますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

坂田さんのまえかけ、秋頃に出来上がる予定だそうです。
その時にはまた更に詳しくお伝えすることが出来ると思います。
どうぞお楽しみになさっていてくださいね(*^_^*)



***************************
こちらもどうぞご覧ください。
岡山県内外の展示会情報です。
ものつくり便り
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

いつも読んでくださってありがとうございます。
***ranking***
[PR]
by yukuri-2006 | 2013-06-27 23:36 | *工房訪問 | Trackback | Comments(0)
こんばんは。

先日からお伝えしておりました作家さん訪問、お時間掛かりましたがようやく上がってまいりました。
まずは京都の陶芸家、井内素さんです。

c0155980_14349.jpg
昔ながらの風情ある町中に、そのお住い兼工房がありました。
昨年ご近所からお引っ越しされ、建築家の方やご友人と一緒に改装されたお住まいはとてもいい雰囲気の佇まい。
空気も気持ちよく感じます。
c0155980_143538.jpg


c0155980_143632.jpg


私が最初にお話ししたのがもう5年前にもなるでしょうか。
ずっとお仕事場に伺いたいと思いながら、お互い都合が合わず今回ようやく叶うことができました。

玄関に隣接した工房。
焼かれるのを待つ器達が棚に並んでいます。
c0155980_02597.jpg

c0155980_02938.jpg



井内さんの作品のまず特徴的なのは、全て手捻りであるということ。
かつては型を使ったり轆轤での制作もされたりしていたことがあるそうですが、一番しっくりきたのが紐を積み重ねていく「紐作り」という製法だったそうです。

c0155980_23472575.jpg

リズミカルな指跡の残る器はとても薄く美しく成形されていますが、井内さんが作品の中で一番神経を使われているのがそのカタチ。
そば猪口の大きさなら20分程で出来るそうですが、特に器の口辺に近くなるにつれて、神経を注いで仕上げにかかる必要があります。

もちろん器ですから使い勝手がいいというのは当然なんですが、その中で井内さんならではの形を追求し続けられています。

お話の中で弥生土器に惹かれるということをお聞きして、その無駄のない端正な形のルーツを垣間見たような気がしました。
私も弥生土器が大好きなのですが、井内さんの器に惹かれるのは当然だったのかもしれません。
そしてそのカタチは、シャープでいてどれも自然と手の中ですっぽりと収まるような、馴染みのいいもの。丸い人柄の井内さんに似ているような気もします。

c0155980_0272447.jpg

c0155980_23512289.jpg

一日に5つ作るのが限界だそうですが、ずっと右手を酷使しているために分厚くなってしまったそう。
井内さんの手のひら。
こうして見ても親指の付け根が左右違いますね…
c0155980_23523975.jpg

窯も見せていただきました。
お使いになっているのは電気窯。安定した雰囲気が出せるのが電気窯の良さ。
ガラスの向こうに見えるのが窯場です。
c0155980_23531670.jpg

電気窯を開けてみたところ。
c0155980_143746.jpg



焼締も焼いておられますが、これはサヤと呼ばれる角形(丸い場合もあります)の陶製の箱の中に炭を入れ、その中に作品を埋めて焼成します。
こちらがそのサヤ。
c0155980_23555695.jpg

花入はこのような焼締で作ることもよくあるそうですが、可憐な野の花を引き立てる色と形で、しばし活けられている様子を想像してしまいました。
c0155980_23563032.jpg



井内さん、元々はミュージシャンを志しておられたそう。
23歳の時に陶芸家のお父様が亡くなられたことを切っ掛けに、陶芸の道を考えることになったそうです。


紐作りでの制作を始めてから10年。
日々、一つ一つの器と丁寧に向き合いながらコツコツと作り続けておられます。
ゆくりに来られたら、是非手に取って楽しんで頂けると嬉しいです。



~~~~~~~~~~~~~~~~


いつも読んでくださってありがとうございます。
***ranking***
[PR]
by yukuri-2006 | 2013-06-26 23:28 | *工房訪問 | Trackback | Comments(0)
以前から、お世話になっている作家さんの展示会情報をなるべくご紹介できればと思っていたのですが、ここで書かせていただくと今後こちらとの展示会や作品紹介と混ざってしまうため、別ブログとして御案内板を立ち上げることにしました。

「ものづくり便り」
と名付けました。

ゆくりのことが中心ですので全部とはいきませんが、同時に、岡山での展示会のご案内をいただいた時には掲載させていただくことがあると思います。

こちらでもアップした時にはそのお知らせをさせていただこうと思います。


今現在は、先ほどご紹介した松本優作さんのご案内と、カフェZさんでの「ステンドグラス作家・尾崎雅子さん」の展示会のご案内をしております。
詳しくはカフェZさんのブログ


そちらの方も、またよろしくお願いいたします。
[PR]
by yukuri-2006 | 2013-06-26 00:58 | *お知らせ | Trackback | Comments(0)
訪問記もお待たせしていますが、先にこちらを。
展示会情報です。

ゆくりでもお世話になっている備前焼作家、
松本優作さんの展示会が明日から始まります。

備前陶心会 松本優作特集
 
■6月 26日(水)→7月 2日(火) 
営業時間
午前10時~午後7時30分
(最終日は午後4時閉場)
■5階 画廊アートスペース
詳しくはこちらへ。
天満屋ご案内

ゆくりにある小さな花入達と。
c0155980_2359771.jpg


小さな花入もとても活けやすく、野の花の似合う可愛らしさです。
c0155980_23574377.jpg


松本さんご自身も在廊中とのことです。
素朴な味わいのある作風で活躍中の方で、是非足を運んでご覧頂けたらと思います。
[PR]
by yukuri-2006 | 2013-06-25 23:43 | *展示会案内 | Trackback | Comments(0)

感謝

こんばんは。
工房訪問が濃過ぎてなかなかまとまりませんが、今しばらくお待ちを…

今回は個人的な日記になりますが。

今日は大学時代の友人が訪ねてきてくれました。
丁寧に作られたモノをとても大事に見てくれる人で、その時代にはお互いそんな話は全くしてなかったのに、今こうして訪ねてきてくれて器や作家さんの話をしているのがとても楽しくて少し不思議なような。
写真を撮ろうと言ってくれて、23年振りに縁側でセルフタイマーで一緒に写りました。

23年、と改めて思うとすごい時間。
それぞれにここまでいろいろな経験をしてきて、また一緒に話せる友人って本当に有難い。おばあちゃんになってもこうしていたいものです(*^_^*)


今日は初めて来てくださったお客様もおられて。喜んでもらえたのが何より嬉しかった。

もっともっと、喜んでもらえるお店になるために出来ることを頑張っていきます。

まとまりのない日記になりましたが(^_^;)、今日も有難い日でした。
感謝。
[PR]
by yukuri-2006 | 2013-06-24 22:57 | Trackback | Comments(0)

まとめております

今回の旅で伺ったのは、

井内素さん(陶)
坂田真由美さん(前掛)
稲垣大さん(金属)

です。

またまとめられ次第、ご紹介しますね(*^_^*)
[PR]
by yukuri-2006 | 2013-06-23 00:45 | Trackback | Comments(0)

帰りました

帰宅しました。
また、今回の旅のことまとめて書きたいと思います(^-^)
[PR]
by yukuri-2006 | 2013-06-21 23:55 | Trackback | Comments(0)

工房訪問へ

こんばんは。
夕べはアップできず仕舞ですみません。

台風が上陸していますね。
今日は朝から出ておりましたが、すごい雨でした。
皆様どうぞお気をつけくださいね。

こんな天候の中ではありますが、私は明日から工房訪問に向かいます。
ずっと前から「行きます」といいながらなかなか伺えなかったのですが、やっと実現することに。
しばらく動けていなかったので、他にもご連絡したり伺ったりしなければいけないところがたくさんあるのですが(汗)
これからまた頑張っていきたいと思います。

工房訪問のことも、またこちらでもお伝えしますね。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

いつもありがとうございます。
どうぞよろしくお願いいたします。
***ranking***
[PR]
by yukuri-2006 | 2013-06-19 21:57 | *日々のこと | Trackback | Comments(0)

島さんのおもてなし

島さんのところでは、こんなおもてなしをして頂きました。

c0155980_1504118.jpg


冷たい手ぬぐいのお絞りと美味しいお茶と手作りの杏子にシロップ漬。
この感じが大好きでしばらく見惚れてしまいました(*^_^*)

盛り付けもですが、トレイが杉の板かな?
素朴でとても似合っていて素敵だったのです。

身の回りのものを素敵に大事に使ってさりげない暮らし。
それを自然にされているご様子がいつも心に残ります。

また、作品をどうぞお店でご覧頂けたらと思います。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

いつもありがとうございます。
どうぞよろしくお願いいたします。
***ranking***
[PR]
by yukuri-2006 | 2013-06-18 00:40 | *工房訪問 | Trackback | Comments(0)