<   2017年 12月 ( 12 )   > この月の画像一覧

今年もあと少し。

一年間、本当にありがとう
ございました!
作品をご紹介しているようで
私自身もいろんな出会いを頂きました。

新年は6日土曜日からスタート。
蝶野秀紀さんの漆の展示会が
21日まで続きます。

またお会いできるのを楽しみに
お待ちしております!

c0155980_23455532.jpg

...............................
「受け継ぐうつわ」
蝶野秀紀 木と漆のうつわ展

2017.12.16(土)-12.29(金)
2018.1.6(土)-1.21(日)
11:00-17:00
展休日 月曜日及び12/30-1/5

蝶野さん新年在廊日
1/12(金),1/13(土)


[PR]
by yukuri-2006 | 2017-12-31 23:44 | Trackback | Comments(0)

通販について


展示会は本日17時までですが、
1/6からの新年スタートまでの期間も
お問い合わせ等ありましたらご連絡
ください。
(時間の都合が合いましたらご覧頂く
こともできます。
元旦でもご遠慮なく!)

通販ご購入のお問い合わせを
頂いていますが、本日営業終了後から
受付けさせていただきます。

気になられるものがありましたら、
どうぞお問い合わせください(*^^*)
(もう少しいろいろご覧になれるように工夫してみます)

お越しになる方をご優先したく、
遠方でお越しになれない方には
後回しになっていつも誠に申し訳
ありません。
何卒ご了承ください。
よろしくお願い致します。

...............................
「受け継ぐうつわ」
蝶野秀紀 木と漆のうつわ展

2017.12.16(土)-12.29(金)
2018.1.6(土)-1.21(日)
11:00-17:00
展休日 月曜日及び12/30-1/5 .
...........
c0155980_14452847.jpg


c0155980_14452968.jpg


c0155980_14453164.jpg


c0155980_14453380.jpg


c0155980_14453466.jpg



[PR]
by yukuri-2006 | 2017-12-29 14:40 | Trackback | Comments(0)

和紙貼のトレイやお盆

今日は蝶野さんが追加の和紙貼り
シリーズを持ってきてくださいました。
ランチョンマットとしてだけでなく
お皿、盆としても使えます。
c0155980_02224252.jpg


下の写真のお湯呑みは蝶野さん作。
c0155980_02223987.jpg

陶器に見えますが実は漆です。
小鉢として作られていますがお湯のみとしてもお使いになれます。
お皿は幾田晴子さん作、
お花は滋賀の「はなのえん」
野田幸江さんです。

蝶野さんは明日も在廊されていますので、この機会にどうぞ漆のいろいろお聞きください。



[PR]
by yukuri-2006 | 2017-12-24 00:46 | Trackback | Comments(0)

いろいろな盆

今回蝶野さんが初めてお持ちくださった
材、ミズメザクラ。ご自身でも今とても
気に入っておられるとのこと。

ミズメザクラは名前に「サクラ」と
ありますが、実際はカバの木の一種で、
外見が桜に似ているところからこの名前
に命名されたそうです。
カバもまた桜のように材質が硬めです。

写真はそのお盆です。
c0155980_00454272.jpg

欅。
c0155980_00454467.jpg

栃。
c0155980_00454634.jpg


同じ筋目でもそれぞれ
印象も質感も違います。

お盆としてだけでなく、プレート皿の
ようにお使い頂くこともできます。
ケーキなど載せてもいいですね(*´-`)



[PR]
by yukuri-2006 | 2017-12-24 00:40 | Trackback | Comments(0)

酒器のご紹介です。

栃の木の杢の美しさが、お酒を注ぐと
さらに際立ちます。
c0155980_01055869.jpg

c0155980_01055681.jpg

c0155980_01055973.jpg


口縁の仕上げにも細やかな
配慮が伺えます。

口当たりが柔らかく、
お酒好きな方には是非
お試し頂きたい逸品。

いろいろな形の酒器を持ってきて
くださっているのを眺めるのも
楽しいですよ(*^^*)


[PR]
by yukuri-2006 | 2017-12-23 01:03 | Trackback | Comments(0)

旬席いし田さんへ

先だってのこと。
在廊初日、岡山市の旬席いし田さんへ。

来年2月に2周年を迎えられる
「旬席いし田」さん。

ちょうど2年前の蝶野さんの個展で
和紙貼の作品をたくさんご注文
くださいました。

開店したらいつか行きたいと仰っていた
のですが、ようやくお連れすることが
叶いました。

写真はお刺身の盛り合わせを蝶野さんの作で。
c0155980_01030329.jpg

美味しくて美しい一品でした!

何を頂いても美味しく、器使いも
繊細でおすすめのお店です(*´-`)


[旬席いし田]
岡山県岡山市北区平和町3-11
つるべマンション 1F西側
tel 086-227-2006
営業時間
17:00~24:00(L.O.23:30)
定休日日曜日


[PR]
by yukuri-2006 | 2017-12-23 00:59 | Trackback | Comments(0)

塗り直しの実例

使い始めてから8年経った、1日3度は
使う我が家の漆椀。

ツヤツヤから少し掠れてきて、
そろそろ塗り直して頂く頃かなー
などと考えながら拭いていた時に
つるりっ!と手を滑らせて、なんと
タイル床で椀にヒビを入らせてしまい
ました(ToT)…

今見ても申し訳なくも随分酷くやって
しまってますが、ここまできれいに直してくださいました。
c0155980_00591845.jpg

c0155980_00591960.jpg


値の張るものだけに、こういう
アフターサービスは本当に嬉しい
ものです。

塗り直しだけでなく、こんな補修も
無償で請け負ってくださいます。
もしお手元に蝶野さんの作で気に
なっている器がありましたらどうぞ
お持ちください。

破片があったら、ほとんどわからない
くらい綺麗になるそうですよ。
よろしければ、実物もどうぞご覧
ください。


[PR]
by yukuri-2006 | 2017-12-23 00:56 | Trackback | Comments(0)
明日明後日の土日は蝶野さんも
在廊にお越しくださいますので、
作品や制作のことなどいろいろ
お聞きくださったらと思います。

こちらはガラス作家•津村里佳さんとの
コラボ。
漆のコンポートとガラスドームです。
c0155980_00555884.jpg

丸みを帯びた柔らかなドームの形と
ミズメザクラのアンティークな雰囲気
は、洋の印象もあります。
どんなお部屋にも似合いそうです。
c0155980_00555688.jpg

サイズはいろいろ。
お菓子を入れてもいいし、
大切なものを飾っておくのも
素敵です。

こちらは今回新登場のお箸。
五角箸です。
c0155980_00555995.jpg

c0155980_00560120.jpg

(2枚目の真ん中はわかりにくいですが
赤い箸です)

奇数角は制作しづらい形状のため
少数派のようですが、人間工学的に
箸を持つ三本の指に面の部分が
フィットするため、持ちやすく
摘みやすいのが特長です。
陰影もシャープでキリッとした印象。
ちなみに、その語呂から「合格箸」
という縁起の良い別名もあるそうです。

先が錆漆仕上げのためさらに滑りにくく、ゆくりでは体感していただき
たく大豆をご用意しております。
是非摘んでみてください😊

さらに。
「いつも気持ちよく使っていただきたい
ので、漆が剥げてきたら塗り直しします
のでご遠慮なく送ってください」
とのこと。
そのお気持ちがまた嬉しいものです。

蝶野さんは補修や塗り直しも無償で
受けてくださいますが、こちらも
送料のみで塗り直し無償だそうです。
(送料も定形郵便で50g以内のため92円
で送れますので往復でも184円です)

お気軽にメンテナンスしながら、
いつまでも美しいお箸でお食事
していただけます。


[PR]
by yukuri-2006 | 2017-12-22 11:25 | Trackback | Comments(0)

和紙貼りシリーズ

2年前の展示会でも和紙貼の折敷を
作ってくださって評判でしたが、
さらに進化されています。

大きさや形もいろいろな
和紙貼りシリーズ。
c0155980_19414591.jpg

c0155980_19414642.jpg

c0155980_19414931.jpg


特殊な合板を使用することにより
反らず、そして漆ですから器としても
使えます。

年を跨いで1ヶ月に渡る展示会です。
いろんな作品をご紹介していきます!


[PR]
by yukuri-2006 | 2017-12-10 19:39 | Trackback | Comments(0)
【受け継ぐうつわ 蝶野秀紀
木と漆のうつわ展】

2017.12.16(土)-12.29(日)
2018.1.6(土)-1.21(日)
11:00-17:00
展休日 月曜日及び12/30-1/5

気付けば年の瀬お正月ももうすぐそこ。
12/16土曜日より、年末年始を挟んでの
蝶野秀紀さんの個展が始まります。

2年前の「はじめてのうるし」展から、
2度目の展示会となります。

特別な日だけでなく、日常でこそ
使って頂きたい蝶野さんの漆のうつわ。

我が家で使う漆の椀ももう8年を迎えます
が、1日に2度3度と使うので食器棚に
仕舞う暇がないくらいです。

こちらの写真は今回のDMの表紙、
美しい欅のお重。
c0155980_19192435.jpg


こちらも「1年に1度」でなく、
日々の暮らしにお役に立てたらと
願って作られたものです。

「漆は手入れが大変そう」
「日常にはもったいなくて」

というお声を頂くことがありますが、
お手入れは洗って拭くだけ。
使い続けることで程よい湿気が保たれ、
むしろ長持ち。
食器棚に大事に仕舞い込まないほうが
むしろ良いのです。

一度お使い頂けると、これほど扱い
やすい器もそうないとお分かり頂ける
ことと思います。

そして、もし傷がついても欠けても
漆が剥げても、蝶野さんが無償で
直してくださいます。
(送料だけご負担頂きます)
子から孫の代までも、ずっと受け継いで
使って頂けることと思います。

迎えて本当に良かった!と、
「必ず喜んで頂ける自信あり」
のうつわです。

お正月、ハレの日にももちろん、
どうぞご覧頂きたく思います。



[PR]
by yukuri-2006 | 2017-12-10 19:17 | Trackback | Comments(0)

岡山市北区撫川173-1


by yukuri-2006
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31