ご無沙汰してしまいました。。

フィールドオブクラフトが終わってから、
先日実行委員の反省会も終わり一区切り。

年々お客様も増え、作家の間での認知も広がっているようです。

初日には、モデルの雅姫さんもお見えになっていて
ひそかにお客様の間でも評判になっていたようです。
(前を通られたのですが、やはりとても綺麗な、透明感のある方でした(^^))


客観的にこの会についてよく思うは、実行委員の方は
本当に純粋にクラフトのこと、作家のこと、お客様のことを
考えているということ。

建築士の方が多いのですが、お仕事の内容から言っても当然ですが
センスの高さと段取り力、全体の把握と同時に細かいところへの気付きと目配りを
される点など本当に素晴らしく、勉強させて頂くことが多いです。

全国にいろんなクラフトフェアが生まれていますが
使い手が主体で開催するという点が特徴ではないかと、
これは実行委員での自己分析。

これからも、さらに素敵なイベントになっていくと思います(^^)



さて、お店はというと展示替えや新入荷の整理などの日々。
現在の店内です。
フィールドオブクラフトでは、角田淳さん・松原竜馬さん、田鶴浜守人さんの作品も
少しずつですが入荷、松村英治さんの大皿なども入りました。
また、山口からは木工のほりたろうさんから小匙などが届いています。

徳島の中西申幸さんの飯碗なども届きましたので
またこれから展示も変える予定です。
c0155980_055720.jpg




以前ご紹介した漆の蝶野秀紀さんが広島からお見えになり、
作品も納品してくださいました。

漆の作品は、中々その通りに撮影するのが難しかったのですが
なんとか撮影できたかな?(^^;)
ご紹介させていただきますね。


c0155980_0581557.jpg

栃盆

c0155980_0591167.jpg

筋目皿(左:栃 右:欅)

c0155980_101873.jpg

c0155980_112571.jpg

栃カンナ目茶托
(菓子皿としても使えます)


それから、楽しみにしていたフリーカップ。
蝶野さんは「フィールドオブクラフト倉敷」にも参加されていたのですが
このフリーカップは大人気だったそうです。
c0155980_134011.jpg



来週は工房にお邪魔してきます(^^)♪
[PR]
# by yukuri-2006 | 2010-05-31 01:26 | *日々のこと | Trackback | Comments(0)

つかえる4人展

c0155980_1930869.jpg


ニュースレターには書かせていただきましたが、
本日より倉敷の「スペースみき」さんで「つかえる4人展」が始っています。

出展作家は

栢菅浩さん、加藤直樹さん、岡野昭吾さん、小板奈奈恵さん。

5回目を迎えるそうです。


毎年拝見していると変わっていく様子がわかり、
その変化も楽しみです。
ゴールデンウィーク中から、8、9日は
「フィールドオブクラフト倉敷」に重なっています。

芸文館からも近いので、是非足をお運びになってみてください。



「つかえる4人展」
2010.5.4(火)-5.9(日)
10:00-18:00(最終日17:00まで)

スペースみき
〒710-0046
倉敷市中央1-6-8TEL/FAX 086-422-7406
[PR]
# by yukuri-2006 | 2010-05-04 19:53 | *展示会案内 | Trackback | Comments(0)
一年に一度、いつもこの時期にお客様に発送しているニュースレター。


「フィールドオブクラフト倉敷」にもお誘いしたいので
5月第2土日に間に合うように作っているのですが、
いろいろあってぎりぎりになってしまいました。。
本当はゴールデンウィーク前にお届けできる予定だったのですが(--;)

明日、届くようになっていると思います(^^;)


今回の内容は、

近々の展示会の予定、「フィールドオブクラフト倉敷」のこと、
お薦めのお店のこと、新入荷のことなどをまとめています。


それから、地元岡山の情報誌「LLIO(リリオ)」のブログに
「フィールドオブクラフト倉敷」のことが出ています。
http://www.vis-a-vis.co.jp/llio/blog/yamamoto/post_101.php

「LLIO」は、20~40歳くらいの女性向けの感じですが
もし、県外の方でも岡山によく遊びに来られている方には
是非お薦めしたい情報誌。美味しいところ、オススメスポットなど
きれいな写真で載っています。
地元の人間なのにいつも知らなかったことが一杯。

コンビニにもありますので、よかったら手にとってご覧になってみてください(^^)


しかし地元人としては、郷土の良さを再発見できるのって嬉しい。
各県のタレントで地元自慢をするテレビ番組がありますが
岡山のことになると、やはり「おっ」と思ってしまいますね。

地元情報誌には、そんな喜びもあります(^^)。



ゴールデンウィーク中は4,5日はお休みです。
 どうぞご了承ください

[PR]
# by yukuri-2006 | 2010-05-02 23:32 | *お知らせ | Trackback | Comments(0)
本日のエントリーは、度々触れさせていただいていますが

「第5回フィールドオブクラフト倉敷」について。


いよいよ間近に迫りました!



5月の8日、9日ですから、もうあと一週間。


今年の展示の特徴は、作家の方がそれぞれ「一行テーマ」というものを決め、
その内容に応じたものであるということでしょうか。


その内容は、というと。。



陶磁(23名)
安部 太一 /島根県   Art of pottery 
市川 孝  /滋賀県   掌から伝わるきもち
大谷 哲也 /滋賀県   普段使いの白いうつわ
小澤 基晴 /岐阜県   つなぐもの
清岡 幸道 /滋賀県   土から生まれる道具
熊本 充子 /愛知県   日常の中の小さな楽しみ
下岡 由枝 /福岡県   つながるかたち
十河 隆史 /岡山県   生命(いのち)の手触り
高須 健太郎/福岡県   したしいものづくり
田鶴濱 守人/愛知県   そこにただある、あるだけのもの
谷口 晃啓 /愛知県   ひとつ・ひとつ
角掛 政志 /愛知県   人.モノ.人
角田 淳  /愛知県   それぞれの白、白い土の白い表情
照井 壮  /佐賀県   ずっと使い続けたいもの
長島 慶明 /岡山県   質と量
長峰 菜穂子/埼玉県   佇むかたち
松原 竜馬 /愛知県   器の存在感
松村 英治 /愛知県   育ってゆくかたち
水野 幸一 /岐阜県   盛って楽しい器たち
三笘 修  /大分県   はじめの器
宮國 昭男 /岡山県   大切にしたいもの
吉田 次朗 /山口県   陶とハリガネ
余宮 隆  /熊本県   生活灰から生まれる器

木工(15名)
芦田 貞晴 /長野県   想いを載せ、記憶を入れる
粟谷 剛  /神奈川県  実験を繰り返す日々
安藤 由紀 /徳島県   暮らしを楽しむ道具たち
片岡 清英 /岐阜県   日々の暮らしの中で
片岡 紀子 /岐阜県      〃
川合 優  /京都府   つくるという事は壊すという事
川端 健夫 /滋賀県   ほんのちょっとの幸せを
小林 克久 /岡山県   「ちゃん」としたモノ作り
櫻井 三雪 /長野県   暮らしの風景の傍らに
すがの たかね/長野県  雲の十二ヶ月
菅原 博之 /埼玉県   生活に木のスパイス
鈴木 直彦 /京都府   こっちを削り、あっちを残して。手さぐりで作る。
富井 貴志 /滋賀県   時の蓄積
藤井 繁  /岡山県   いつもの日常に美しい家具を
森川 雅光 /岡山県   作り手と使い手のキャッチボール
山本 美文 /岡山県   君に伝えたい

ガラス(9名)
沖澤 康平 /岐阜県   暮らしの中へ瑞々しさを 
金子 まゆみ/香川県   人と人とを繋ぐモノ
キタムラ マサコ/千葉県 身近にある“壜”という素材
木下 宝  /富山県   日々の暮らしに寄りそう器
鳥山 高史 /兵庫県   Textureを見極める
橋村 大作 /神奈川県  小さなしあわせをどうぞ!
平 勝久  /長野県   よりよい道具を日々研究してます
森岡 英世 /大阪府   かさなる
菅 深雪  /大阪府    〃
盛國 泉  /福岡県   ヒカリノカタチ

染織(8名)
小河 幸代 /埼玉県   自然とつながる時間
新藤 佳子 /岡山県   いつものくらしにホームスパンを
瀧山 雄一 /岡山県   風土から生まれたかたち 倉敷緞通
武井 春香 /山梨県   Brown&Colors
寺田 靖子 /京都府   手織り布のもつ力
長友 宏江 /京都府      〃
藤原 みどり/佐賀県   いつもの場所でつかう布
松島 しづ /長野県   羊の毛から産まれる色々なかたち
米倉 洋子 /奈良県   こころをこめて ふんわりと

布(3名)
さとう ゆき/香川県   今までと これからをつなぐ 手と形
寺本 由香子/兵庫県   使うこと(使ってもらうこと)こそ大事
山田 けんじ/埼玉県   自然素材ならではの肌触りを

金属(3名)
相原 清子 /埼玉県   トンカントンカン くりかえす
寺本 英幸 /兵庫県   使うことこそ大事
水野 正美 /愛知県   手料理からのスローライフ

革(3名)
坂田 典子 /京都府   革と手のリズム
野田 孝一 /広島県   一枚の革から革物へ
松下 宏樹 /栃木県   靴という道具

漆(2名)
菅原 利彦 /長野県   語りかける器たち
蝶野 秀紀 /広島市   新たな生命の息吹き

フェルト(3名)
浦田 由美子/京都府   生活道具としてのフェルト
構井 那央未/兵庫県   羊と人・手から生まれる偶然の形そして発見
松島 志織 /長野県   1本の針から広がる世界

手漉き和紙(2名)
ハタノ ワタル/京都府  伝える。感じる。伝わる。
宮下 香代 /愛知県   くらしの中の紙のかたち

竹(1名)
大鹿 裕之 /岐阜県   しなやかで丈夫なざるとかご

アクセサリー(4名)
岡 小百合 /岡山県   凛とした表情
北野 真理子/愛媛県   日々を彩る
長南 芳子 /東京都   積み重なった想い
戸高 章  /兵庫県   『つける』をたのしむ


ワークショップ
------------------------
アヴリル  /京都府   ゆび編みシュシュパーティー
小黒 三郎 /岡山県   動物組み木をつくろう
北野 静樹 /岡山県   型染めであそぼ
山本 薫  /岡山県   つくってみようマイ食器
若林 孝典 /岡山県   簡単なしくみで動く、楽しいおもちゃをつくろう
松島 洋一 /京都府      〃
青木 宏子 /大阪府      〃



「このテーマだとどんな展示だろう。。?」と、
想像がふくらみますね(^^)


他には、

紙芝居
------------------------
近藤 康己 /岡山県 (9日のみ)



飲 食
------------------------
あいゆうわいえ   /岡山県   天然酵母パン
A-miu       /岐阜県   焼菓子・飲物 
玄米食堂 元気屋  /岡山県   弁当・どんぶり 
小さじいち     /鳥取県   天然酵母パン・飲物(9日のみ)
コージーズ     /岡山県   サンドイッチ・スープ・飲物
木鳩屋       /岡山県   焼菓子
FOMES CAFE    /岡山県   軽食・飲物
野菜食堂こやま   /岡山県   カレー・弁当・飲物
安富牧場ファミーユ /岡山県   ジェラート



飲食も昨年より増え、さらに充実してきました。

詳しくは、こちらまで♪
[PR]
# by yukuri-2006 | 2010-04-29 23:50 | *イベント | Trackback | Comments(2)

堀越窯のすり鉢

暖かかったり寒かったりで、気温差が激しいですね。

ついに、ここ何年かで久しぶりに風邪を引いてしまいました(^^;)
皆様もご注意ください。


こちらは、人気の堀越窯・安沢秀浩さんのすり鉢です。

よく雑誌でもお見かけするので、ご存知の方もおられるでしょうか。


c0155980_2383637.jpg
[PR]
# by yukuri-2006 | 2010-04-27 23:09 | *作品紹介 | Trackback | Comments(3)

春宵展

書けないうちに、日数あとわずかになってしまいましたが
赤磐のギャラリー、「カフェドグラス 921ギャラリー」で
「春宵展(はるよい展)」が開催されています。
27日(火)までで、あと2日で申し訳ないのですが。。

「春宵展」

2010.4.24(火)まで
11:00-18:00(最終日17:00まで)

出展作家: 栢菅 浩
        岡本 里子
        小林 克久

カフェドグラスさんの情報はこちらを。。
カフェドグラスHP
〒709-0816
岡山県赤磐市下市92-1
(交通 宇野バス下市下車)
電話番号 (086)955-4548
[PR]
# by yukuri-2006 | 2010-04-26 00:28 | *展示会案内 | Trackback | Comments(0)

照井壮さんの器

「ご無沙汰しました、再開します」。。といいつつ
しばらくブログを書けない状態にあり、楽しみに
見てくださっていた方、また、コメントを下さっていた方、
大変すみませんでした。。

ようやく本当に書けるようになりました。


やっと作品のご紹介です。



大阪の「灯しびとの集い」でお話しした、照井壮さん。

佐賀県有田町で、有田の原料のみで、独自の器を作られています。

倉敷の「フィールドオブクラフト倉敷」にも昨年出展されていたのですが
その時にはお話できる機会がなく、大阪で改めて、じっくり拝見することが
できました。


c0155980_165020.jpg


小さな花入れ。
庭のビオラを活けてみました。


c0155980_23473211.jpg




目土跡のある、小皿。
(直径10cm)
c0155980_23485857.jpg




裏の模様も可愛いです。


c0155980_2350227.jpg




7cm四方の小さな角皿。


c0155980_23554412.jpg




はしおき。ブローチにしたいくらい可愛らしいです。

c0155980_2357271.jpg




お箸を乗せるとこんな感じです。



今回は小さなもの中心に頂きました。
照井さんは「フィールドオブクラフト倉敷にも出展されます。
公式HPhttp://www.field-of-craft.com
公式ブログhttp://foc-kurashiki.seesaa.net
気になられた方は、そちらでも是非ご注目くださいね。


照井 壮  (てるい・そう) さん


1974  佐賀県有田町生まれ              
1998  東京造形大学彫刻科卒                      
      岐阜県上矢作で作陶始める                             
2000  韓国にて約1年間李康孝氏のもとで修業                      
2001  有田へ戻り、有田焼の原料を使って磁器のうつわ制作開始
2002  朝日現代クラフト展入選
2003  日本クラフト展入選
2004  うつわ楓(南青山)個展 以後’06、’08
2005  新宿伊勢丹個展 以後’06、’07、’08、’09
 
その他、うつわのギャラリー、百貨店にて個展を中心に作品を発表     

HP 「照井壮の器」 
[PR]
# by yukuri-2006 | 2010-04-26 00:13 | *作品紹介 | Trackback | Comments(0)

御無沙汰しておりました

大変御無沙汰しておりました。

「岡本家の人々」、ちょっと時間が経ちましたが
賑やかなうちに無事終了し、ありがとうございました。

お客様にも喜んでいただき、作家の方とも
とても有意義な展示会になったと喜びあうことができました。

来てくださった方々、こちらを見てくださった方々、
大変ありがとうございました。



しばらく、展示会後の処理や事務などに追われていましたが
またブログも再開させていただきます。


新しい作品も入荷しました(^^)



山口県堀越窯の安沢秀浩さんの擂り鉢。

それから、大阪の堺の「灯しびとの集い」でお話した
照井壮さんの白磁の作品。

石川工藝社の、石川昌浩さんの硝子。


また、写真が撮れたらUPさせていただきますね。




それにしても、忙しくしているうちに
3月18日の開店記念日を過ぎていました(^^;)

早いもので、4周年。

5年目に入りました。


これからもがんばります!
[PR]
# by yukuri-2006 | 2010-04-03 00:54 | *日々のこと | Trackback | Comments(4)

不惑に思う

・・・休んでいる、と思ったらなんだか急に連投です。


準備期間中についにヨソジーズになりました!
だんなさんがケーキを買ってきてくれました。。
c0155980_23553839.jpg

ああ そうか不惑か。。
まだまだ惑いますよ(笑)

30歳で前職の「日本そば屋」を閉店して、焼き物の世界に
足を踏み入れましたが10年の早さにびっくりしています。

それでも、まだまだ「これから」という感じ。
お店があるからでしょうか。
50歳になった頃のゆくり、60歳になった頃のゆくり。
と妄想したりして。。
その頃に、自分が尊敬する方々に少しは近づいているのでしょうか。。



ここのところ、経験豊かな方々から同じ内容のお話をお聞きします。


「モノだけいいのが作れて、それだけ見てくれればいいんだ、と言っても
 人の心を打たないんだよ、結局人の心を掴むのは、その作品の後ろにある
 その人の心だから。
 作品にも滲んできちゃうんだよ」


モノツクリのお話だったのですが、それは店主にも当てはまるのだろうなあ、と。。


作家さんの素敵な作品をいっぱい集めて、でも自分が届かないでいたら。。
と思うときゅっと身が締まる思いがしますが、でも、背伸びしないで、
本当に伝えたいことを真剣に考えていくしかないんですよね。
それだけは出来るはずだから。。


こんな不惑にあらずの店主ですが、これからも一つよろしくお願い致します。



・・今日はちょっと変なテンションです。
後で読むと恥ずかしいのかな。。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

いつもありがとうございます!
応援クリック頂けると嬉しいです(^^)
***ranking***


*****************************
ただ今、期間中です!

― 展示会のご案内 ―

ゆくり特別企画展
「岡本家の人々」

2010.3.4(木)-3.15(月)
11:00―17:00
期間中無休
*****************************
[PR]
# by yukuri-2006 | 2010-03-07 01:05 | *日々のこと | Trackback | Comments(4)

赤ちゃん祭り! 

ちょっと面白いことがありました。
展示の内容とは全然関係ないんですけれど(^^;)


今回はどういうことか、「赤ちゃん率」がとっても高いのです。
一日の内に、まだ一歳を迎えておられない赤ちゃんたちが続々と。
赤ちゃん祭りですよ。
ちょうど、ゆくりのお客様がそういう世代の方が多いのかもしれませんが。。

お客様で来て下さっていた方が、最近お見えにならないなあ、と思っていましたら
ご出産だったり。可愛い赤ちゃんとご一緒にいらっしゃると、つい嬉しくて可愛くて
顔がほころんでしまいますね(*^^*)


そんな中、2日目に事件(?)が。

たまたま同じ時間にいらっしゃった二人の赤ちゃんが、
全く同じ年の同じ日に産まれたことがわかって、皆びっくり。
すごい確率ですよね。
赤ちゃんたちも、お母さんお二人のびっくりが伝わったのか?
とてもはしゃいでいて、仲良しになった。。。。ように見えました。
初めて会ったのに、記念撮影会となりました(^^)

ずっと笑い声が絶えなくて、ほのぼのした一日になりました。
[PR]
# by yukuri-2006 | 2010-03-07 01:04 | *日々のこと | Trackback | Comments(0)

展示会3日過ぎて

春の雨、でしょうか。梅雨のような天気です。

・・・こんばんは。
昨日は爆睡してしまいました(^^;)
そんなに寝てる場合ではないので朝は3時から仕事始めましたが、
もう徹夜する歳ではないのか。。一日しか持ちません。



そんな話は余談でしたが、まだブログ用に工房訪問がまとまってないので
少しだけ、写真などご紹介。
こちらは岡本常秀さん。
c0155980_02945.jpg

紙リンという、新聞紙を湿らせた整形の道具で形を整えているところです。
当てた瞬間に炎が出て、どのくらい熱いのかとハッとさせられます。


それから、炎というと窯焚き。
白水さんの薪窯の煙突から火柱が立った瞬間。
c0155980_0333779.jpg

この時の窯は3日焚き続けておられました。
窯もいろんな大きさがあり、備前の作家さんには一ヶ月を要する大窯を
使われる方もおられます。
白水さんは、女性が一人でも焚ける窯。一度に140点ほど入るそうです。


こちらは、岡本里子さんの小さな世界。
c0155980_039234.jpg

小さな小さなてんとう虫。今回の展示作品にも乗っかっていました。
触覚など一ミリもないですから、すごいですね。。
昔、ちょっと体験させていただいたことがあるのですが、「粘土」といっても
全然言うことを聞かなくて、全く想定していないモノになった記憶があります。
やってみると、難しさがよりわかりますね。


ガラス作家・中野由紀子さん、今回はご結婚されて「岡本ゆきこ」さんとしての
ご参加です。
c0155980_0452225.jpg

知らずに見れば、画家の机のようですよね。
白く吹いたガラスに絵付けをされることが多いゆきこさんは、
今回も独特の色合いで楽しませてくださってます。
[PR]
# by yukuri-2006 | 2010-03-06 11:49 | *工房訪問 | Trackback | Comments(0)
ここを見てくださっていた方、突然ぶつっと途切れてしまいすみません。

展示会準備と確定申告の怒涛の一週間を過ごしておりました。
掛からないようにと思っていたのに(^^;)
お恥ずかしいことです。。


本日より、兼ねてから申し上げておりました
「岡本家の人々」、本日よりスタートいたしました!

あいにくの雨、それに肌寒い日でしたが、
大勢の方に足を運んでいただいて
ホッとしつつ嬉しさでいっぱいです。
ありがとうございます。


いつものゆくりとはだいぶ雰囲気が違うと思いますが、
よく来てくださるお客様も楽しんでいただいているご様子でした♪



全体の写真をUPしたかったのですが
暗くてうまく取れなかったので、とりあえずこちらを。
c0155980_23535395.jpg

岡本里子さんのペンダントをディスプレイした昔ながらの鏡台。
すぐ試していただけますしね(^^)
もう一つ、小さな亀さんたち。おしりがプリティー。
c0155980_014658.jpg



こちらは岡本ゆきこ(中野由紀子)さんの作品の一例。
これはほんの一部。いろんなのを持ってきてくださってます。
c0155980_2357259.jpg

お花は私が♪
いろんな花器があるので、昨日は搬入の様子を見てお花屋さんに。
一つ一つ、楽しく悩ませていただきました。


岡本白水さんが今回用に焼いてくださった薪窯の備前。
c0155980_081640.jpg

塩を入れて仕上げる「塩釉」の作品も。
c0155980_010487.jpg



岡本常秀さんの作品。美しいです。
c0155980_0122148.jpg



工房訪問もUPしますと申し上げていましたが、先に展示会用のアルバムを
作ってしまいました。「岡本家の人々を訪ねて」
制作の現場、様子などを見ていただきたくて作ったものです。
c0155980_024323.jpg

展示会の時には、なるべくそういった様子を伝えたいと思います。
これから展示会をしていく中には、裏方を見せることに抵抗を感じる作家の方も
おられるかもしれませんが、でも、できるだけ。。

生まれてきた様子を知ってくださったら、使い手の方は
より愛着を感じてくださるかもしれませんしね(^^)
こちらのブログでも掲載する予定ではありますので、少々お待ちを。。


玄関は、皆さんの作品を入れたディスプレイ。
小道具が少ないので、また途中で変わってくると思います。
c0155980_061353.jpg



昨日はついに完徹になりましたが、なんか一人で楽しかったなあ。
楽しいと苦痛を感じないものですね(^^)


是非、観にいらしてください♪


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

久々の更新となってしまいましたがご覧下っていた方、
ありがとうございます!
***ranking***


*****************************
本日より始まりました!

― 展示会のご案内 ―

ゆくり特別企画展
「岡本家の人々」

2010.3.4(木)-3.15(月)
11:00―17:00
期間中無休
*****************************
[PR]
# by yukuri-2006 | 2010-03-05 00:40 | *展示会案内 | Trackback | Comments(2)

展示会間近!

いつもご覧頂いている方、ありがとうございます。


ここ2日ばかり、準備や工房へ伺ったりが続き
更新が滞っており、すみません。


携帯から投稿できればいいんですよね。

・・・どうやるんでしょ(><、)。。
いまだ良くわかっていないITオンチ。。



「岡本家」の常秀さんのガラス工房、白水さんの窯焚き、
里子さんの制作現場拝見まで終わりました。

皆さん、ここのとこ展示会が繋がっているので
大忙しの状態ですが、あとは中野由紀子(岡本ゆきこ)さんの
ところに伺うのみ。

工房訪問は、展示会でも見ていただくので
今まとめていく途中です。
展示場も、常設を大移動しなければいけないので
その準備にも大忙し。

こちらでも訪問の様子を写真で見ていただきたいのですが、
ちょっとお待ちくださいね(^^;)


あとちょっと。
・・気合だ!!


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


いつもありがとうございます!
応援クリック頂けると励みになります(^^)
***ranking***


*****************************
― 展示会のご案内 ―

いよいよ間近です!

ゆくり特別企画展
「岡本家の人々」

2010.3.4(木)-3.15(月)
11:00―17:00
期間中無休
*****************************
[PR]
# by yukuri-2006 | 2010-02-25 05:01 | *日々のこと | Trackback | Comments(2)


今日は、先日からお伝えしてました新藤佳子さんの作品紹介です。



作品コーナー
c0155980_3335955.jpg



新作のお一つが、このポットマット(大)
c0155980_31750.jpg


左側のものは、新藤さんが御自分のブログでも
書かれていますが「ブラックウエリッシュマウンテン」
という英国の羊毛で作成されたもの。
少し白い毛が混じっていて、手触りがフワフワして気持ちがいいです。

どれも、色を付けているわけではなくて、
新藤さんいわく

「そういう色の子」。

それぞれがその色の毛をまとっているんだそうです。

そう考えると、その色の羊くん(?)が走っているところを
想像すると、より可愛く感じて愛しくなります(^^)


このポットマット(大)は、裏は革なのですが
引っ掛けるところが付けてあって、鍋つかみとしても
活躍します。


しかも、壁に引っ掛けることができて、
絵を観るように使わないときも楽しめる!(これ素敵なアイディア!)
いろいろ仕事をしてくれるポットマットです。


小さい方のポットマットは、中に綿が入っていないタイプ。
急須など、小さな高台のものでも安定するように、との配慮から。
c0155980_3482416.jpg


ポットを置いてみるとこんな感じです。c0155980_3492349.jpg



コースターも。
2種類あって、左のグレーのものは紡績糸を手織りしたもの。
右は新藤さんがご自分で紡いで糸にしたものを、手織りしたものです。
(裏はポットマットと同じく革です)
c0155980_3514027.jpg


コップを置いた感じはこちら。。
c0155980_3522741.jpg

落ち着いた雰囲気で可愛いです(^^)
洗うのも、アクロンで家で洗えるそうです。


それから、こちらは以前から大人気の手織りコースター。
c0155980_356527.jpg




最初の出会いは第一回目の「フィールドオブクラフト倉敷」でした。

お店を始めてまだ一ヶ月も経っていない頃。
いろんな作家さんが来られると聞いて、

「岡山にいながらにしていろんな方にお会いできて、
 作品も見られて、なんとラッキーな。。」

などとワクワクしながら訪れた中に
新藤さんがいらっしゃいました。


器の方を探していたのですが、あまりに可愛い
フェルトの花入れに目を奪われ、お話をしたのを
覚えています。


新藤さんは「ホームスパン」の作家の方。
ホームスパンとは、「家で紡がれた」つまり手紡ぎの糸、
またはもっと広く、手紡ぎ手織りの織物、のことです。

2000年に倉敷本染手織研究所で染織を学び、
自宅で制作を始められました。         
2001年より、育児休暇中の2006・2007年を除いて、
毎年日本民藝館展で入選。
現在、岡山県倉敷市にて制作中。

フェルト作品は、その羊の毛の特徴を知ってもらいたくて
紡いでいる中から出てくる毛を集めて作られる作品とのこと。



新藤さんから、花入れを買ってくださった方にと
頂いたメッセージです。

   
    
   ヒツジって白い? 
   いえいえ、茶色もいれば黒もいる、ブチ柄のヒツジだっているんです。
   面白いでしょ。
   それに手触りだって、絹のように柔らかい毛もあれば、
   ゴワゴワの剛毛もある。ヒツジはとっても個性的なのです。
   中でも私が近頃気に入っているのは英国羊毛。
   コシがあって弾力のある英国羊毛でこの花入れを作ってみました。
   色も自然のまま。ヒツジの個性を実感して頂ければ幸いです。 




穏やかで、とても地に足の着いたしっかりした方。
学ぶところの多い方です。
実は、作家さんにお歳は普段聞かないので気が付かなかったのですが
つい最近になって、主人と同じ高校の同級生だったと判明。

ということは、私も同じ歳。。
・・・頑張れ、私。


自分で毛を仕入れ、洗い、紡いで糸にして、織る。
大変な労力。。もっと勉強しなければ。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

長くなってしまいました。。
最後まで読んでくださっていつもありがとうございます!

応援クリック頂けると励みになります(^^)
***ranking***


*****************************
― 展示会のご案内 ―

ゆくり特別企画展
「岡本家の人々」

2010.3.4(木)-3.15(月)
11:00―17:00
期間中無休
*****************************
[PR]
# by yukuri-2006 | 2010-02-22 05:57 | *作品紹介 | Trackback | Comments(0)
本日は、昨日書きました湯郷の岡本常秀さんの工房に
伺って参りました。

昨年は型吹きの鳥山高史さんの工房へ伺い、工程を拝見しましたが
同じ素材でも、ここまで変わってくるものだと新しい発見が。

夢中でシャッターを押し続けました。

ごめんなさい、訪問記はまた改めて。。




ちょっと時間がとびますが、先日、「Gallery ONO」さんにご紹介頂き、
「天満屋くらしのギャラリー」に伺ったお話を。


日本各地の民藝の作品が充実したギャラリーです。
棚の一つ一つに見入ってしまいました(^^)


担当の方は、月に3分の1は買い付けなどに飛び回っておられるそう。

私は仕事柄普段器など見ることが多いですが、
やはり違う分野のものも見なければ、と思わされます。

仕入れの様子など、ブログも付けていらっしゃるそうです(^^)
くらしの友 いろいろ
うーん、勉強になります!



ただいま、一回のギャラリーでは展示会中だそうです。
まだまだ会期がありますので、お出かけの方は是非♪


「糸に紡ぎ、布に織り、  くらしの中の手織りの仕事」

会期: 2010年 2月 17日(水) ~3月日2日(火)
場所:岡山天満屋表町別館くらしのギャラリー
TEL:086-231-7529
  10:00~19:30まで営業。月内無休です。

             

岡山県美咲町でアーツ&クラフツビレッジを主催されている
原田豊美さん。
講師にもお迎えして、糸車を使った手紡ぎと
機を使った手織りの体験ワークショップを
開催中だそうです。

同時に、原田さんがつくった作品の展示販売もされています。


★手紡ぎの体験は、17日19日20日・22日・23日の5日間。
(残りの日が少なくなってすみません。。)

午前の部 10時から12時まで (定員3名)
午後の部 14時から16時まで (定員3名)

参加費用:各4,000円と材料代が500円~

ニュージーランドのアッシュフォード社の糸車を
使うそうです。
この糸車そのものの形も素敵です。


★手織りの体験は、26日・27日・28日・3月1日・2日の5日間。
(さをり織り)
注:26日・27日は予約満席だそうです。


午前の部 10時から12時まで (定員3名)
午後の部 14時から16時まで (定員3名)


参加費用は各4,000円と材料代が1,000円~です。



詳しくは、こちらをご覧になってくださいね(^^)
くらしのギャラリーお問い合わせ先


一本の糸を紡ぐことも、普通の人には難しい。。
真っ直ぐで均一の糸を紡ぐまで、どのくらい時間を要するのでしょう。
更に、織るとなると。。





ガラスも布も。

一度体験してみなくては。




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

いつもありがとうございます!
応援クリック頂けると嬉しいです(^^)
***ranking***


*****************************
― 展示会のご案内 ―

ゆくり特別企画展
「岡本家の人々」

2010.3.4(木)-3.15(月)
11:00―17:00
期間中無休
*****************************
[PR]
# by yukuri-2006 | 2010-02-21 01:52 | *イベント | Trackback | Comments(0)

明日は湯郷へ

といいましても、温泉旅行ではなく(^^)


明日は(といいますか、もう今日ですが(^^))、

「岡本家の人々」の件で、湯郷の岡本常秀さんのところへ

伺ってまいります。


車で1時間半ほど。

朝から行ってまいります(^^)!

また、こちらでも写真UPできればと思います♪



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

いつもありがとうございます!
応援クリック頂けると嬉しいです(^^)
***ranking***


*****************************
― 展示会のご案内 ―

ゆくり特別企画展
「岡本家の人々」

2010.3.4(木)-3.15(月)
11:00―17:00
期間中無休
*****************************
[PR]
# by yukuri-2006 | 2010-02-20 01:33 | *日々のこと | Trackback | Comments(0)

人との繋がり



いろんな作品・イベントをご紹介している途中ですが、
ちょっと別のお話を。



お休みだった昨日水曜日、ある用事があり
岡山市の「Gallery ONO 」さんに伺いました。


ご主人は小野善平さんとおっしゃる方で、
もう28年もこちらでギャラリーを営まれています。
民藝の世界から始まり、世界の骨董を求めて歩かれる途中、
南イランの遊牧民の手織絨毯「ガベ」に出合われ
以来日本に紹介し続けてこられています。


オリエントの香りが漂う店内に入ると、
可愛い柄の「ガベ」が壁に。
先日、オリエント美術館のお話を書かせていただきましたが、
どうも惹かれてしまいます。

小野さんも、お店に来られた方には
「少しのお時間でも、あの空間に身を置かれては」
とお勧めされるそう。



ゆくりを立ち上げて、3月末で4年になろうとしていますが
そんな私からすれば大大先輩の方。
でも、初めて伺ったのにも関わらずとても気さくにお話くださいました。


本題の件をお伝えしたあと、いろいろなことをお話して
くださったのですが、一言一句残らず、大事な言葉でした。


いつも節目の時に、今まさにこの方、という方に出会い
大事な言葉を頂くことが多く不思議に思うことがあります。


小野さんにお会いできて、お役目を頂いたことを心から感謝するばかり。。


「一度揚げた旗は、降ろしてはいけないんだよ」

とのお言葉にとてもお力を頂きました。

ありがとうございました。


小野さんは、現在お仕事で九州にお出かけだそうです。
ブログもなさっています。
ご覧いただければ、きっと、私が申し上げたよりもっと
いろんなことをお感じ頂けると思います。
(「ガベ」のお写真も掲載されています。「生命の樹」美しいです!)
Gallery ONO 便り



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

いつもありがとうございます!
応援クリック頂けると嬉しいです(^^)
***ranking***


*****************************
― 展示会のご案内 ―

ゆくり特別企画展
「岡本家の人々」

2010.3.4(木)-3.15(月)
11:00―17:00
期間中無休
*****************************
[PR]
# by yukuri-2006 | 2010-02-19 01:07 | *日々のこと | Trackback | Comments(2)
今日は、昨年の展示部門の点景を。
あまり撮れなかったので、数が少ないんですが(^^;)
全作家については、こちらを。
きれいな写真をUPでご覧になれます(^^)



森岡英世さん・菅深雪さん
c0155980_1353438.jpg



角掛政志さん
c0155980_1432235.jpg



松原竜馬さん
c0155980_144275.jpg



松島志織さん
c0155980_1464379.jpg



松島しづさん
c0155980_20610.jpg

(中央の羊たち)
c0155980_2171.jpg



田鶴濱優香さん
c0155980_1513528.jpg



田鶴濱守人さん
c0155980_152524.jpg




今年はどんな作家さんが来られるのか、またHPでも発表がございますので、
お楽しみになさっててくださいね(^^)
フィールドオブクラフト倉敷公式HP




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

いつもありがとうございます!
応援クリック頂けると嬉しいです(^^)
***ranking***


*****************************
― 展示会のご案内 ―

ゆくり特別企画展
「岡本家の人々」

2010.3.4(木)-3.15(月)
11:00―17:00
期間中無休
*****************************
[PR]
# by yukuri-2006 | 2010-02-18 02:04 | *イベント | Trackback | Comments(0)
5月8(土),9日(日)まであと3ヶ月を切りました。

今年もいよいよ近くなって参りました、

フィールドオブクラフト倉敷」。

今回で第5回を迎えるのですが、年々お客様も増え
さらに広がりを感じます。

楽しみですね(^^)!



ここで昨年の様子をご紹介。

お天気がいいのも幸いして、大盛況となりました。
遠くは東京より、日帰りでお越しくださった方も!
c0155980_0291583.jpg



各作家の方に制作の現場が感じられるような
プレゼンテーションをお願いし、それぞれの方が
思い思いに趣向をこらした展示になっていました。


一部ご紹介しますね。
(前回ご紹介した写真もあるかもしれませんが。。)



こちらは、「陶芸」十河隆史さん。ろくろ登場。
c0155980_0383082.jpg

他にも、作品や制作風景の写真集を作っておられました。


「金属」の寺本英幸さん。
c0155980_0464645.jpg

販売よりむしろ、ワークショップに力を入れておられました。
この時は男性が4,5人いらっしゃって、一日中掛かって
フライパンを制作。
ずっと銅を叩く音が、この会のテーマだった
「手仕事の音」
にぴったりでした。
ずっと会場に響いているのに、全然うるさく聞こえないんですよね。不思議です。


「染織」の新藤佳子さん。
c0155980_056899.jpg

糸つむぎ機が見えますね。
新藤さんの作品は、ゆくりにも新作を入荷しました。
また近々ご紹介いたします。


さらに詳しくはこちらを。
「フィールドオブクラフト倉敷」公式ブログ




今年は、またちょっと趣向が違って
「一行テーマ」
というものがあります。

各作家さんに「テーマ」をご自分で決めてもらい
それに沿って展示をするというもの。
小さな個展のような感じでしょうか。

昨年も、
「一つ一つのブースが濃くて、見るのに時間が掛かったよ!」
との声を頂きましたが、今年はさらに見所が増えそうです。


「フィールドオブクラフト倉敷」の巻、もうちょっと続きます(^^)




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

いつもありがとうございます!
応援クリック頂けると嬉しいです(^^)
***ranking***


*****************************
― 展示会のご案内 ―

ゆくり特別企画展
「岡本家の人々」

2010.3.4(木)-3.15(月)
11:00―17:00
期間中無休
*****************************
[PR]
# by yukuri-2006 | 2010-02-17 01:15 | *イベント | Trackback | Comments(0)

蝶野秀紀さんの漆椀

次回、新しく入荷予定の作家さんです。


「木と漆のうつわ 工房 息吹木 ibuki」を主宰され、
漆作品を制作されている、蝶野秀紀(ちょうの ひでき)さん。

サンプル作が届きました(^^)

c0155980_18301374.jpg





艶消の肌合い、姿も美しいのですが、持ちやすくて手になじむ感じ!




この部分がちょうど手に引っ掛かって、安定するんです。
c0155980_1831183.jpg



     ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

蝶野 秀紀さん プロフィール 

“木と漆のうつわ”の作家

2001年  石川県挽物轆轤技術研修所入学
2005年  同研修所卒業・石川県山中にて独立・工房息吹木ibuki 設立
2009年  広島県に工房を移転。

HP 木と漆のうつわ 工房 息吹木 ~ibuki's works~

c0155980_18375260.jpg


     ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



昨年メールを頂き、電話でお話ししたの後、
大阪・堺の「灯しびとの集い」で初めてお会いすることができました。
HPの写真も素敵でしたが、実物を拝見するとますます気に入ったものが
たくさんあり、またお願いしていきたいと思っています。

入荷はおよそ3カ月程後の予定です(^^)。


偶然「フィールドオブクラフト倉敷」にも出展されることがわかり
その時にはまたお会いできるのが楽しみです。


次回は、その「フィールドオブクラフト倉敷」のことを
書かせていただきますね(^^)!



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

いつもありがとうございます!
応援クリック頂けると嬉しいです(^^)
***ranking***


*****************************
― 展示会のご案内 ―

ゆくり特別企画展
「岡本家の人々」

2010.3.4(木)-3.15(月)
11:00―17:00
期間中無休
*****************************
[PR]
# by yukuri-2006 | 2010-02-16 18:42 | *作品紹介 | Trackback | Comments(0)

岡山市北区撫川173-1


by yukuri-2006
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31