お店にも作品があります、ガラス作家岡本常秀さんが
フローリストのHARUさんとの二人展を現在開催されています。

場所は、赤磐の「カフェドグラス」併設の「921ギャラリー」。

今までに無い、ガラスと花のセッションのような展示会です。


言葉で表現するのは難しく、カタチにするまで
どれだけ力を注いでこられたか。。

これはとにかく見て感じていただきたいです。


お二人の作品は、美しく幻想的で、それぞれの素材の可能性を
広げられた素晴らしいアートになっています。
企画されたオーナーの末藤さんの情熱とセンスもすごい。



16日の日曜日、16:00まで開催されていますので、
是非。。



華硝 -hana・gara-

<序章>

cross over 二人展

岡本常秀×HARU


日時:2009.8.6(木)-8.16(日)
10:00-20:00

場所:カフェ・ド・グラス「921ギャラリー」

詳しくはこちらを。。

921ギャラリー
http://www1.odn.ne.jp/~cao34500/annai.html

http://cg2006.exblog.jp/


ちなみに。。
9月末には、こちらで妹もグループ展でお世話になります(^^)
またお知らせいたしますね。
[PR]
# by yukuri-2006 | 2009-08-07 23:12 | *展示会案内 | Trackback | Comments(0)

8月の営業

ご無沙汰しております。

8月中の営業は、大変申し訳ございませんが
日曜日のみにさせていただいております。

明日からは、次の日曜日までお店はお休みなのですが。。
もし、お買い物のご予定や、お客様がいらっしゃってご案内を
ということがございましたら、どうぞ前日までにご連絡ください。
できるだけ対応させていただきたいと思います。

何ヶ月も悩んだ末に決めたことですが、わがままをする以上
長期の休みにしかできない、お店や自分、家族(?)のメンテナンス、
遠方の作家さん訪問、など、できる限りいろいろしたいと思っています。


大変恐縮ですが、どうぞご了承ください。


それから、もう一件、駐車場の場所が変更になっております。
ご来店の際は、大変お手数をお掛けしますが店頭まで
お問い合わせください。


どうぞよろしくお願いいたします。



ご連絡先:086-292-5882
      yukuri@sea.plala.or.jp
[PR]
# by yukuri-2006 | 2009-08-03 00:05 | *お知らせ | Trackback | Comments(2)

会場風景。。。

c0155980_1152119.jpg
こんな感じです(^^)
[PR]
# by yukuri-2006 | 2009-07-23 12:50 | *展示会案内 | Trackback | Comments(0)
個展も今日を入れてあと2日。


しかし、ここまで天気が悪かった日々もなかったのでは?!
というくらいの一週間でした。
一昨日は前庭も中庭も「池状態」。
ここに引っ越してきて、こんなのも初めてです。


でも、悪天候の中来て下さった皆様、本当にありがとうございます!


さて、わずかですが。。

24日は、鳥山さんがお昼から在廊してくださることになりました!

最後の一日、是非お越し下さい(^^)
[PR]
# by yukuri-2006 | 2009-07-23 11:49 | *展示会案内 | Trackback | Comments(0)

夏の蝉氷・開催してます

ようやくの更新となります。ごめんなさい。。


16日から始まった、鳥山さんのガラスの個展。

初日は鳥山さんご自身も在廊してくださいました。
お客様とのお話をご一緒にお聞きしながら、
どれだけ熱い思いを持って作られているか再確認し、
関わらせていただく私にとっては、改めて気が引き締まる思いです。

それにしても、「グループ展」も大きい意義がありますが、
一人のもので世界観を作る、という点で
「個展」というものは特別なものがあるように感じます。


今回の個展は、鳥山さん御自身がディスプレイされたのですが、
限られた空間の中で最大限に作品の魅力を引き出すように
考えられた構成は、ゆくり自体の空気も巻き込んで別の何かを
生み出しているようです。

一点ずつ見ても素敵に思っていましたが、いろいろな作品で
空間を満たすことでさらに新しい魅力を感じられます。


さて、2日目は一日中雨でしたが、そんな中を訪れてくださった
お客様、本当にありがとうございます。



ここで、ちょっと内容をご紹介。。
かなり長くなったので、折りたたみさせていただきますね(^^;)

個展内容です
[PR]
# by yukuri-2006 | 2009-07-18 07:07 | *展示会案内 | Trackback | Comments(8)

鳥山さんのガラスの器

鳥山さんのガラスのコップ、今はお客様に冷たいお茶を
お出しする時にも使っています。

c0155980_23431535.jpg










(添えてあるのはシュガーバインの葉。
 可愛くて丈夫で、一枚でも画になって便利ですね(^^))


いろんな角度から。。
c0155980_23475834.jpg
c0155980_23484448.jpg

c0155980_23504720.jpg

裏側までぽこぽことした模様が入っています。
こんなに薄くても、とっても丈夫。

他にも、いくつか見本で見ていただいているものがあります。
例えば。。

c0155980_23542768.jpg

c0155980_23561097.jpg
ピッチャーのアップ。
目盛りのような模様が
入っています。
カルピスやドレッシングを
作るときに重宝してます(^^)

冷酒に使っている方も
多いそうですよ。


c0155980_023630.jpg


小鉢です。
朝食にジャムなどを入れても
可愛らしいかも。





c0155980_064283.jpg


こちら、中でも評判の
「フタモノ」。

蓋の部分も鳥山さん手作り。




他にはどんな作品が届くのか、とても楽しみです。

店内はもちろん、今回は常設でもやったことのない
初めての試みで、中庭を使った展示を予定しています。
(雨が降りませんように。。(><))


また、間近になったら改めて触れさせていただきますね。
これから、お客様へのDM発送の準備です(^^)
[PR]
# by yukuri-2006 | 2009-07-08 00:15 | *展示会案内 | Trackback | Comments(4)
京都の「晴耕社」ガラス工房に入社、荒川尚也さんに師事されてから10年。
御自身の工房「壜壥(たんてん)」を立ち上げられてからは3年が経とうとしています。


本当に全くブレのない、真面目で真っ直ぐで、無駄がなく
客観的にものを見られる冷静でアツイ方です。


お話をしている間も、一生懸命ご自分のお仕事を伝えようとしてくださいました。
技術的なこともさることながら、

「『疲れて帰って、このグラスでビールを飲むのが楽しみ。』
 そう言ってもらえると何より嬉しい」

そう語られていました。



吹きガラスの技法は大きく分けると、宙吹きと型吹きがあり
鳥山さんのは金属を使った型吹きです。

今回、工房訪問の写真は一枚しか載せませんでしたが
自作の窯と金型(モールとも言うそうです)、そして
独自の製法だそうですので、あまりこちらにはお載せしないでいようと
思います。(ごめんなさい。。)


個展では制作風景の写真も含め、もっといろいろ
ご紹介させていただく予定です。


どうぞお楽しみになさってください(^^)
[PR]
# by yukuri-2006 | 2009-07-06 18:21 | *展示会案内 | Trackback | Comments(0)
それにしても、「出来上がりまで数分」と書きましたが
その間もガラスは水あめ状態ですから絶えず吹き竿を回していないと
垂れていきますし、成形できたら徐冷炉に入れないとあっという間に
割れていきます。
無駄なく素早い動作が必要です。
(作ってくださったコップも、目の前でたちまち胴体と底が分離してしまいました)

焼物を見慣れている私からすると、目が回るような思いです。。


ガラスの窯は、焼物と違ってメンテナンスを除けば
ほぼ年中、ずっと火が入っているそうです。

そのためほとんどお休みもなく、スケジュールも自分ではなく
「窯が決める」
と言われていました。

どんなに体調が悪くても、窯の調子が良ければ仕事をしなければならず
夏は朝5時から制作を始め、お昼頃には切り上げて別の仕事をされるとか。
これは他のガラス作家さんからもお聞きしましたが、日中の作業の継続は
あまりの暑さで体を壊すからだそうです。
[PR]
# by yukuri-2006 | 2009-07-06 17:00 | *展示会案内 | Trackback | Comments(0)
さて、差し迫った鳥山さんの個展「夏の蝉氷」展。


個展前に一度は工房に伺って、自分の中に現場の空気を詰めて帰りたいと思い、
丹波市に向かって車を走らせました。


2時間半ほど高速を走り、神戸も抜け、しばらくすると丹波市に到着。

お住まいと工房はとてものどかなところにあり、すぐ横にはお寺が。
お庭には小さな畑を作られています。


出迎えてくださった鳥山さんに工房を案内していただきました。


「まずはコップを一つ作ってみますので。。」
ということで、制作光景を見せていただくことに。

c0155980_1431184.jpg



説明されながらも素早い動き。
あっという間に一つのコップが
誕生しました。





「簡単そうでしょう?」


とおっしゃる鳥山さん。
確かに。。出来上がりまでものの数分でした。

でも、簡単でないことを簡単にできているように見えるまで
毎日毎日、どれだけの鍛錬と工夫をされているんでしょう。。
[PR]
# by yukuri-2006 | 2009-07-06 16:30 | *展示会案内 | Trackback | Comments(0)

会期中の展示会情報

こんにちは。

ここのところは個展の準備真最中です。
いろいろご紹介したい作品はまだまだありますが、少々お待ち下さい(^^;)



ところで、ただ今岡山市表町のギャラリー「テトラヘドロン」で、
当店でもお願いしているアートクレイシルバーの岡本里子さんが出展中です。

仲良くして頂いている陶芸の植山貴世さんも(^-^)


詳しい様子はこちらへ。。
http://tetorak.seesaa.net/

「2009 涼展」
~12日(日)
11:00~18:00(最終日は16:00まで)
7日(火)休廊



それから、、今年「フィールド・オブ・クラフト倉敷」に出展されていた
「翁再生硝子工房」の、森岡英世さん・菅深雪さんが、
赤磐の「カフェ・ド・グラス」に併設されている「921ギャラリー」で
展示会中です。

こちらでご紹介する鳥山さんとはまた全く違う個性のお二人。

クラフトフェアの折には、ちょうど妹のブースのお隣で
風鈴のワークショップをされていましたが、今回の展示会でも
可愛いナチュラルテイストの風鈴を展示されていました。

12日(日)までされているそうです(^^)

「リサイクルガラス展」
~7.12日(日)
10:00-19:00
8日(水)店休日
作家在廊日 11(土)12(日)

詳しくはこちらへ。。
http://www1.odn.ne.jp/~cao34500/ibent.html

c0155980_13322058.jpg



まだ今週いっぱいありますので、お出かけになってみて
ください(^^)






ゆくりの展示会はいよいよ来週の木曜日から!
今からもうドキドキしてます。
[PR]
# by yukuri-2006 | 2009-07-06 13:57 | *展示会案内 | Trackback | Comments(0)
もう明日から7月ですね。

ゆくりでは、7/16(木)から24(金)、個展を開催します。


作家の方は兵庫県・丹波で、工房・壜壥[TANTEN]を主宰されている
ガラス作家、鳥山高史(とりやま・たかふみ)さんです。


壜壥[TANTEN]という屋号は、中国語で「壜」が「ビン」、
「壥」が「店」を表すそうで、「瓶やさん」という意味で
ご友人が考えて付けてくださったそうなのです。

「どこか懐かしい、土っぽいガラス」
をイメージして作品を作られています。



当店にとっては、初めて外からお迎えしての展示会となります。
(どきどきしてます。。(^^))


初めて作品を拝見した時に、薄くて美しい様子が
冬の日に水面に張る氷のように思えたので、副題を

「夏の蝉氷(せみごおり)」

にしました。


「せみごおり」という言葉は、俳句の季語だそうなんですが、
なんとかぴったりくる氷の表現がないかな、と探しているときに
知りました。


蝉の羽のように透き通った様子を意味するそうです。

日本語って、美しい表現がありますねー。。



薄いガラス、というと割れやすいイメージかもしれませんが、
鳥山さんの作品は、使ってみるととても強く頼もしく、毎日遠慮なく使えます。

お話してみても、とてもしっかりしたビジョンをお持ちの方で、
その揺らぎのなさは作品の強さとも通じるように思います。

詳しくは、またこちらで追って触れさせていただきたいと思います。




「夏の蝉氷」

- ガラス工房 壜壥[TANTEN]
    鳥山高史 個展 -

2009.7.16(木) - 7/24(金)
11:00-17:00
会期中無休
<作家在廊日 7/16(木)>

c0155980_2404949.jpg















<写真:ココット>
[PR]
# by yukuri-2006 | 2009-06-30 23:04 | *展示会案内 | Trackback | Comments(4)

「日本の手仕事」

こんばんは。

本日は、倉敷に行って参りました。

ということで、先日お知らせした、天沼徹さんの個展も伺ってきました(^^)

いやー、よかった。。
高い技術に裏打ちされた、心が洗われるような凛として美しい作品の数々。
「黒と白の器」という副題ですが、コバルトの青も澄んで宝石のような深い色見です。
今回は、今まで見たことがなかった、釉薬による絵付けの作品もありました。


とにかく目の保養になります♪
日曜日までありますので、是非足をお運びになってください(^^)



それから。。

今、「スペースみき」さんで

「日本の手仕事」

という展示をされています。

民藝の陶磁器やかごものなど、素朴な美しいものがいろいろ
ありました。(私はかごを買いました(^^))

こちらも是非♪


ここのところ、民藝が気になり始めています。
もともとシンプルなものは好きですが、なんというのでしょうか、
あの底辺に流れる確固とした力強さというか、正直さというか。。

奥深いものだと思いますが、もっと勉強してみたいと思っています。
こんな近くに本場があることに感謝。

***********************************

「日本の手仕事」

日 時 : 6月19日(金)~7月5日(日)
10:00~18:00
【休廊日】 月曜日
場 所 : スペースみき(倉敷市)
内 容 : 手仕事によって作られる実用品の中から、伝統的な技の確かさを伝えるもの、
      日々の暮らしに役立つよう工夫・改善された新作品を展示する。

***********************************

地図などはこちらをご参考に。。
http://www.rsk.co.jp/gallery/map/index.html
[PR]
# by yukuri-2006 | 2009-06-25 00:49 | *展示会案内 | Trackback | Comments(4)

小川壮一さん個展

天沼さんに続いて、個展のお知らせです。

「フィールド・オブ・クラフト倉敷」にも出展されていた備前焼の小川壮一さんが、
明日24日より天神町の明日香画廊で個展をされます。



The Third 小川壮一陶展

2009年6月24日(水)- 6月29日(月)
午前11時~午後6時( 最終日午後3時終了)

明日香画廊
〒700-0814 岡山市北区天神町10-18
電話 086-222-2854



DMには、卵のような造形がずらりとならんでいます。
その正体は。。
「egg flower vase」とあります。花入れなんですね(^^)
実は私、かなり好きな形状。見に行きたいなあ。

詳しくはこちらを。
http://www.rsk.co.jp/gallery/okayama.htm
[PR]
# by yukuri-2006 | 2009-06-24 00:02 | *展示会案内 | Trackback | Comments(0)

天沼徹さん個展

本日より、天沼徹さんの個展が開催されます。

内容は、

「黒と白い器」。

是非、お出かけになってみてください。


日時:2009.6.23(火)-28(日)
    AM9:00 - PM5:30
    (最終日はPM5:00まで)

場所:〒710-0054
    倉敷市本町7-2
    086-424-0517

    倉敷アイビースクエア内
    愛美工房 愛美ギャラリー (工房売店 2F)


天沼さんご本人もいらっしゃると思います(^^)


c0155980_234607.jpg

[PR]
# by yukuri-2006 | 2009-06-23 08:15 | *展示会案内 | Trackback | Comments(0)
明日は、本来はお休みなのですが
この地域の

「キャンドルナイト」

のイベントに、今年も参加しています。


結構いろいろ決まったのが急だったのですが、
ゆくりでは、瓦職人さんによる古い瓦を台に使った照明を灯しています。

どうぞお散歩がてらお越し下さい(^^)


日時:2009.6.20(土)
    PM7:30~PM9:00


ゆくりの場所はこちらです(^^)


追伸: 当日の様子です。
     瓦職人さんは、「田丸瓦」の田丸誠さん。

     もし、ご希望の方がいらっしゃったら、どうぞお問合せください(^^)


c0155980_1241078.jpg

c0155980_1272461.jpg
c0155980_1262384.jpg
c0155980_1251357.jpg
[PR]
# by yukuri-2006 | 2009-06-19 22:26 | *イベント | Trackback | Comments(0)
今年も入荷しました、工房ヘキザンさんの備前風鈴です。

毎年、岡山市街を「風鈴電車」が走っているのをご存知ですか?
こちらの風鈴が使われています。

作られているのは、作家の岡本白水さん。
巧みなろくろ技術で、とても薄く挽かれているので
美しい音がでます(^^)


c0155980_22171970.jpg

[PR]
# by yukuri-2006 | 2009-06-19 22:17 | *作品紹介 | Trackback(1) | Comments(2)

石川さんのガラス

なかなか書けず
ご無沙汰しておりました。


こちらは石川昌浩さんのガラスです。
揺らいだ感じの小さなグラス。

c0155980_2291469.jpg

[PR]
# by yukuri-2006 | 2009-06-19 22:10 | *作品紹介 | Trackback | Comments(2)

届いています

ご無沙汰しておりました。


新しい器がぞくぞくと届いております。

では、新着順に。。


京都の井内素(いうち・もと)さん。
以前、倉敷のクラフトフェアにもいらっしゃっていました。

c0155980_1611272.jpg   







ボウル(小)  2730円




井内さんの作品は全部手びねりで作られています。

「どうしても電動ろくろよりも時間が掛かってしまうんですよね」

とおっしゃっておられましたが、手びねりのイメージが変わるくらい
洗練されていて、薄く美しいフォルムです。


すごく丁寧なお仕事をされていて、手跡がとてもリズミカル。
模様の一つになっています。

こんな感じです。おわかりになるでしょうか。。

c0155980_1613505.jpg



他に入荷した作品です。


c0155980_16441886.jpg







フリーカップ  3360円





c0155980_16472780.jpg







コーヒーカップ  2940円




今回はアイテム数が少なかったのですが、
また今後お願いしていこうと思っています(^^)


井内 素さん プロフィール

1973  高知県生まれ
      陶芸家の父のもとに育つ
2000  京都伝統工芸専門校卒
2002  伏見にて作陶
      京展入選
[PR]
# by yukuri-2006 | 2009-06-09 16:57 | *作品紹介 | Trackback | Comments(4)
間が抜けちゃいましたが。。たまった仕事をやりつつ、やっとやっと書けました(--;)
もういろんな方が書かれているので、行かれなかった方も大体ご存知かしら。。

今回は2日とも天気が良くて暑かったので、去年の雨が降って寒いのとは
また違う苦労もありましたが、なんにしても無事終了してよかったです。

前日までの妹の手伝いとあわせて、妙に忙しかったので
残念ながらあまり落ち着いてみることができなかったのですが、
時々まわってなんとか撮れた写真です(^^;)。

例年に増してお客様も多く、なんと東京から日帰りでお見えになったという方も。
ETC1000円の効果もあったかもしれませんね。

まずは、毎回人気の十河さんのブース。
今回は展示販売だけでなく、それぞれの作家が工夫を凝らして
制作の現場を少しでも体感していただこうという趣旨がありました。
それを「手仕事の音」と表現したのですが、十河さんブースでは
ろくろ場が出現。
(もってこられるの大変だったと思います。。(^^;)

c0155980_18284923.jpg
c0155980_18291774.jpg


ゆくりでもお世話になっています、備前焼の小川壮一さん。
小川さんは、制作の様子をアルバムとパネルで展示されていました。
これ、とても面白かったです!
お店にも欲しいくらい。。
窯出しされたということなので、またお邪魔しなければ。

c0155980_18303788.jpg


c0155980_18314644.jpg



今回も引き続き出展されていた、常滑の角掛政志さん。
黒釉と粉引きは以前から手がけられていましたが、今年は新しい釉薬の作品を
持ってこられていました。
形も以前にない感じのものも。

c0155980_18364264.jpg
c0155980_18374930.jpg



まさに「手仕事の音」を響かせていた寺本英幸さん。
希望の方に、「フライパンをつくる」ワークショップをされていました。
制作時間は3時間以上だったようですが、お客さんも熱心に鎚を振り下ろしていました。

c0155980_18401424.jpg
c0155980_18403917.jpg



それから、可愛くて子供たちにも人気だった、松島志織さんのフェルト作品。
許可を得て、ちょっと大きめに撮らせていただきました。
洋犬も可愛いんですが、個人的に柴犬が大好きなんでやはり目を惹かれました(^^)
本当に、一体が出来上がるまでにため息が出るほど大変な工程です。

c0155980_18414282.jpg
c0155980_18435542.jpg



こちらは、妹のブース左隣、「翁再生硝子工房」の森岡英世さんと管深雪さん。
リサイクルガラスだそうですが、懐かしいような独特の雰囲気でした。
(7/4から7/12まで、赤磐市の「カフェ ド グラス」併設の「921ギャラリー」さんで
 二人展をされるそうです)

c0155980_18501079.jpg


右隣は、ゆくりでも作品をお願いしている新藤佳子さん。
糸車を初めて拝見しました。

c0155980_2256112.jpg



それから。。絵付け中の貴美子さん。
線を引いているところなんですが、私もちょっとやらせてもらって思ったのですが
まっすぐ線を引くって、案外難しい。
どうしても斜めになっていくんです。
・・・根性はゆがんでないと。。思う。。のですが。たぶん。

c0155980_2321011.jpg



小野寺友子さんのブース。
残らず欲しいくらい、素敵な作品ばかり。
お料理上手の小野寺さんは、自宅で使われている様子をアルバムにされていました。

c0155980_2352671.jpg



お隣同士のブース、松原竜馬さんと角田淳さんご夫婦。

c0155980_2363637.jpg

c0155980_237341.jpg

角田さんには、ポットをお願いしています。

こちらもご夫婦、田鶴濱守人さんと優香さん。

c0155980_23101721.jpg




ワークショップの方も大賑わいでした。

c0155980_23134162.jpg


今年初めての参加、アブリルさんの指編みワークショップは一日で百人以上のお客さまだったそうです。
c0155980_23171279.jpg



今年はフェリーぺ中村さん率いる音楽隊も。

c0155980_2330423.jpg



写真は撮れなかったのですが、野菜食堂こやまさんのカレーをいただきました。
外で食べても美味しかったー。。
またお店のほうに食べに行かなくては。



今年で4回目のイベントでしたが、かなり浸透してきた感じです。

お約束していた方と少し話ができたという程度で、落ち着いて見ることが
あまりできなかったのが個人的に残念なところですが
(特に、松村英治さんの、もっとちゃんと見たかったー。。)
ブースも多かったのもあってかなり充実した内容でした。
お客さんの滞在時間が今まで以上に長かったよう。

「フィールド オブ クラフト倉敷」を迎える度に、自分の中でも
少しづつ何かが変わっていく気がしています。
[PR]
# by yukuri-2006 | 2009-05-29 23:52 | *イベント | Trackback | Comments(6)

展示会情報

今日は姉の方です。
クラフトフェアから結構時間が経ちましたが、
なかなか更新できずにすみません。

クラフトフェアのまとめもしないとなんですが、

現在開催中の展示会情報を。


「お祭り騒ぎ展」


岡本白水さん(備前焼)・恵恵さん(天然石アクセサリー)・
山口紀子さん(立体造形)による、グループ展です。

日時 ~2009.5/28(木)
     10:00-18:00

場所 921ギャラリー(カフェドグラス)
    〒709-0816
    岡山県赤磐市下市92-1
    (086)955-4548

http://www1.odn.ne.jp/~cao34500/ibent.html


「SYNERGY73で大行進♪」

こちらも岡本白水さん。
足つきのものが勢ぞろい。

日時 ~2009.5/31(日)
    (26日はお休みです)
    14:00-26:00(最終日 20:00迄)

場所 SYNERGY73
    〒700-0814
    岡山市北区天神町2-1 天神ビル2F
    (086)222-0730

http://map.doko.jp/m/sc=70155434


「つかえる4人展」 vol.4

加藤直樹さん(岡山)・栢菅浩さん(岡山)・岡野昭吾さん(広島)・小板奈奈恵さん(広島)
の、毎年恒例のグループ展です。


日時 ~2009.5.31(日)
     10:00-6:00(最終日5:00)

場所  スペースみき
     〒710-0046
     倉敷市中央1-6-8
     (086)422-7406

地図はこちらをご参考に。。
[PR]
# by yukuri-2006 | 2009-05-25 16:40 | *展示会案内 | Trackback | Comments(0)

岡山市北区撫川173-1


by yukuri-2006
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30