加賀雅之さんのこと③

お話している中で、印象に残った言葉があります。


「打ち上げ花火をあげなくてもいい、
この仕事を長く続けてゆくためにも
目と手と心が届くところで仕事がしたい」


メーカーに勤務されていた経験があったからこそ
出てきた思いを大切にされています。

自分にとって本当に大切なことは何か、
どうありたいか。


会期中、時間が終わってから何度もお話をすることが
ありましたが、加賀さんは本当にぶれない。
そして、自分のことより人のことを心配する方なんですよね。

素晴らしい方とお仕事できて、それがとても光栄で
終わった後も、うれしい余韻がずっと残っていました。

展示会はその日までいろいろお話をする機会が多く、
その分人柄に触れることも多いですが、いいものを作っている方は
やはり感動も多いです。

流れの速い時代であっても、きっと加賀さんは
地に足をつけて歩まれるだろうなあ。


明日明後日、もしフィールドオブクラフト倉敷
加賀さんと会われたら、どうぞお話ししてみてください。
「心が届く」人です。

加賀雅之さんHP 「Semi-Aco  木のものづくり」

ブログの中で、ゆくりや私についても
取り上げてくださっているのですが、
とてもじんわりきました。
加賀さん、本当にありがとうございます。

来年もお約束しておりますので、また楽しみになさってください。
もちろん常設も。


最後に、次の記事で木工のお手入れのことを
お聞きしたものをアップしますね。



こちらの写真は加賀さんからお借りしたものです。
小さなのがちょっとほしい時があるんですよね、
カッティングボード。コースターにも使えてとても便利です。

c0155980_20074982.jpg


c0155980_20061949.jpg







[PR]
by yukuri-2006 | 2016-05-20 20:17 | *工房訪問 | Trackback | Comments(0)

加賀雅之さんのこと②

木と加賀さん


工房を訪れた際、製材されてこれから家具や器になる
原木を見せてくださいました。
c0155980_16064114.jpg


「作品になるとわかりにくくなりますが、これは
立っていた時のままの姿なんですよね。
僕より長く生きてきたんだな… と。
なるべく無駄がないように使わせてもらいますからと、
自然に手を合わせたくなるような気持ちになります」



単に材料としてみるのではなく、敬意を払って向かう姿に
改めて心を動かされました。
こういう方だから、自然と作品にも、優しさだけでなく
凜としたものが滲むのかもしれません。

でも、本当はなんでもそうなのでしょう。



普段は暮らしの中で、
楽しく、何気なく使い、
時にはその言葉を
思い出して慈しめたら。
そうすればもっと心豊かに
なれそうな気がします。



続きます。                        


[PR]
by yukuri-2006 | 2016-05-20 19:37 | *工房訪問 | Trackback | Comments(0)

加賀雅之さんのこと①

4月24日までゆくりで個展していただいた加賀雅之さん。
陶器やガラスが多かったゆくりでは、個展として
展示会をしてくださった初めての木工作家さんです。

木工の世界に飛び込まれたのは30歳の頃。
東京、香川でメーカーの営業の仕事をされていましたが、

「木工を、ものづくりを仕事にしたい、
自分の手で作ったものをお客様に届けたい」

という思いから、岐阜県高山市の職業訓練校木工科に
入校されました。

卒業後は高山市内の木工会社に勤務しながら、
仕事が終わると、独立を志す仲間と借りた
作業場で注文家具を夜中まで作り続ける日々。

飛騨に移住して7年が過ぎた頃、
2012年に縁あって岡山は美作市上山の地にて
独立・開房されました。

上山、岡山の方は棚田のことで耳にされたこともあるかもしれません。
伺った頃はまだ冬でしたが、今は緑が眩しい棚田が見られると思います。
c0155980_15203063.jpg

c0155980_15171870.jpg


「周りに家がないから音も気にしないで仕事できるんですよ」
母屋に隣接する工房では、毎日夜遅くまで制作に打ち込まれています。
工房は高山から一年通って準備をされたそうです。

c0155980_15474570.jpg




工房名「Semi-Aco」のこと

独立して付けた工房名「Semi-Aco」は、エレキギターと
アコースティックギターの良さを併せ持つセミアコースティック
ギターから命名されたもの。そこには
「工業製品と工芸作品の間のような仕事がしたい」
という加賀さんの思いが込められています。

手跡を消すようにぎりぎりまで削ぎ落した引き算の作風。

「どんなに工業製品に近付けても、これは『加賀の仕事だ』と
いつかわかってもらえるようになれたら嬉しいです」

そう言われる加賀さんですが、精密で端正な中にも
温かみがある作品は、すでにご本人そのものであり
穏やかな中にも一貫したぶれない芯の強さを感じます。

c0155980_15565361.jpg


真っ直ぐな美しい彫りにサクサク彫っているようにも思えてしまいますが
削りかすを見ていただくとわかるように、一刀一刀進めて彫ったもの。
木を彫るというのは、想像以上に堅くて力が要る仕事なんですね。


続きます。



[PR]
by yukuri-2006 | 2016-05-20 16:00 | *工房訪問 | Trackback | Comments(0)

ご無沙汰していました

大変ご無沙汰しております。
そしてお休みも多く申し訳ありませんでした。

今年はいろいろ動かなければならないこともあり
一人ですのでお休みさせてもらうことも度々あるかもしれません。
でも、急なことはご迷惑になりますので極力ないようにと思います。
お休みの間にもし来てくださった方がおられましたら、大変申し訳ありませんでした。


寺園証太さんのDM、今回かなり時間掛けて作りこんでいます。
いや、毎回これ以上できないと思うところまで全力なんですが、特に濃いものになりそうです。
岡山では初個展とのこと。
地元の方の地元初個展。気が引き締まります。
でもうんと楽しいものに、寺園さんの魅力全開でいきたいと思います。

さて、明日明後日は倉敷の「フィールドオブクラフト倉敷」。
先日個展してくださった加賀さん、そちらに参加されています。
加賀さんのことをこちらにも書かなければとずっと思っておりました。
本当は一番に書かねばのところなんですが(汗)

ではでは、次の記事からスタートしますね。



いい季節ですね。
茶菖蒲の花が咲きました。
c0155980_14451480.jpg

小さくて心配していた山アジサイも無事繊細なお花をつけました。
c0155980_14504078.jpg





[PR]
by yukuri-2006 | 2016-05-20 14:53 | *工房訪問 | Trackback | Comments(0)
新しく加賀さんの定番になった楕円皿。
重ねた姿も美しく、控えめに裏側に刃の跡。
制作は平らなものの方が難しいそうです。
c0155980_23032850.jpg

c0155980_23032922.jpg

c0155980_23033176.jpg


その楕円皿を使ってみました。
ガトーショコラはアトリエプリュスさんから。

c0155980_23033495.jpg



明日はアトリエプリュスさんのパンが再び並びます。
・ベーグル
・コーヒーメロンパン(一番人気です)
・プルマン(小さな角食)
・スコーン
・グラノーラ(アイスクリームに是非!)。
c0155980_23033621.jpg


前回買ってくださったお客さまから美味しいと絶賛されたラインナップです。

完売したので私はまだ頂いてないのですが、お客さまから
「ゆくりさんも全部召し上がった方がいいですよ絶対!」
とのお言葉を頂戴しましたので、多目に作って頂くことに。

13時までの予定でしたが、売り切れまで販売させて頂きます。

オープンは11時からです。
お待ちしております。







[PR]
by yukuri-2006 | 2016-04-22 22:55 | Trackback | Comments(0)
今日は4月16日から開催の、木工作家・加賀雅之さんの展示会のお知らせです。
「目と 手と 心が届く場所」
加賀雅之 木工展
2016.4.16(土)-2016.4.24(日)
11:00-17:00
展休日 4/19
(※木工ワークショップ企画開催)
c0155980_15153208.jpg


加賀さんと作品、展示会内容についての詳細はまた掲載させて頂きます。

展示会中企画はいくつかあるのですが、まずは先ほどご紹介した木工ワークショップについてお知らせします。

**********
ワークショップ
「onigiri皿を彫る」
c0155980_15153502.jpg

ご自分の手でonigiri 皿を作ってみませんか?
出来上がった作品にお茶と焼き菓子をのせてお召し上がり頂きます。

4/19(火)
第一部 12:00-14:00
第二部 15:00-17:00
参加費 3500円 お茶と焼き菓子付

ご予約は本日4/3 20:00より受付開始させて頂きます。
yukuri2006@icloud.com
まで
・お名前
・参加人数
・お電話番号
・ご希望の時間帯
件名に
「加賀さんワークショップ希望」
とお書き添えの上、お申し込みください。
(満席の場合は申し訳ございません。
何卒ご了承ください)

**********
お待ちしております。

追伸


ありがとうございます、満席となりました。

ご検討くださっていた方がおられましたら申し訳ありません。どうぞご了承ください。









[PR]
by yukuri-2006 | 2016-04-03 13:29 | *展示会案内 | Trackback | Comments(0)

入荷しました

今年は雨の多い春でしたが、いい季節になりましたね!
お天気でも気温は爽やかで、過ごしやすい岡山の今日この頃です。

今日は入荷のお知らせを。
山口のほりたろうさんの木工作品です。

カッティングボード、匙などを中心に
いろいろ届いています。

カッティングボード各種(ナラ、ブラックチェリー )
*革紐も付けられます。
(W14.5〜17×D33.5〜37×H1.5〜2cm)
4104円〜
c0155980_13582396.jpg

こちらは小さめです。
(W17.5〜18× D24〜26 × H1.5〜2cm)
3780円
c0155980_14104133.jpg


c0155980_14150860.jpg

c0155980_15091287.jpg

c0155980_14362758.jpg

左上のバターナイフと左下の匙、鳥形になっているのです。
持ち具合もちょうど良くてとても可愛らしい作品。
c0155980_14511628.jpg

調理道具類
c0155980_14231287.jpg

c0155980_14285402.jpg

小皿
*箸もほりさんの作(今後入荷予定)です。
c0155980_14471712.jpg

箸置
c0155980_14485958.jpg


ほりさんの略歴
1976  山口県生まれ
1995  長野県上松技術専門学校卒業
1995~ 奈良にて佛像彫刻を学ぶ
2003 山口県周南市美術展/大賞
2007  立体以外にスプーン・器などの制作を始める

匙にも、仏師としての勉強をされた名残がどことなく残っているような気もします。
メッセージに
「木のスプーンや器は毎日手が触れ使うことを繰り返すことでいい色、
ツヤになってくれるので、変化を楽しみながら毎日使ってもらえたら嬉しいです!!」
というお言葉を頂いています。

素朴さの残る、一つ一つ丁寧に作られた作品です。
どうぞ一度お手に取ってみてください。

発送もできますので、気になられるものがございましたらどうぞお尋ねください。
yukuri2006@icloud.com

*******************************
<ゆくりからのお知らせ>

・5月15日(金)19:00開場19:30開演
いよいよ近くなってまいりました。
当店にて坂ノ下典正さんのギターソロライブ開催します。
とても情緒豊かな美しい音を奏でる方です。
是非ご来店ください。(定員20名様)
http://hibiyukuri.exblog.jp/23963957/

・5月16日(土)17日(日)
10:00-17:00
倉敷芸文館前広場にて
第10回フィールドオブクラフト倉敷が
開催されます。
http://field-of-craft.com/


*ゆくりへのご案内はこちらへ*
[PR]
by yukuri-2006 | 2015-05-10 15:06 | *作品紹介 | Trackback | Comments(0)

小林克久さんの木のお皿

ご無沙汰しております。
ようやく過ごしやすくなってまいりました。
気がつけば9月。
庭で大合唱していた蝉はいつの間にか静まり、
今は秋の虫が鳴いています。

まだ途中にしていることもありますが、
小林克久さんのお皿が届きましたので
まずはご紹介を。

Plate 18㎝ 5250円
c0155980_228462.jpg

春にお願いしていたものですが、
とても使いやすく重宝しています。
削り跡がいいんですよね。

サラダを盛るとこんな感じです。
c0155980_22151697.jpg


仕上げには食用になる荏胡麻油を施してあるそうで、焼き物とは逆に油分の多いお料理に積極的にお使い頂く方が器のためにいいそうです。
(焼締や粉引きの陶器はシミになることがありますので、最初はお避けになった方がいいです)

それから、これからさらに活躍のオーバル茶筒。
6825円
c0155980_22205676.jpg

たまたま入っていた木の模様がワンポイントになっています。
ぴったりした内蓋もついていて、とても美しい茶筒。
お茶を飲む楽しさをより盛り上げてくれます。
[PR]
by yukuri-2006 | 2013-09-01 22:24 | *作品紹介 | Trackback | Comments(0)

小林克久さんの茶筒

こんばんは。
今日は木工の作品をご紹介。

岡山の作家、小林克久さんの茶筒です。
(6825円)
c0155980_2350226.jpg


しっかりした中蓋も付いていて、素朴でいて美しい形。
使っていて嬉しくなるような、凛としつつも愛らしい作品です。
かなりオススメです!

今はお皿をお願いしているのですが、夏にはお届けくださるとのこと。
とても楽しみにしています。


小林さんは、ご出身は群馬県。
インテリアデザイン事務所、デザイン系専門学校講師を経て、’02年木工作家として独立されたそうです。
基本的には家具を作っていらっしゃいますが、こうした小物は独学で学んで制作されるようになったとのこと。
現在は岡山を始め、全国的に活動の場を広げていらっしゃいます。


洗練されたラインやピンッとした面、凜とした佇まい。
そして、ちゃんとしたモノを作る。
そんな木工作家を目指して日々精進。

作品に対してのお気持ちをお聞きすると、こんなお言葉を頂きました。

とっても親しみやすい、気さくないい方ですよ(*^^*)





~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

いつもありがとうございます。
どうぞよろしくお願いいたします。


***ranking***
[PR]
by yukuri-2006 | 2013-06-11 00:13 | *作品紹介 | Trackback | Comments(0)

岡山市北区撫川173-1


by yukuri-2006
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31