松原竜馬さん角田淳さんの二人展、
昨日をもちまして終了致しました。
c0155980_00091780.jpg
一ヶ月に渡る展示会、足を運んでくださったりこちらをご覧くださった皆様、本当にありがとうございました。

お二人からも「お客様に少しでも喜んでいただける仕事ができていたら本当によかったと思います」とお言葉頂きました。

2014年から4年振りの展示会。
当時の作品も素敵でしたが、4年経ってのお二人の作品にはさらに繊細さと深みが増していました。
作り続け、研究していく「重ねていくことの力」を感じます。
c0155980_00094591.jpg

c0155980_00094592.jpg

3年後に、とお話をしましたが、次ご覧いただける時にはどんな作品を見せてくださるのかますます楽しみが増えました。

うつわを選ばれている時のお客様のお顔はいつもとても楽しそうで、いい仕事をさせてもらっていることに気付かされます。今回もたくさんの笑顔を見させてもらって私も幸せな時間でした(*´-`)
この度の展示に関わってくださった、今枝ゆかりさん、蒜山耕藝さん、荒木康太さん、naraさん、そして松原さん角田さん、本当にありがとうございました!


作品は一部買い取りさせてもらって、また改めて常設でご覧いただきます。
展示会の作品のお問い合わせなどありましたら10/19までは対応させていただきますので、作品についてはHPをどうぞご覧ください。




お二人の仕事のこと、「ミンゲイサイコウ」さんで
取材されています。
さらに深く知ることができますので、是非ご覧ください。
https://mingeisaikou.com/

次は11/17より中矢嘉貴さんの2年振りの木工展です!
またご案内させていただきます。




[PR]
# by yukuri-2006 | 2018-10-16 23:55 | *作品紹介 | Trackback | Comments(0)
14日日曜日まで延長させてもらっている松原竜馬さん
角田淳さんの二人展ですが、明日(といっても日を
跨いでしまいましたが)11日木曜日のみお休み
させていただきます。

メールなどはどうぞご遠慮なく
お問い合わせください(^^)

写真は松原竜馬さんの粉引8寸たわみ皿。
c0155980_01545931.jpg


初めてお会いした時、これでカレーを食べていると
松原さんが言われていたのを思い出します。
皿ですが、たわみがあることで汁があっても大丈夫。
ロングセラーです。


松原さんの粉引は「何気なさ」が素晴らしいのです。
シンプルで飾らない。

でも緩やかな曲線にはたおやかさがあって、
一つ一つの姿、釉薬のきめ細やかさが美しい。

同じ白でも、よく見ると艶があったりマットな
質感があったり、それぞれに違っていて表情豊かです。

この会期で長く拝見してますます魅力を感じています。



添えてあるのは昨年12月から今年1月まで展示会を
させていただいた蝶野秀紀さんの五角箸。
蝶野さん、広島県福山市「ギャラリーくわみつ」さんで
ただ今個展中(10/17まで)です。







[PR]
# by yukuri-2006 | 2018-10-11 01:52 | *作品紹介 | Trackback | Comments(0)
秋晴れの一日でした。
今日もありがとうございました。

14日までの営業日、あと4日となりました。
終わりが近づく度、いつも名残惜しく
感じます。

角田さんの、パーツの一つ一つが美しい
ペンダントライト。
食卓の上などに。
c0155980_00532983.jpg

c0155980_00532942.jpg

14日まではネットからもご注文いただけますが、夜の灯りの雰囲気を実物でご覧になりたい方はどうぞご遠慮なくお問い合わせください。20時まで大丈夫です。

※作品はこちらからご覧ください。
ゆくりHP
http://www.yukuri-utsuwa.net/





[PR]
# by yukuri-2006 | 2018-10-10 00:52 | *作品紹介 | Trackback | Comments(0)

加賀雅之さんの木の器と

奥の間には常設展示もあって、
他の作家さんの作品も楽しんで頂いています。
 
こちら1枚目は先だって納品してくださった
加賀雅之さんの「round plate」に角田さんの
面取りマグとれんげを。
c0155980_00581649.jpg

c0155980_00581640.jpg
こちらのpan皿には松原さんの面取りカップを。
c0155980_00584800.jpg

round plateの材は桜のオーダーで作って
頂きました。 

前回の展示会で人気で完売していたCMS(コーヒーメジャースプーン)、定番のpan皿(オニグルミ)なども入荷しています。

加賀さんは10/13,14に開催される
千葉県市川市の「工房からの風」に
出展されます。お近くの方は是非。


松原さん角田さんのページのように、
今後作家さんごとの紹介ページを
作っていきたいと思います。
(松村さんのもあと少しです!)



[PR]
# by yukuri-2006 | 2018-10-08 00:55 | *作品紹介 | Trackback | Comments(0)
ネットからも日々ご注文を頂き、
ご覧くださってありがとうございます。

展示会中でどうしてもお時間掛かって
しまいますが、恐縮ですが今しばらく
お時間頂けたらと思います。

こちらは松原竜馬さん、スリップウェアの
長方鉢(21㎝×15.3㎝×高さ4㎝)。 
こちらからもご覧頂けます。
c0155980_01274583.jpg

c0155980_01274555.jpg

c0155980_01274647.jpg

c0155980_01274636.jpg

c0155980_01274605.jpg


松原さんの作品は、粉引もスリップウェアも
硬い焼物なのに柔らかくて、でもかっこよく
写真で写しきれない色気があります。

「地に足の付いた」というか、物静かな中に
強さがある、間違いなく日々の食卓で長く
活躍してくれそうな安定感。
器が作り手を体現している一つの
例のようにも思えます。

スリップウェアは一般的には17〜18世紀
イギリスで用いられた技法で、スリップ
(泥状の化粧泥)でうつわに模様を描く
ものです。

粉引は鉄分の多い赤い(黒い)土に白い
化粧泥 をかけたものですが、松原さんの
こちらは黒い 化粧泥を掛け、その上から
白い化粧泥をいっちんというスポイトの
ような道具で模様を描いたもの。

お付き合いし始めの頃の松原さんは粉引の作り手のイメージがありましたが、今はこのスリップウェアも松原さんの代名詞の一つ。

白い化粧泥を使う粉引からは自然な流れで
黒い化粧泥のスリップウェアを作り始められ
ました。

掛ける釉薬は飴釉であったり、藁灰釉で
あったり(松原さんの藁灰釉はクヌギの
灰も調合したもので濃い部分に美しい
グラデーションが作られます)。 

長方皿と並んで、間違いなくお料理の映える
スリップウェアの逸品です。




[PR]
# by yukuri-2006 | 2018-10-05 01:13 | *作品紹介 | Trackback | Comments(0)
本日はお休みでしたが、明日から10/14まで
(延長致しました。10/11木曜日はお休み
です)松原竜馬角田淳二人展続きます。

通販も開始していますので、
どうぞHPにお越しください。
http://www.yukuri-utsuwa.net/

c0155980_02332222.jpg

写真は角田淳さんのすみ切り皿(小)。
ブルーグレイ(単体で見ると白く見える
淡いブルーグレイです)とオフホワイト。
釉薬には卵の殻を砕いたものが入っています。

どちらも同じ釉薬ですが、使っている土と
焼き方で発色が変わります。
ブルーグレイの土のほうが鉄分の含有量が
多く、焼くことで釉薬に反映されます。




[PR]
# by yukuri-2006 | 2018-10-02 23:31 | *作品紹介 | Trackback | Comments(0)
昨日は台風のためお休みさせて頂き申し訳
ありません。すごい風で全国的に被害が
あったとのことですが、皆様大丈夫だった
でしょうか。
25号も発生していますが、どうぞ
お気をつけてお過ごしください。

松原さん角田さんにご相談して10/14日曜日
まで延長させていただくことになりました。
(途中10/11木曜日お休み致します)
最近会期延長が続きますが、何卒よろしく
お願い致します。
一ヶ月後は中矢嘉貴さんの木工展が
始まります!

本日より、松原さん角田さんの展示会作品の
通販とお取り置き(申し訳ありませんが
ご入金完了後、後日受け取りにお越し
いただける方に限らせて頂きます)を
承っております。

すでに通販ご希望があり完売になっている
ものありますが、またしても角田さんの
作品一覧にエラーが出て現在書き換えが
できなくなっております(汗)

直せるまでは作品の数量変化はページ内に
記載しておりますので、そちらをご参照
ください。
ゆくりHP
c0155980_23425401.jpg
こちらの写真は角田さんの碗。
シャープで凛とした美しいラインが美しい
だけでなく、指の引っ掛かりがよく持ちやすい
機能的なうつわです。



[PR]
# by yukuri-2006 | 2018-10-01 23:41 | *お知らせ | Trackback | Comments(0)
おはようございます。
台風の雨風がかなり激しくなってきました。

展示会中ではありますが、本日は臨時休業に
切り替えさせていただきます。
店内にはいますので、今日ご予定の方が
おられましたらどうぞご連絡ください。
(09028029786 安田)

どうぞお気をつけてお過ごしください。

写真は、naraの横田順子さんが活けて
くださったお花達。
ガラスの花器は三浦侑子さん。
c0155980_10215490.jpeg
c0155980_10230168.jpeg
c0155980_10210521.jpg
c0155980_10251856.jpeg
c0155980_10261804.jpeg
素敵なお花が入ると会場がグッと変わります。
ありがとうございます!


明日10/1から、通販とお取り置き承ります。
HPには松原さんと角田さんの作品一覧を作りました。

アップしたのでもうご覧頂けるのですが、、99%出来てから…
なぜかエラーが( ;∀;)…

明日までにはもう一回作り直します。

写真が違うところが一部あり、サイズがまだ
入っていませんがどんな作品があるかほぼ
ご覧いただけると思います。


遠方でお越しになれない方には残っている中でご覧いただくようになるので誠に申し訳ありません。
展示会での販売と並行するので先に売れて
しまうこともあり、残りの作品数も変わって
いくと思いますが、何卒ご容赦ください。
どうぞよろしくお願い申し上げます。



[PR]
# by yukuri-2006 | 2018-09-30 10:13 | *展示会案内 | Trackback | Comments(0)

角田淳さんのれんげ

雨の日が多い中で、秋晴れの気持ちよい日
でした。
今日もお越しくださってありがとう
ございました!

こちらは角田淳さんのれんげ。
c0155980_00053125.jpg

この、小さくてくねりとした形が
なんとも可愛らしいのですが、
手にするとしっくり馴染みます。

こちらの写真は、松原家の食卓から。
c0155980_00050870.jpg



是非実物を手に取ってご覧頂けたらと思います。

明日もお待ちしております。





[PR]
# by yukuri-2006 | 2018-09-28 00:04 | *作品紹介 | Trackback | Comments(0)
今日もありがとうございました。

こちらは松原竜馬さんのオーバル皿。
釉薬は工房の周りにあるクヌギを
暖炉で燃やしてできた灰を使われています。
c0155980_23141965.jpg

薄くかかった部分と濃い部分のグラデーションが見事で、見とれるほど美しい。
写真で表現しきれないのがつらいです…!

土の竜馬さんと磁土の淳さん。
この釉薬は淳さんと共有されていて、
それぞれに土との組み合わせや焼き方で
多彩な表現になっています。




[PR]
# by yukuri-2006 | 2018-09-26 23:13 | *作品紹介 | Trackback | Comments(0)
今日はお休みをいただきましたが、
また明日から再開です。

10/1からのお取り置きと通販お問い合わせに
向けてHPで一覧でご覧いただけたらと準備
しています。

写真は角田淳さんの隅切りの豆皿。
漆塗りのお箸は蝶野秀紀さんです。
c0155980_01075849.jpg


折り返しの週になりましたが、まだまだ
ご覧いただけるものたくさんあります。
たくさん作ってくださいました😊

お待ちしております。








[PR]
# by yukuri-2006 | 2018-09-26 01:05 | *展示会案内 | Trackback | Comments(0)
昨日荒木さんのシャインマスカットを
買ってくださった皆様、ありがとう
ございました。


松原竜馬さんのスリップウェアの長方鉢、
角田淳さんのオーバル皿に荒木さんから
頂いたシャインマスカットを。
c0155980_15504228.jpg
c0155980_15522282.jpg

初めての荒木さんのシャインマスカット、
ちょうどよい甘さで美味しくていつもより
たくさんパクパク食べてしまいました。

コツコツと真面目に
地道に仕事される荒木さん。

物事に対する真摯な姿勢と、地味に思える仕事
にもその中に面白さを見つけて楽しまれる
お人柄にもとても感銘を受けました。

こういう方が物作りで良いものを
生み出していかれるんだろうなあ…と。

応援…というのもおこがましいですが、
毎年荒木さんの葡萄を食べたいと思いました。

今年受け継がれた葡萄畑は、これから
どんどん「荒木さんらしい葡萄畑」に
なっていくと思います。

また来年、こちらでも召し上がって
頂きたいと思います。





[PR]
# by yukuri-2006 | 2018-09-24 15:47 | *作品紹介 | Trackback | Comments(0)
再掲になりますが…
先日、今枝ゆかりさんのお料理の会で
お世話になった荒木康太さんの
シャインマスカット販売会を明日開催します。
c0155980_00075626.jpg
日程
9/23日曜日 11:00より16:00まで
(時間前に売り切れになりましたら終了となります)

当日ご購入もできますが、もしご希望の方が
おられましたらご予約お待ちしております。

yukuri2006@icloud.com
※贈答用のご注文も可能です。

. ......................
.
荒木康太さんは、6月にご紹介した桃農家の
竹中祥晃さんとは中学時代からおよそ20年来のご友人。
.
早島の竹中さんの桃畑の隣に
荒木さんの葡萄畑があります。
当時はまさか果物農家になって隣畑同士に
なるとは夢にも思わなかったと言われていました。

葡萄農家としては今年1年目で初めての収穫です。

今の畑はご高齢の畑主さんから引き継がれた
のですが、2反(坪にすると600坪、
畳でいうと1200畳!)をお一人でコツコツと
世話されています。
実際に現場で拝見しましたが、これを一人で…
と考えると気が遠くなりそうでした。
今後はさらに広げてご自身でも新しく
葡萄の苗木から育てるご予定。
c0155980_23100509.jpg

土を柔らかくし肥料の意味もある草生栽培で
育成されています。
除草剤を使わず農薬もなるべく使わず、
を心がけたいとのこと。
(本来葡萄の棚はもっと高いのですが、
前畑主さんのご都合で低くされています。
身長184cmの荒木さんにはちょっと
大変そうでした😅今後改良されるそう)

当日は荒木さんのご自身による直接販売で、
ご試食した上でご購入できます。
酸味と甘さのバランスの良い、幾粒でも
食べられるシャインマスカットです。

先日少し早めに収穫したものがすでに
美味しかったですから、期待してお越し
頂けたらと思います。

お人柄も実直な荒木さん。
多くの方に召し上がっていただければ、
これからの応援になることと思います。

どうぞよろしくお願い致します。


[PR]
# by yukuri-2006 | 2018-09-22 15:05 | Trackback | Comments(0)
こちらは松原竜馬さんのカフェオレボウル。
一つ一つ存在感があります。

c0155980_23401647.jpg

c0155980_23401629.jpg

c0155980_23401668.jpg

c0155980_23401751.jpg

c0155980_23401791.jpg


こちらは角田淳さんの縦長ポット。
c0155980_23404720.jpg



明日もお待ちしております。





[PR]
# by yukuri-2006 | 2018-09-19 23:39 | *作品紹介 | Trackback | Comments(0)
c0155980_00062081.jpg

10/1より、お取り置き、
通販お問い合わせの
受付を開始いたします。

(一度お越しになった方は
いつでもお問い合わせ頂けます)

ある中から、ということになるので
残っている中で選んでいただくようになり
誠に申し訳ありませんが、何卒ご了承
ください。

明日からまた再開。
お待ちしております!

_______
空気を纏う

松原竜馬 角田淳 二人展

2018 .9.8 (土)- 2018.10.8(月・祝)
11:00 - 17:00
今後の展休日    
9/25 (火) 10/2(火)


9/23 11:00-
荒木康太
シャインマスカットの会
(ご試食してからご購入できます/
ご予約も承ります)
c0155980_00075626.jpg

________

陶器をつくる松原竜馬さんと
磁器をつくる角田淳さん。

静謐な空気を纏う、お二人の
存在感のある作品。

時代を越えて生き残ってきた
古い道具の美しさに似ているように
思います。

美しさと、使い勝手の良い実用性を
兼ね備えたうつわ。

年を重ねるごとにさらに作品に深みを
増していく、お二人の「今」を是非
御覧頂きたく思います。


期間中、時間外でもお問い合わせください。
出来る限りご相談に添わせて頂きます。





[PR]
# by yukuri-2006 | 2018-09-18 23:54 | *展示会案内 | Trackback | Comments(0)
今日もありがとうございました。
明日9/18火曜日はおやすみです。

夜の店内。
c0155980_23374945.jpg

照明の雰囲気を夜ご覧になりたい方も
ご遠慮なくご相談ください。


こちらは角田淳さんのクグロフ(大)。
いつも人気の作品です。
c0155980_23385523.jpg


松原竜馬さんの粉引と飴釉のすり鉢。
そのまま卓上に。
盛鉢として使うことも。
c0155980_23391849.jpg

また9/19水曜日よりお待ちしております。






[PR]
# by yukuri-2006 | 2018-09-17 23:36 | *作品紹介 | Trackback | Comments(0)
c0155980_23065523.jpg
先日、今枝ゆかりさんのお料理の会で
シャインマスカットを提供してくださった
荒木康太さんのシャインマスカット販売会が
決まりました。
デザートに添えるのに果物が、葡萄など
あるといいね、とお話していたところで
ちょうど良い出会いとなりました。

松原さん角田さんの展示会会期中ですが、
お二人からも

「販売会ぜひぜひお願いいたします。
とってもおいしかったです。本当に。
これから、たくさんの方に知っていただく
機会がどんどん増えるといいですね」

とお言葉を頂きました。

お心遣い、ありがとうございます!

日程
9/23 11:00より16:00まで
(時間前に売り切れになりましたら
終了となります)

当日ご購入もできますが、もしご希望の方が
おられましたらご予約お待ちしております。

yukuri2006@icloud.com 

※贈答用のご注文も可能です。

...................... 

荒木康太さんは、6月にご紹介した桃農家の
竹中祥晃さんとは中学時代からおよそ20年来の
ご友人。

早島の竹中さんの桃畑の隣に荒木さんの
葡萄畑があります。
当時はまさか果物農家になって隣畑同士になる
とは夢にも思わなかったと言われていました😊

葡萄農家としては今年1年目で
初めての収穫です。

今の畑はご高齢の畑主さんから引き継がれた
のですが、2反(坪にすると600坪、畳でいうと
1200畳!)をお一人でコツコツと世話されて
います。
実際に現場で拝見しましたが、
これを一人で…と考えると気が遠くなりそう
でした(^_^;)
今後はさらに広げてご自身でも新しく葡萄の
苗木から育てるご予定。

2枚目の写真でわかりますが、土を柔らかく
し肥料の意味もある草生栽培で育成されて
います。
除草剤を使わず農薬もなるべく使わず、
を心がけたいとのこと。
(本来葡萄の棚はもっと高いのですが、
前畑主さんのご都合で低くされています。
身長184cmの荒木さんにはちょっと
大変そうでした。
今後改良されるそう)
c0155980_23100509.jpg


当日は荒木さんのご自身による直接販売で、
ご試食した上でご購入できます。
酸味と甘さのバランスの良い、幾粒でも
食べられるシャインマスカットです。

先日少し早めに収穫したものがすでに
美味しかったですから、期待してお越し
頂けたらと思います。

お人柄も実直な荒木さん。
多くの方に召し上がっていただければ、
これからの応援になることと思います。

どうぞよろしくお願い致します。




[PR]
# by yukuri-2006 | 2018-09-15 23:05 | *イベント | Trackback | Comments(0)

玄関ディスプレイ


c0155980_12092053.jpg


雨が続きますがこういう日は
緑がきれいに見えますね。

本日も松原竜馬さん角田淳さん二人展です。
(10/8まで)

写真はお二人の作。
オーバルの白い磁器とワインジャグは
角田さん、飴釉の陶器は松原さん。
型は同じでもそれぞれに違う雰囲気が
あります。

近くで見ないとわからない釉薬の表情が
ありますので、期間中もっと詳しく
作品をご覧頂けたらと思います。

スワッグと店内のお花はnaraの
横田順子さんにお願い致しました。
そちらも楽しんで頂けたらと思います。
 
展示台の黒い敷板は、「わがみやうめだ」の
梅田剛嗣さん作。
実は撮影バック用にお願いしたものですが、
墨が流れたような雰囲気がとてもよくて、
先に展示台に使ってしまいました。

横田さん梅田さん、ありがとうございます。




[PR]
# by yukuri-2006 | 2018-09-15 12:07 | *作品紹介 | Trackback | Comments(0)
viorto!今枝ゆかりさんをお迎えしての
お料理の会、松原さんと角田さんの器に
囲まれて、縁側での開催でした。

ご参加くださった皆様、
ありがとうございました!


お二人が用意されたうつわに似合うメニューを
考えてくださったゆかりさん、台所じゃない
ただの縁側なのに、蒜山耕藝さんのピカピカの
美しい野菜達を次々と料理に変えていかれます。

まだ日本人にはオイルの歴史が浅く、
どうやっていいオイルを見分けるのか、
使えばいいのかを、お客様にオリーブオイルの
味比べなどをしてもらいながらお話して
くださるうちに、いつの間にか11人分の
メニューができあがっていきました。
.
. •胡麻とナスのパスタ
(蒜山パスタ:蒜山耕藝)
•イタリアンソーセージとピーマンのリピエニ
•ひよこ豆のトマト煮
•ズッキーニのマリネ
•トマトのオーブン焼きマリネ
•かぼちゃと米のスープ
•アイスモナカ
(最中の皮:蒜山耕藝さん)
•シャインマスカット
(荒木康太さん作)

ひよこ豆の水煮•オリーブオイル:アサクラ
(イタリアの農家さんと朝倉令子さん)


器を作る人、野菜を作る人、油を作る人、
その思いを残らず拾ってまとめ上げる
ゆかりさんの、作り手や素材、料理への思い。

「良いものを作る」ということは強い熱い思いを長く持続しなければならず、美味しく感謝していただく、器にも美しくに盛り付ける、というのはその思いに報いることのようにも思えます。

ゆかりさんのコメントより
"
自分の感性に合う暮らしを選択する楽しさを食卓を通してお伝えすることができたならば嬉しいです。
自然が、人が共に作りだすモノ。
その「ありのまま」に感謝しいただくことで、初めて知る奥深い味があるのではないかと思います。
ダークなスリップウェアに乗ったマスカットの美しさは息を呑むほどでした。" 


最後のデザートの写真が松原竜馬さんのスリップウェアです。

シャインマスカットは、今年一年目の若手葡萄農家、荒木康太さんの手によるもの。
時間内にわざわざ届けてくださいました。
(また畑に伺う折写真撮らせて頂きます)
デザートにちょうどいい、爽やかな甘さでした。

角田さんからは、器の成長を楽しみに
長い目で育ててもらえたら、
とお話がありました。

ともすれば途中シミや汚れのように思われる
こともありますが、数年後育った先には
変え難い美しさがあります。

それは同じものでも使う人や家族ごとに
違っていて、刻まれた歴史でもあります。

どんなに良いものでも初めから完成している
のではなく、長い過程というものがある。
温かい目で育てる人、使い手がいなければ、
生まれてこない。

うつわも農作物も人も同じなんですね。

改めて、ご参加くださった皆様、
松原さん角田さん、ゆかりさん、
蒜山耕藝さん、荒木康太さん、
ありがとうございました。
お写真提供くださったyuyuさん、
ありがとうございました!

c0155980_07532343.jpg

c0155980_07532461.jpg

c0155980_07532420.jpg

c0155980_07532424.jpg

c0155980_07532468.jpg


[PR]
# by yukuri-2006 | 2018-09-12 07:48 | *イベント | Trackback | Comments(0)
c0155980_07584403.jpg
おはようございます。

本日9/8より、松原竜馬さん角田淳さん二人展が始まります。
10/8までの長い展示会です。

今日はこれからnaraさんがお花を入れてくださいます。
そちらもどうぞ楽しみにお越しください。


[PR]
# by yukuri-2006 | 2018-09-08 07:58 | *展示会案内 | Trackback | Comments(0)

岡山市北区撫川173-1


by yukuri-2006
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31