松原竜馬さんのスリップウェア

ネットからも日々ご注文を頂き、
ご覧くださってありがとうございます。

展示会中でどうしてもお時間掛かって
しまいますが、恐縮ですが今しばらく
お時間頂けたらと思います。

こちらは松原竜馬さん、スリップウェアの
長方鉢(21㎝×15.3㎝×高さ4㎝)。 
こちらからもご覧頂けます。
c0155980_01274583.jpg

c0155980_01274555.jpg

c0155980_01274647.jpg

c0155980_01274636.jpg

c0155980_01274605.jpg


松原さんの作品は、粉引もスリップウェアも
硬い焼物なのに柔らかくて、でもかっこよく
写真で写しきれない色気があります。

「地に足の付いた」というか、物静かな中に
強さがある、間違いなく日々の食卓で長く
活躍してくれそうな安定感。
器が作り手を体現している一つの
例のようにも思えます。

スリップウェアは一般的には17〜18世紀
イギリスで用いられた技法で、スリップ
(泥状の化粧泥)でうつわに模様を描く
ものです。

粉引は鉄分の多い赤い(黒い)土に白い
化粧泥 をかけたものですが、松原さんの
こちらは黒い 化粧泥を掛け、その上から
白い化粧泥をいっちんというスポイトの
ような道具で模様を描いたもの。

お付き合いし始めの頃の松原さんは粉引の作り手のイメージがありましたが、今はこのスリップウェアも松原さんの代名詞の一つ。

白い化粧泥を使う粉引からは自然な流れで
黒い化粧泥のスリップウェアを作り始められ
ました。

掛ける釉薬は飴釉であったり、藁灰釉で
あったり(松原さんの藁灰釉はクヌギの
灰も調合したもので濃い部分に美しい
グラデーションが作られます)。 

長方皿と並んで、間違いなくお料理の映える
スリップウェアの逸品です。




[PR]
トラックバックURL : https://hibiyukuri.exblog.jp/tb/29778319
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by yukuri-2006 | 2018-10-05 01:13 | *作品紹介 | Trackback | Comments(0)

岡山市北区撫川173-1


by yukuri-2006
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31