<   2013年 07月 ( 14 )   > この月の画像一覧

ご無沙汰してます

すみません、ずいぶん更新あいてしまいました(汗)
また頑張って再開しますので今しばらくお待ちください。
いつも見てくださってる方、申し訳ございません。
ありがとうございます!
[PR]
by yukuri-2006 | 2013-07-31 00:19 | Trackback | Comments(2)

ものづくり便り更新

こんばんは(*^_^*)

千田さんのご紹介をまとめております。少々お待ちを…
(毎度お時間掛かってすみません(汗))

ものづくり便り、更新しました!
今回はカフェZさんで開催中の角南育代さんの絵画展です。
壁に大きく展示された楽しくて不思議な世界。
素敵でした!是非(*^_^*)
「ものづくり便り」



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

いつも読んでくださってありがとうございます。
***ranking***
[PR]
by yukuri-2006 | 2013-07-24 23:26 | *お知らせ | Trackback | Comments(0)

千田稚子さん

こんばんは。
昨日から岡山は夜もグッと暑くなった気がします。

今日は千田稚子さんの作品を。

黒銅色六角皿 (対角線の長さ 18.5㎝)
c0155980_23571043.jpg

黒銅色楕円プレート (28㎝×20㎝)
c0155980_23575662.jpg

白雲色ブロンズ縁 平マグ (幅9.8㎝ 高5.7㎝)
c0155980_0104380.jpg

白雲色ブロンズ縁 端反小鉢 (幅10㎝ 高5㎝)
c0155980_0105744.jpg

白雲色ブロンズ縁 カップ (幅9㎝ 高8㎝)
c0155980_0111326.jpg

左 白雲色塩つぼ (口辺幅6.8㎝ 高5㎝)
右 白雲色ピクルスつぼ (口辺幅8.8㎝ 高7.5㎝)
c0155980_0113275.jpg

蓋を取ってみたところ。
c0155980_0114994.jpg


またこれから増えていく予定です♪



**************************
ものづくり便り、更新しています。
新しいものは赤磐の921ギャラリーさんにて開催中の、陶の菅沼淳一さん・河合和美さん、木×鉄 /の枯白さんです。
「ものづくり便り」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

いつも読んでくださってありがとうございます。
***ranking***
[PR]
by yukuri-2006 | 2013-07-22 23:36 | *作品紹介 | Trackback | Comments(2)

小判笹

毎日暑いですね…
先週はちょっとばかり夏バテしてしまいました(早い!?)
しかし今年は復活も早いです!

先日、玄関先に涼やかな植物を探しに行きました。
実はお目当てのものがあったのですが、果たしてあるかどうか…

あったー(≧∇≦)!
小判笹。ワイルドオーツともいいます。
この薄平たい実が可愛いです。
c0155980_2056134.jpg


見つけた場所は、倉敷の八木園芸さん。
とてもお花を愛されているお店。とにかく状態がとてもいいのです。
贈り物にする時も度々使わせて頂いたことがあります。

今回はずっと欲しかった姫トクサも頂きました。
ゆくりの植物達も夏らしくなってきています。



*************************
ものづくり便り、更新しました。
赤磐の921ギャラリーさんにて、陶の菅沼淳一さん・河合和美さん、木×鉄 /の枯白さんです。
「ものづくり便り」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

いつも読んでくださってありがとうございます。
***ranking***
[PR]
by yukuri-2006 | 2013-07-21 21:20 | *日々のこと | Trackback | Comments(0)
すみません、記事の中に間違えていた部分があります。
まず蚊取り線香立てのお値段のこと。
蚊取り線香立ては788円です。

それから、作家さんを訪ねて(3)稲垣大さん3.のところで、もうすでに修正してありますが、「武具と仏像」と書いてあったところは「武具と仏具」です。
(仏像は鋳込みでした汗)

それから、卒業制作の部分についても書き直してあります。

よろしかったらもう一度ご覧になっていただけたら幸いです。
大変失礼致しました。
[PR]
by yukuri-2006 | 2013-07-21 15:42 | *お知らせ | Trackback | Comments(0)

金属作品のお手入れ

すみません、ちょっと日が空いてしまいました(汗)

今回は金属のお手入れのことです。

金属ってどうやってお手入れすればいいんでしょう…?
というお声をお聞きするのですが、稲垣さんから詳しく教えて頂きました。
「お手入れも楽しみの一つにしていただければ幸いです」とのこと。
(実際、磨いて元の輝きに戻っていくのを見るのはとても楽しかったりします!)

************************

〈銅・真鍮の取り扱い〉
10円や5円のように、空気に触れていることで酸化皮膜ができくすんできますが、安定した状態になります。その風合いも良いものですが、以下のこともご参考にしていただいてご自分の好きな雰囲気でお楽しみ頂ければと思います。

1. 酸化皮膜のついた状態がお好みの場合

重曹(炭酸水素ナトリウム)で軽く磨きます。
*重曹は薬局、ホームセンターなどでも購入できます。

2.半光沢の感じがお好みの場合

ボンスター(スチームウール)で、一方の方向に磨きます。
c0155980_0552660.jpg

洗剤付きのスチールウールで磨くとさらに光沢が。
米ぬかを付けて磨くとワックスの役割をしてくれます。

3.光沢がお好みの場合

2の光沢の後にピカール(金属研磨剤)で磨き、洗剤で軽く洗います。
サンポールなどの酸性タイプの洗浄剤に浸けると皮膜は一気に落ちますが、お取り扱いにはご注意を。

*洗剤は市販の中性洗剤で問題ありません。
*純銅黒仕上げの品物は強く擦ったり酸性タイプの洗浄剤がつくと着色がとれることがあります。
スポンジなど柔らかいものをお使いください。
*いずれの場合も、お手入れ後、水気をよく切って拭いてください。

使用上のご注意
・お酢などを入れると変色する場合がありますのでご注意ください。
・電子レンジはご使用になれません。



〈アルミについて〉

銅に次ぐ高い熱伝導性を持つ素材です(鉄の3倍以上)ので、早くムラなく熱が伝わります。
表面に素材を保護する天然の酸化皮膜ができますが、純度の高いアルミはこびりつかず特に手入れが簡単に出来ます。

・米のとぎ汁か野菜のくずを入れて10分以上煮たてると黒変化を防ぐ皮膜を作ることが出来ますが、お湯だけを沸かす場合やゆで卵を作る場合、また水質によって黒変化する場合もあります。
これはアルミの自然皮膜の侵食防止の性質で、食品衛生上は何の問題もありません

きれいにするには、レモンを切って煮るか酒石酸(薬局で購入可)を入れて煮てください。

使ったらすぐに水洗いし、水分をよく拭き取ります。
汚れがひどい場合は、ナイロンタワシとクレンザーで磨いてください。

使用上のご注意
・酸性のもの(お酢等)を入れると変色する場合があります。
・鍋やボウルなどは空焚きはしないでください。
・電子レンジではご使用になれません。



また、銅や真鍮の緑青(ろくしょう)の毒性をご心配になる方もおられるのではと思いますが、無害であることが証明されているそうなのでご安心ください。
(参考:日本銅センター)
付いた場合は、お酢で磨くか、ピカール(金属研磨剤)で磨くと落ちます。

************************


洗ったあと、ガラスや漆と同様にきれいに拭いておくのが大事みたいですね。

使用上のご注意に気を付けて頂ければ、それほど神経質になることはないと思います。
ご自宅の金属製品にも応用していただけると思いますので、是非お試しください。


お話の最後に、元々は気に入った素材ではなかったと言われた稲垣さんに
「今は金属とはどのような存在ですか」
とお聞きしてみました。

「それぞれの癖もわかってきて、今は仲良くなれたと思います。
金属は馴染みが少ない印象がありますが、以外と身近で打ちとければ親しみやすい素材なんです。
心根はやさしいけど、取っ付きにくい頑固な性格のひとみたいな感じかも知れません」

そういう人好きだったりします(笑)
人に例えて考えてみるとより親しみが湧いて愛おしくなってきます…!

また、

「ものづくりとして一番嬉しい時は、買ってくださった時ですね。
言葉で褒めてくださるのも嬉しいですが、使っていただくことで初めて作品が完成するものだと思うのです。それが何よりの喜びです。」

とも。

「買う」ということはお金のやり取りだけでなく、作品を受け継いで育てていくということなんですね…
きっと、それは全てのものづくりの方に共通する喜びなのだと思います。




*************************
ものづくり便り、更新しました。
現在開催中です(遅くなってすみません汗)。
赤磐の921ギャラリーさんにて、陶の菅沼淳一さん・河合和美さん、木×鉄 /の枯白さんです。
「ものづくり便り」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

いつも読んでくださってありがとうございます。
***ranking***
[PR]
by yukuri-2006 | 2013-07-20 23:10 | *お手入れ方法 | Trackback | Comments(0)

稲垣さんの作品紹介

ご無沙汰しておりました。
お待ちを…と言いながらすごくお待たせしてすみません。
撮影や写真・動画アップにかなり手こずってしまいました(汗)
(文末で制作の様子をアップしておりますので、よかったらご覧頂けたら嬉しいです)
先週は工房訪問などで出歩くことも多く、作品も新しく入りました。
千田雅子さんの器、山本美文さんのカトラリーなども入荷しております。
また改めてご紹介しますね。


ようやく稲垣さんの作品紹介です。
金属を撮影するのは非常に難しく、時間帯や場所を変えてみたりしましたがまだそのものの魅力に近いものにはなっていないかもしれません…
また挑戦しますが、今回は今出来るだけのことでご紹介したいと思います。

真鍮和菓子ナイフ(13.5cm)
c0155980_2337870.jpg

角皿(9.5cm) アルミ・真鍮・純銅・純銅黒仕上げ
c0155980_0165634.jpg

市松真鍮箸置き(3.1cm)
「食卓にこういう輝きのあるものが入っているのも
アクセントになって素敵ですよ」
と稲垣さん。
(画像ではちょっと光りすぎてます。もっと落ち着いた感じです)
c0155980_0181089.jpg

柚子胡椒匙(マドラー匙 16.5cm) 上・真鍮 下・アルミ
柚子胡椒匙ですが、マドラーとしても。
(こちらも、それぞれの色や質感がわかりにくいのでまた撮影してみます)
c0155980_0194033.jpg

鳥山さんのビアグラスに入れてみました。
c0155980_0221136.jpg

アルミカップ(高さ7.5cm)
アルミは熱伝導がいいので、今時期は冷やすと飲み物もさらに美味しいです。
c0155980_0225338.jpg

アルミ万能ボウル Sサイズ (13.5cm)
器としてももちろん、道具としても使い勝手がいいです。
そのまま火にも掛けられます。
小鳥のような姿が愛らしい(*^_^*)
c0155980_039736.jpg

内側は、混ざりやすいように打ち目を変えてあります。
よく冷えるので、冷蔵庫に入れておいても食材の持ちがとてもいいですよ。
c0155980_0413945.jpg

真鍮蚊取り線香立て。
角板を丸く打ち抜いたものの端を使って作られたものです。
なかなかかっこいい蚊取り線香立てってないので、これはかなりおすすめ。
お値段は788円です。
c0155980_043095.jpg


今、アルミのお鍋もお願いしています。
秋には送ってくださる予定なので、お鍋のシーズンにも間に合いそうです。
このような打ち目も美しい鍋。
こちらは自宅で使ってから使用感をお伝えしたく買わせて頂きましたが、お店では見本として見ていただくことはできます。
c0155980_1532946.jpg

本体は、ワインクーラーや大鉢にもなる、用途に多様性のあるデザイン。
パスタなどもいいですね!お料理を温め直すこともできます。
軽くて洗いやすいのも魅力。割れることもないので、世代を越えてお使いいただけると思います。
取っ手の木部も美しいです。
c0155980_21835.jpg

c0155980_212866.jpg



今回、実演もしてくださいましたので、その様子をYouTubeにアップしてみました。
(画像ではなくリンクの方をクリックしてくださいね)

まずはアルミのお皿の鍛金。
このサイズの一枚のお皿に打ちこむ回数、なんと500以上。
綺麗に均一に出来ていきますが、実際に未経験の方がやってみるとガタガタになるそうです。
鍛練の成せる技ですね…その上、毎日毎日一つ一つの作品ににこうした作業がなされていると思うとより一層作品が愛おしくなります。
稲垣大さん 鍛金実演動画
c0155980_1364138.jpg


こちらは口頭でどうやって正円に近いものにしていくかを説明してくださっています。
また、飾りの打ち目を実演。
稲垣大さん 鍛金実演動画2
c0155980_13720100.jpg


こちらは蚊取り線香立て。
フィールドオブクラフト倉敷でも実演で制作されているのをご覧になった方も多いのでは。
端材になってしまう部分ですが、こうして稲垣さんのアイディアで立派に道具に生まれ変わります。
稲垣大さん 鍛金実演動画 蚊取り線香立て
c0155980_1374031.jpg


仕上げ。(撮影しておりませんが、この作業の前に縁のヤスリ掛けをされています)
稲垣大さん 鍛金実演動画 蚊取り線香立て2
c0155980_138438.jpg




てんこ盛りになりましたが、読んでくださってありがとうございます。
お手入れ方法も書く予定でしたが、併記するとかなり長すぎますので次回に。



*************************
遅れ馳せながら、中野由紀子さんの展示会について更新しました。
大阪でも鳥山高史さんの個展中です。
お近くの方は是非。
「ものづくり便り」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

いつも読んでくださってありがとうございます。
***ranking***
[PR]
by yukuri-2006 | 2013-07-15 23:20 | *作品紹介 | Trackback | Comments(0)

少々お待ちを

こんばんは。
一気に暑くなりましたね。
熱中症などに気を付けてお過ごしください。

続きを書いておりますが、見てくださってるのにすみません、お待たせしております。
少々お待ちを…
[PR]
by yukuri-2006 | 2013-07-10 23:21 | Trackback | Comments(0)
お待たせしました、稲垣さんの工房訪問記の続きです。


今はすっかり「鍛金の人」という印象の稲垣さん。

ですが、ものづくりを志した際興味を持っていたのは木工であり彫刻的なものだったとか。
金沢美術工芸大学での木工は漆がメインだったそうなのですが、彫刻をしたかった稲垣さんは、その選択の時に敢えてどちらかといえば好みの素材ではなかった金属を選んだそうです。

金属もいろいろな製法がありますが、鍛金とは金属の塊に熱などを加えたり、一目一目叩き延ばして成形していく技法のことです。
古くは武具や仏具などに用いられてきた手法だそうです。

大学に入って間もない頃は金属でのオブジェを制作したり、大きいものを時間を掛けて造ることが多かったのだそうですが、一人暮らしを始め、身の回りのものに触れる度に暮らしのものへの興味が湧いてくるように。

そうした心境の変化の中で偶然出会ったのが柳宗理氏だったそうです。
「とにかくお聞きする話全部がすごく面白くて」

そこからは彫刻から工芸へとどんどん気持ちが移っていき、
「暮らしのものを金属で作りたい」
と思われるように。

こちらは大学で初めて作られた『珈琲ドリップポット』。
c0155980_20191739.jpg

渋い色に変色していますが真鍮製です。

そして卒業制作で作られたのがこちらです。
『純銀と黒檀のアフタヌーンティーセット』
c0155980_15291163.jpg


こうしたものは当時柄の部分も金属で制作されることが基本と学校では教えられていたそうなのですが、持ち手は熱くない方がそのまま直接持てるという理由から木で作られています。

敢えてそうされたこの作品からは、暮らしのものや使う人への愛情、これから進むべき方向への覚悟のようなもの、また、ご自分の感性を信じて芯を貫いてこられた意志の強さを感じられました。


卒業されてからは京都で美大受験予備校講師として勤務されながら、鍛金工房「WESTSIDE33」のご主人であり現在その道62年の職人・寺地茂氏に師事され、技を磨かれました。
(寺地茂さん、2011年の10月20日に放送された和風総本家・「ニューヨーク」で出演なさっています)

その後2003年に現在の住所に工房兼店舗兼住居『Dine Factory』を開店し、鍛金での日用品の制作を開始され、今に至ります。



いつも、転機の時には最高の師に出会うことが出来たと言われる稲垣さん。
ものづくりへの真摯な姿勢と謙虚な心を持たれた方だといつも思わされるのですが、そういう方だからこそなのかもしれません。


現在は堺のクラフトフェア「灯しびとの集い」の実行委員もされています。
ご自身、クラフトフェア松本などでの人との出会いに大変感謝されていて、「灯しびとの集い」にも恩返しのような気持ちで関わられているとお聞きしました。
私も数年前までクラフトフェアに関わっていたので、活動への思いなどもたくさんお互いにお話しさせて頂きましたが、「人に支えられて今がある」というお気持ちにとても共感致しました。


次回はもう一度稲垣さんのことを。
作品について書かせていただこうと思います。





************************
ものづくり便り、更新しています。
今回は岡山の「カフェZ」さんでのヨシダコウブンさんの個展と、大阪の「暮らし用品」さんでの鳥山高史さんの個展です。
また、まだまだ各地で展示会中です。
「ものづくり便り」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

いつも読んでくださってありがとうございます。
***ranking***
[PR]
by yukuri-2006 | 2013-07-07 20:38 | *工房訪問 | Trackback | Comments(0)

ものづくり便り更新

お待たせしていてすみません。
お時間が掛かっていますが、稲垣さんの続き、もうすぐできそうです!
次回は稲垣さんが金属という素材に出会い、仕事にするまでをまとめたものになります。
出来あがり次第またアップしますね。

ものづくり便り、更新しています。
今回は岡山の「カフェZ」さんでのヨシダコウブンさんの個展と、大阪の「暮らし用品」さんでの鳥山高史さんの個展です。
また、まだまだ各地で展示会中です。
「ものづくり便り」

よろしければ是非ご覧になってみてください(*^^*)



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

いつも読んでくださってありがとうございます。
***ranking***
[PR]
by yukuri-2006 | 2013-07-07 01:03 | *お知らせ | Trackback | Comments(0)

岡山市北区撫川173-1


by yukuri-2006
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31