人気ブログランキング |

<   2019年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧

【小野寺友子個展作品...

【小野寺友子個展作品】

銀彩の舟形皿です。
c0155980_13205858.jpg
ザクザクとした黒い土に銀彩を焼き付けてあります。
この質感とハケ塗りした銀彩の感じがとても良い雰囲気。
c0155980_13211961.jpg
こちら左は今回届いた焼き立て銀彩皿、
右は我が家で13年経ったもの。
銀彩はとりわけ育つのが面白い器です。
c0155980_13214755.jpg

小野寺さんのお料理アルバムから。
「銀彩は赤が特に綺麗に映えるんですよ」
と初めてお会いした時に話して
くださったのを思い出します。
c0155980_13223442.jpg
c0155980_13224601.jpg


今日最終日ですが、作品はしばらくお預かり
する予定です。
(最終期日はまたお知らせさせて頂きます)

気になられるものがありましたらお取り置き
できますので、どうぞお知らせください。

また「この作品を銀彩で、黒マットで」など、
違う釉薬にしてオーダーすることもできます。



by yukuri-2006 | 2019-06-30 13:19 | Trackback | Comments(0)
小野寺友子さん個展、残すところ明日29日
土曜日と30日日曜日のみとなりました。

写真は6/10お食事会での徳田涼子さんの美味しく美しいオードブル。
それぞれの長角皿です。
c0155980_00351670.jpeg
c0155980_00352808.jpg
c0155980_00353902.jpeg
c0155980_00355969.jpeg
c0155980_00361977.jpeg
c0155980_00364682.jpeg
c0155980_00370000.jpeg
c0155980_00371953.jpeg

お刺身をはじめ焼き魚などお魚料理、
お肉料理はもちろん、デザート皿、
パン皿と重宝するうつわです。

黒と粉引は裏側もリバーシブルに使えます。
(残すところ粉引と黒マット2点ずつ、
マットな白磁3点となりました。
お取り置きや通販もできます)

明日もまたお待ちしております。


by yukuri-2006 | 2019-06-29 00:33 | Trackback | Comments(0)
小野寺さんの作品一覧をアップロードしました。
本日より、作品お取置きと通販始まります。
(一点物も多いので少し増えるかもしれません)
どうぞお問い合わせください。


ホームのトップから作品一覧ページに
飛べるようになっています。

下の写真は「膾皿(なますざら)」という器です。
白磁、粉引、黒マットの順です。
c0155980_15524158.jpg

c0155980_15530222.jpg

c0155980_15533398.jpg

お皿と言っても少し高さと深みがあり、
鉢のような使い方もできます。

煮物からお刺身まで多様な料理が映えるので、
このような器があるとさらに食卓が楽しくなります。

日常使いから改まった料理まで、幅広く使える重宝な器です。




by yukuri-2006 | 2019-06-25 15:50 | *作品紹介 | Trackback | Comments(0)
c0155980_01182251.jpg

c0155980_01182372.jpg

c0155980_01182302.jpg

c0155980_01182336.jpg

c0155980_01182327.jpg
c0155980_01184860.jpg

c0155980_01184877.jpg

c0155980_01184973.jpg

c0155980_01184991.jpg

c0155980_01202400.jpg


c0155980_01202473.jpg

c0155980_01195837.jpg

c0155980_01211395.jpg

c0155980_01272410.jpg

c0155980_01265755.jpg

c0155980_01211354.jpg

c0155980_01274263.jpg

c0155980_01280807.jpg

c0155980_01283801.jpg

6/25からお取り置き、通販させて頂きます。
HPからご覧頂けるように準備しております!






by yukuri-2006 | 2019-06-22 01:17 | *作品紹介 | Trackback | Comments(0)

6/10のお食事会

すみません、アップしたのがそのまま
下書きに入っておりました🙇

6/10は小野寺さんの器を使った
徳田涼子さんのお食事会でした。
ご参加くださった皆様、
ありがとうございました!

(キャンセル待ち頂いていた皆様、
申し訳ございませんでした。
また企画させて頂きます…!) 

メニューは

サーモンの前菜 ディルクリーム添え
トマトとモッツァレラのブルスケッタ
とうもろこしの冷製フラン
キャロットラペ
空豆のチーズサンド

チキンとプルーンのモロッコ風煮込み

ブランマンジェ メロンソース

でした。
c0155980_14021548.jpg

c0155980_14021503.jpg

c0155980_14021569.jpg

c0155980_14021539.jpg

c0155980_14021627.jpg

一品一品丁寧に手をかけて準備して
くださったお料理を、会のために
小野寺さんが作ってくださった粉引、
黒マット釉、白磁の器に盛り付けて
くださいました。

色や形、質感によって、同じメニューでも
違って見えます。

小野寺さんもご同席での会、知らない方同士で
も楽しくお話が弾んでいき、気付けば3時間。
この日がご結婚記念日のご夫婦も参加して
くださり、とても良い会になりました。

料理を作る人と器を作る人、食べる人が同席
する会というのは、食事をするだけでなく
まつわる話が興味深く面白いものです。
作り手それぞれに歴史があり、その積み重ねを
感じました。

徳田さん、岩井さん、
本当にありがとうございました!

展示会は6月30日まで続きます。
25日からはお取り置きと通販もできますので、
またそちらもご覧いただけたらと思います。



by yukuri-2006 | 2019-06-16 14:00 | Trackback | Comments(0)

小野寺友子さん個展開...

小野寺友子さん個展開催中です!
6月25日より、通販とお取り置きも開始します。

白磁、黒マット釉、銀彩、粉引を基調とした器。
お料理の映える器です。
c0155980_13535602.jpg

c0155980_13535630.jpg

c0155980_13535615.jpg

c0155980_13535633.jpg

- ひっそりと なにげなく在る -

小野寺友子 陶展 
2019.6.8 (土)- 2019.6.30(日)
11:00 - 17:00

展休日  6/10 (月)6/17 (月)6/24(月)
作家在廊日 6/9(日)6/10(月)

6/25(火)より、通販とお取り置きの受付けを開始いたします。

...................................


愛知県長久手で作陶されている小野寺さん。
初めてお会いしたのは今から一五年前、
まだお店を始める前のこと。

素朴な作風の中にある、
どこか彫刻的な美しさと
佇むような静かな存在感。

食卓では上質な額縁となり、
料理を映えさせてくれます。


化粧を丁寧に塗り重ねられた粉引
深みのある美しさを持つ「黒マット釉」。 
静謐な美しさのある「白磁」。
育つ器の面白さがとりわけ楽しめる「銀彩」。


いずれも独特の質感に魅力があります。


「私の器が 
ひっそりと なにげなく在る
という感じでお使いいただけるならとてもうれしいです」 


小野寺さんから頂いた言葉です。

良いものは小さいものであっても、ただ置いてあるだけで

そこに空間が生まれます。


「なにげなく在る」ことは、良いものでなければ

生まれないのではないかと思うのです。


十五年前、作品を初めて拝見した瞬間の高揚感は

今でも記憶しています。


繊細さと力強さ、質感の心地よさ。


写真でも言葉でも表現しきれない素晴らしさがあります。

是非、一度お手に取っていただけたら嬉しく思います。



....................





by yukuri-2006 | 2019-06-16 13:52 | Trackback | Comments(0)
小野寺友子さんの個展、いよいよ明日からです!

ただいま準備真っ最中です。
c0155980_17015908.jpg


c0155980_13084309.jpg

- ひっそりと なにげなく在る -

小野寺友子 陶展 
2019.6.8 (土)- 2019.6.30(日)
11:00 - 17:00

展休日  6/10 (月)6/17 (月)6/24(月)
作家在廊日 6/9(日)6/10(月)

6/10 (月)お休みの日は
「小野寺さんの器でいただく
             徳田涼子さんのお料理」 
を開催いたします。

ご応募方法は後ほどご案内致します。

※満席となりました。ご検討中の方がおられましたら

大変申し訳ありません。


6/25(火)より、通販とお取り置きの受付けを開始いたします。

...................................


愛知県長久手で作陶されている小野寺さん。
初めてお会いしたのは今から一五年前、
まだお店を始める前のこと。

素朴な作風の中にある、
どこか彫刻的な美しさと
佇むような静かな存在感。

食卓では上質な額縁となり、
料理を映えさせてくれます。


化粧を丁寧に塗り重ねられた粉引
深みのある美しさを持つ「黒マット釉」。 
静謐な美しさのある「白磁」。
育つ器の面白さがとりわけ楽しめる「銀彩」。


いずれも独特の質感に魅力があります。


「私の器が 
ひっそりと なにげなく在る
という感じでお使いいただけるならとてもうれしいです」 


小野寺さんから頂いた言葉です。

良いものは小さいものであっても、ただ置いてあるだけで

そこに空間が生まれます。


「なにげなく在る」ことは、良いものでなければ

生まれないのではないかと思うのです。


十五年前、作品を初めて拝見した瞬間の高揚感は

今でも記憶しています。


繊細さと力強さ、質感の心地よさ。


写真でも言葉でも表現しきれない素晴らしさがあります。

是非、一度お手に取っていただけたら嬉しく思います。
....................





by yukuri-2006 | 2019-06-07 17:01 | *展示会案内 | Trackback | Comments(0)
c0155980_13135241.jpg
こちらへのお知らせが遅くなって大変申し訳ありません…!
展示会内企画のお知らせです。

満席となりました。ありがとうございます。
ご検討中の方がおられましたら申し訳ありません。


- 小野寺さんの器でいただく 
 徳田涼子さんのお料理 - 

和食だけでなく様々な国の料理を
研究される料理家・徳田涼子さん。

以前お料理をいただいた時のその味の深さ、
美味しさは忘れられません。

そこには、長い時間をかけて積み重ねて
こられた思いがあります。

今回は小野寺さんのうつわからイメージした
お料理を考えてくださいました。

うつわと料理。

お二人の作り手とご一緒に過ごすお時間は、
また特別思い出に残ることと思います。

日時 2019.6.10(月)11:00~13:00 
会費 5500円<レシピ付き>
_______________________

料理家 徳田 涼子さん プロフィール

京都生まれ。 
大学で栄養学を学ぶ。 
学生時代から海外を旅し、現地で人と
関わりながら異国の食文化に触れる。 
卒業後、10年間料理教室に勤務。
10年の節目に独立し、前職でご縁の深かった
岡山の方々の人柄や町に惹かれ、 2011年6月
TABERU COOKERYSPACEを始める。
___________________________

<お申し込み方法>

ご予約は 本日6/1(土)20:00より
受付開始になります。

yukuri2006@icloud.com

まで、

件名に「小野寺さん徳田さんお食事会」
とお書き添えの上、 

・お名前
・参加人数
・お電話番号

をお書きになってお申し込みください。

*HP上の「お問い合わせメール」から入っていただくとアドレス記載ミスなくお申込みいただけます。

*申し訳ございませんが、フェイスブックやインスタグラムからのご応募は見落とす恐れがありますのでお避けください。
(満席の場合は大変申し訳ございませんが何卒ご了承ください)

_______________

ご応募お待ちしております。



by yukuri-2006 | 2019-06-01 13:12 | Trackback | Comments(0)

c0155980_13084309.jpg

- ひっそりと なにげなく在る -

小野寺友子 陶展 
2019.6.8 (土)- 2019.6.30(日)
11:00 - 17:00

展休日  6/10 (月)6/17 (月)6/24(月)
作家在廊日 6/9(日)6/10(月)

6/10 (月)お休みの日は
「小野寺さんの器でいただく
             徳田涼子さんのお料理」 
を開催いたします。

ご応募方法は後ほどご案内致します。

※満席となりました。ご検討中の方がおられましたら

大変申し訳ありません。


6/25(火)より、通販とお取り置きの受付けを開始いたします。

...................................


愛知県長久手で作陶されている小野寺さん。
初めてお会いしたのは今から一五年前、
まだお店を始める前のこと。

素朴な作風の中にある、
どこか彫刻的な美しさと
佇むような静かな存在感。

食卓では上質な額縁となり、
料理を映えさせてくれます。


化粧を丁寧に塗り重ねられた粉引
深みのある美しさを持つ「黒マット釉」。 
静謐な美しさのある「白磁」。
育つ器の面白さがとりわけ楽しめる「銀彩」。


いずれも独特の質感に魅力があります。


「私の器が 
ひっそりと なにげなく在る
という感じでお使いいただけるならとてもうれしいです」 


小野寺さんから頂いた言葉です。

良いものは小さいものであっても、ただ置いてあるだけで

そこに空間が生まれます。


「なにげなく在る」ことは、良いものでなければ

生まれないのではないかと思うのです。


十五年前、作品を初めて拝見した瞬間の高揚感は

今でも記憶しています。


繊細さと力強さ、質感の心地よさ。


写真でも言葉でも表現しきれない素晴らしさがあります。

是非、一度お手に取っていただけたら嬉しく思います。
....................




by yukuri-2006 | 2019-06-01 13:06 | *展示会案内 | Trackback | Comments(0)