タグ:今枝ゆかり ( 4 ) タグの人気記事

viorto!今枝ゆかりさんをお迎えしての
お料理の会、松原さんと角田さんの器に
囲まれて、縁側での開催でした。

ご参加くださった皆様、
ありがとうございました!


お二人が用意されたうつわに似合うメニューを
考えてくださったゆかりさん、台所じゃない
ただの縁側なのに、蒜山耕藝さんのピカピカの
美しい野菜達を次々と料理に変えていかれます。

まだ日本人にはオイルの歴史が浅く、
どうやっていいオイルを見分けるのか、
使えばいいのかを、お客様にオリーブオイルの
味比べなどをしてもらいながらお話して
くださるうちに、いつの間にか11人分の
メニューができあがっていきました。
.
. •胡麻とナスのパスタ
(蒜山パスタ:蒜山耕藝)
•イタリアンソーセージとピーマンのリピエニ
•ひよこ豆のトマト煮
•ズッキーニのマリネ
•トマトのオーブン焼きマリネ
•かぼちゃと米のスープ
•アイスモナカ
(最中の皮:蒜山耕藝さん)
•シャインマスカット
(荒木康太さん作)

ひよこ豆の水煮•オリーブオイル:アサクラ
(イタリアの農家さんと朝倉令子さん)


器を作る人、野菜を作る人、油を作る人、
その思いを残らず拾ってまとめ上げる
ゆかりさんの、作り手や素材、料理への思い。

「良いものを作る」ということは強い熱い思いを長く持続しなければならず、美味しく感謝していただく、器にも美しくに盛り付ける、というのはその思いに報いることのようにも思えます。

ゆかりさんのコメントより
"
自分の感性に合う暮らしを選択する楽しさを食卓を通してお伝えすることができたならば嬉しいです。
自然が、人が共に作りだすモノ。
その「ありのまま」に感謝しいただくことで、初めて知る奥深い味があるのではないかと思います。
ダークなスリップウェアに乗ったマスカットの美しさは息を呑むほどでした。" 


最後のデザートの写真が松原竜馬さんのスリップウェアです。

シャインマスカットは、今年一年目の若手葡萄農家、荒木康太さんの手によるもの。
時間内にわざわざ届けてくださいました。
(また畑に伺う折写真撮らせて頂きます)
デザートにちょうどいい、爽やかな甘さでした。

角田さんからは、器の成長を楽しみに
長い目で育ててもらえたら、
とお話がありました。

ともすれば途中シミや汚れのように思われる
こともありますが、数年後育った先には
変え難い美しさがあります。

それは同じものでも使う人や家族ごとに
違っていて、刻まれた歴史でもあります。

どんなに良いものでも初めから完成している
のではなく、長い過程というものがある。
温かい目で育てる人、使い手がいなければ、
生まれてこない。

うつわも農作物も人も同じなんですね。

改めて、ご参加くださった皆様、
松原さん角田さん、ゆかりさん、
蒜山耕藝さん、荒木康太さん、
ありがとうございました。
お写真提供くださったyuyuさん、
ありがとうございました!

c0155980_07532343.jpg

c0155980_07532461.jpg

c0155980_07532420.jpg

c0155980_07532424.jpg

c0155980_07532468.jpg


[PR]
by yukuri-2006 | 2018-09-12 07:48 | *イベント | Trackback | Comments(0)
明日から受付開始の展示会企画の
お知らせです。
※満席となりました。
ご検討中の方おられましたら申し訳ありません。

松原竜馬/角田淳×今枝ゆかり×蒜山耕藝
「食から伝えること」

今枝ゆかりさんのランチ/
デモンストレーションと
レシピ・オリーブオイルのお話
......................................................

 日時  2018.9.10(月) 
10:00-1300 
参加費  5000円

お申込み方法
yukuri2006@icloud.com まで  

① お名前 お電話番号
② 参加ご希望人数

をお書き添えの上、お申し込みください。

受付は
明日8月27日(月)20:00
より開始いたします。 
(満席の場合は大変申し訳ございません。
何卒ご了承ください) ......................................................
c0155980_23484277.jpg
イタリア家庭料理、オリーブオイルを軸に、
日本の美味しい野菜や食材の選び方、旬の野菜をより美味しくいただくための調理法を提案
する、暮らしとつながる料理教室「viorto!」。
 主宰される今枝ゆかりさんは松原さん角田さんの器も日頃愛用されています。

つい先頃はオリーブオイルが作られる現場を
見に、イタリアまで旅に出られていました。

どこでどんな思いで作られた食材なのか、
何を大切に考えられた調理法なのか。
料理を通して「伝える」ということを真摯に
追求し、生産者への敬意を忘れない方です。

私自身通わせて頂いていますが、とにかく
作られるもの全てが美味しい!

今回は、松原さん角田さんのうつわから
イメージされ、蒜山で農薬も肥料も使わず
自然のリズムでお米や野菜を作る蒜山耕藝さん
の旬の野菜を使ったレシピをご紹介して
くださいます。

在廊される角田さんとご一緒に美味しい
ひと時をお愉しみください。

今枝ゆかりさん
 - profile -
c0155980_23491339.jpg


パティシエの母のもとに生まれる。
大学卒業後、外資系航空会社勤務を経て、
イタリア各地にて手料理を学ぶ。
帰国後、千葉を拠点に料理家として活動を始め、東日本大震災を機に岡山へ移住。
二児の母。自然と人が共に作り出す「美味しい」を家庭の食卓につなげることをモットーに台所に立つ毎日。
現在NHK岡山「もぎたて!」お料理コーナー(毎週火曜)の一部を担当。

暮らしとつながる料理教室
viorto! (ヴィオルト!)
lesson@viorto.com
instagram: @viorto 


蒜山耕藝 - profile -
高谷裕治さん・絵里香さん
c0155980_23493036.jpg

岡山県と鳥取県の狭間にある蒜山・中和地域で農家を営む。
もともと食を通じて農業に興味を持ち、2010年に千葉県富里市の自然栽培農家のもとで研修を開始。翌年に蒜山・中和へ移住。
稲作中心の農業を営むかたわら、米や農作物の加工品を販売し、2014年には自分たちの食卓、作業場を開く場として「くど」をオープン。


「藝とは語源によると、人間が植物を植え、
食べものをつくる姿。

田畑は自然と人間の接点。

美しい風景のもとに、美しい作物が育ち、
美味しさとなります。
そして、私たちは美を求めて田畑を耕します。
原点である「藝」に思いを込めて」


岡山の蒜山で農薬と肥料をつかわず、
自然のリズムと調和して作物を作られる
蒜山耕藝の高谷裕治さん・絵里香さん。
土地と季節にあったものをつくることが
大前提。
食卓から作付けを考え、食べたいものを
つくられます。

今枝ゆかりさんのレッスンでもいつも使われていますが、野菜はこんなにも濃く、美味しい
ものだったことに気付かされます。
「くど」にも是非足を運ばれてみてください。
滋味深いお料理と、清涼な空気の「場」に
驚かれると思います。

展示会会期中、蒜山耕藝さんの
美味しいものをご購入いただけます。
そちらもどうぞ楽しみにお越しください。

蒜山耕藝
instagram: @hiruzenkougei_erica


松原竜馬さん角田淳さんも
インスタグラムをされています。
どの方も普段のご様子から伝えたいことを
綴られていますので、ぜひ一度ご覧ください。

instagram:
@matsubara.ryoma_tsunoda.jun



[PR]
by yukuri-2006 | 2018-08-26 23:43 | *イベント | Trackback | Comments(0)
遅ればせながら明けまして
おめでとうございます。

年末年始慌ただしく過ごして
いましたが、やっとお節の写真を。
c0155980_00321996.jpg


c0155980_00322268.jpg


c0155980_00322712.jpg


今年のお節も筑前煮とブリの照り焼き
以外はviorto! さん。
今枝ゆかりさんが時間も手間もかけて
丁寧に準備してくださいました。

どれ一つとっても本当に美味しくて、
一日で食べてしまいそうに(笑)

下の写真はレッスンが終わったあと
頂いた雑炊です(*´-`)
c0155980_00321726.jpg


6日土曜日から蝶野秀紀さんの木と漆の展示会を再開致します。

平たいお皿は蝶野さんの和紙貼トレーの大•中サイズ。
折敷だけでなく、是非いろんな使い方を楽しんで頂けたらと思います。


花鉢 隅切り皿 角田淳
青緑釉長皿 松村英治
グラス(私物) 翁再生硝子工房
網目小壺 石川昌浩
染付豆皿 小峠貴美子
...............................

「受け継ぐうつわ」
蝶野秀紀 木と漆のうつわ展

2017.12.16(土)-12.29(金)
2018.1.6(土)-1.21(日)
11:00-17:00

展休日 月曜日及び12/30-1/5

蝶野さん新年在廊日
1/12(金),1/13(土)


[PR]
by yukuri-2006 | 2018-01-03 23:40 | *日々のこと | Trackback | Comments(0)

いよいよ来週土曜日からスタートとなりました。

今回はそれぞれに企画したイベントのご紹介を
させていただきたいと思います。
長くなりますが、ご覧いただけたら嬉しいです。
まずは個展の方を。
_______________________

「土の上に暮らす、幸せのかたち」
寺園証太 陶展
11:00-18:00
2016.6.25(土)-7.3(日)  
展休日   6/29(水)  
________________________

6/29(水)10:00-13:00

viorto!今枝ゆかりさん
「イタリアンランチ +
スープのデモンストレーションとレシピ/
知っておきたいオリーブオイルのお話」

ー寺園さんのうつわと基本のイタリア家庭料理ー

日時   2016.6.29(水) 
10:00-13:00
参加費  4000円
お申込み方法 
メールにてyukuri2006@icloud.com まで

 ① お名前 お電話番号
 ② 参加ご希望人数

をお書き添えの上、お申し込みください。

受付は
6月19日(日)20:00
より開始いたします。
(満席の場合は大変申し訳ございません。ご了承ください)
____________________

<今枝ゆかりさん より>

寺園さんも親交の深い牛窓のオーガニック農家・
waccafarmさんの お野菜をふんだんに使った
お料理を楽しんでいただきます。
備前の焼色に映える色とりどりのお料理もご提案。
料理の一部はデモンストレーションいたしますので、
皆様に見ていただきたいと思います。

*ズッキーニの冷製スープ 
(器をよく冷やしてご提供します)
*新玉ねぎのフリッタータ
*季節のサラダ と ブルスケッタ
*トマトとチーズのパスタ 
(変更の可能性もあります)
_______________________
講師ご紹介

イタリア家庭料理教室「viorto!」 
主宰 今枝ゆかりさん
c0155980_14342954.jpg
- profile -
パティシエの母のもとに生まれる。
。大学卒業後、外資系航会社勤務を経て、イタリア各地
にて手料理を学ぶ。帰国後、千葉を拠点に料理家として
活動を始め、東日本大震災を機に岡山へ移住。二児の母。
自然と人が共に作り出す「美味しい」を家庭の食卓に
つなげることをモットーに台所に立つ毎日。
現在NHK岡山「もぎたて!」お料理コーナー(毎週火曜)
の一部を担当。
http://viorto.com
_______________________
もしまだレッスンを受けられたことがない方は
是非とも一度「viorto! 」さんに。
強くおすすめしたいです。

調味料らしい調味料はなく、使われるのは
ほとんどオリーブオイルとお塩。
そして簡単で作りやすい。
なのにびっくりするほど美味しいのです。
素材をとても丁寧に選び扱われ、誰がどこで
どうやって作られているかも毎回説明してくださる。
大好きな方です。

ゆかりさんは寺園さんのうつわの使い手でもあります。
写真はレッスンでの盛りつけ。
ゆくりでも、この機会にイタリア家庭料理とのコラボを
楽しんでいただけたらと思います。
当日のお野菜は牛窓のwaccafarmさんからです。
DSC_0256_513

________________________________

*企画が毎回瞬時に満席になってしまって
心苦しく思います。
おそらく今枝ゆかりさんの企画も同様に
なるのではと予想しております。

19日20時ジャストスタートなのですが
メールボックスに入った順番に受付させて
いただいています。
そのため同時刻にお申込みして頂いたにも
関わらずお断りすることもございますが、
何卒ご了承ください。

*お返事はなるべく迅速にさせて頂きますが
確認しながらになりますので1時間ほどかかる
こともございます。
*ブログからやインスタグラム、
フェイスブックなどからはご確認しにくい
こともありますので、必ず
yukuri2006@icloud.com
からお願いいたします。

お願い事ばかりで恐縮ですが、
どうぞよろしくお願いいたします。
_________________________

6/25(土)-

― 夏めく花 ― 

岡山・東京で活動されるフラワースタイリスト・
大澤英美さん。
昨年、鳥山高史さんのガラスにも活けてくださいました。
素材の持つ本質を読み取って活けられる大澤さんに、
寺園さんの備前に似合う夏の花をお願い致しました。
焼締めの別の一面をどうぞお愉しみください。
c0155980_15193367.jpg
atelier LA NOTE MUETTEさんHPより

c0155980_15051368.jpg
< 大澤英美さん プロフィール >
奉還町にて「atelier LA NOTE MUETTE」主宰。
池坊で師範取得後フラワーデザインを学び ショップ勤務ののち渡仏。 
パリでは "Vertumne" "Flamant home interiors" に勤務。
有名ブティックやホテル、メゾンエオブジェやその他
イベント会場、シャトーブライダル装飾などの経験を積み
6年半の滞在の後帰国。

アトリエもとても素敵な
「atelier LA NOTE MUETTE」さん。
岡山駅西口より徒歩約15分。
奉還町郵便局 向かいの店舗です。
_________________
<infomation>
*6/19(日)
児島のbollardさんの3周年記念に
一日だけのお花屋を開かれます。
詳しくはこちらを。

________________________________

6/25(土)-7/3(日)

― タカハシコーヒーと焼菓子 ―

かつて朝市で「タカハシコーヒー」という
特別ブレンドの コーヒーと焼菓子を備前のうつわで
提供していた、 証太さんゆうさんのお二人。 

期間中はその焼菓子とフレンチプレスのコーヒーの
セットを復活させて召し上がって頂きます。

こちらの写真は「viorto!」さんから。
証太さんゆうさんを招いての
特別イベントでのご様子です。
証太さんの備前のお話と、ゆうさんの
美味しいお菓子の特別レッスン。
*詳しくは「viorto!」さんのブログにてご覧ください。
c0155980_15351020.jpg
c0155980_15394035.jpg
< てらぞのゆうさん プロフィール >
山口県出身。
「タカハシコーヒー」の「タカハシ」は旧姓から。
大学時代は写真学科を専攻し、そこで証太さんと出会う。
自らを「楽妻」と呼び、枠にとらわれず気負わず、
毎日を楽しく暮らす。
目指すのは「いい妻とかいい母とかじゃなくて機嫌のいい人」。

最近のブログはゆうさんが綴っています。豊かな感性と
率直な言葉で綴られたブログは必見。
「つくる家族 の 暮らしとしごと」
__________________________



[PR]
by yukuri-2006 | 2016-06-17 15:45 | *イベント | Trackback | Comments(0)

岡山市北区撫川173-1


by yukuri-2006
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31