タグ:作品紹介 ( 56 ) タグの人気記事

昨日をもちまして、6/23から開催していました松村英治さんの個展終了致しました。

お越しくださった皆様、こちらをご覧くださっていた皆様、美味しいお料理を作ってくださったアルバンモーさん、松村さん、本当にありがとうございました!

松村さんの作品は明日昼まではこちらにあります。
買い取りもする予定ですが、これまでで気になられるものがありましたらお取り置きやオーダーできますのでお申し付けください。
(ご紹介完了できずすみません(>_<)まだ続けていきます)


「ひすい」の豆皿。
c0155980_08205862.jpg

c0155980_08205852.jpg


松村さんが住まわれている愛知県は無花果の生産全国一で、裏表に掛かった乳濁した釉薬はその無花果の木の灰から作ったもの。
ひすいはその上からさらに別の釉薬を掛けて生まれた表現です。

この度の展示会中には大変大きな出来事がありました。

言葉にするのが難しいですが、普通に暮らせるということがどれだけ有り難いことか考えさせられました。

生きていること、暮らすということは
それだけでとても愛おしい。

松村さんはじめ、器づくりの方々は「日々をより幸せに感じてもらいたい」その思いでそのための道具を作っておられるのだと思います。

器一つで人が励まされ支えになることがある。

私の仕事はそれをお伝えするという、とても大切なものなのだということを改めて強く感じます。





[PR]
by yukuri-2006 | 2018-07-30 08:15 | *作品紹介 | Trackback | Comments(0)
まずは角小皿。
c0155980_01344731.jpg

どれにも言えますが、
一枚一枚の表情が違います。
左上から右に「ひすい」「点紋」
「青流し」「縁青緑」です。
点紋はサイコロみたいに模様が入ってますが
「つけているうちに段々そんな感じに」
なったそうです😊

こちらは丸い豆皿。
c0155980_01365352.jpg

c0155980_01365374.jpg


こちらは迫力の長皿。
c0155980_01413903.jpg


c0155980_01393544.jpg
c0155980_01415069.jpg

c0155980_01393548.jpg

群青がとてもきれいな「青流し」と
額縁のようにお料理を彩る「縁青緑」
です。


あると便利な角小鉢、
2種あります。
このくらい立ち上がっていると
お醤油やタレなども入れやすいです。

切立角小鉢。
c0155980_01432188.jpg
c0155980_01460927.jpg

角小鉢。
c0155980_01432217.jpg

c0155980_01432227.jpg



まだいろいろ続けてまいります。




[PR]
by yukuri-2006 | 2018-07-12 01:11 | *作品紹介 | Trackback | Comments(0)
松村さんの今個展の作品紹介を。

こちらは長角皿小という作品。
釉薬は一枚目から順に「縁青緑」
「青流し」「翡翠」です。
焼き魚などちょうど良いサイズです。

最後の写真がDMに使った「縁青緑」、
鮭の赤い色が縁の青緑とよく合う
ように思います。
c0155980_02271320.jpg

c0155980_02271452.jpg

c0155980_02271669.jpg

c0155980_02271711.jpg


#松村英治2018ゆくり個展作品紹介

というタグで松村さんの今年の
作品ご紹介しようと思います。

これで展示会の作品だけ見られる
ようにしてみたいと思います😊
ご参考になるよう駆け足で頑張ります。


[PR]
by yukuri-2006 | 2018-07-03 02:20 | *作品紹介 | Trackback | Comments(0)
c0155980_12013822.jpg


4/30月曜日をもって、加賀雅之さんの
個展終了致しました。

お越しくださった皆様、
ここをご覧くださった皆様、
本当にありがとうございました!

1ヶ月に渡る展示会、じっくり
ご覧いただけていたら嬉しく思います。

写真の大きめの彫り盆は、
北海道のオニグルミ。
大きさからすると、おそらく
樹齢100年を超えるものだそう。

100年生きてきた木がこうして
作品になって手元にあることに
感慨を覚えます。

「自分より長く生きてきた木に、
手を合わせるように」
作られてきた作品は、隅々まで
無駄なく使わせてもらいたい、
そんな気持ちに溢れています。
作品に四角が多いことも、
そんな理由があるそうです。


今回「第三章」と題した個展は、
ゆくりにとっても三度目の加賀さんの
展示会でありますが、加賀さんに
とってのこれからでもあります。

目指すものを見据えた先に生まれる
個性は、自然でいて振れない強さが
あります。
これからの加賀さんの仕事が
また楽しみになりました。

展示会を彩ってくださったBREAD&DOUGHNUT HOHOさん、ATELIER PLUSさん、
ある晴れた日の珈琲さん、
bonbon breadさん、
いつも可愛いお菓子を作ってくださるぽったり屋さん、
そして加賀さん、
本当にありがとうございました!

作品は、一部買い取りさせて頂きます。改めてここでもご紹介します。

5/5までは作品はまだありますので、
これまでに写真でご紹介したものにも
気になられるものがありましたら
どうぞメールからお尋ねください。

yukuri2006@icloud.com

[PR]
by yukuri-2006 | 2018-05-01 11:38 | *作品紹介 | Trackback | Comments(0)
残すところ今日入れてあと3日と
なりました。

最後2日は加賀さんも再び在廊
してくださいます。
(29日日曜日は、ご都合で急遽14時から
となりました。何卒ご了承ください。
最終日30日は11時よりお越しです)
c0155980_16260862.jpg

写真は「カトラリーbox/4320円*本体」。蓋は別になっていて、本体を追加で重ねていくこともできます(1730円)。
c0155980_16260974.jpg


蓋をお皿にしたいと言うお客様も
おられました。

こちらは「DM box/3,780円」。
こちらもスタッキングできます。
c0155980_16261110.jpg


もう一つ、箱のものを。
「megane box/3,780円」
c0155980_16261291.jpg

c0155980_16261497.jpg

c0155980_16261589.jpg

(蓋は別売りで1,296円です)

増える眼鏡の収納用に作られた箱。
隅々まで丁寧な造りです。

もうすぐ母の日、父の日がきますが、
贈り物にもいかがでしょう。

眼鏡以外にも、印鑑や朱肉、
アクセサリーなど大切なものを
入れておくのにも良いです。

----------------------------------
-  第三章へ ‐

 加賀雅之 木工展

2018.3.31 (土)-2018.4.30(月・祝)
11:00-17:00

最終日も17時まで営業しております。
お時間過ぎそうな時はご連絡ください。
(09028029786 安田)

今後の作家在廊日
4/29(日)*14時からになります
4/30(月・祝)


最終日までどうぞ楽しみに
お越しください。


[PR]
by yukuri-2006 | 2018-04-28 14:28 | *作品紹介 | Trackback | Comments(0)
c0155980_21590071.jpg


これは何でしょう?
オブジェのようですが、
とても使い勝手のよいこの三角。

答えは…



実はナベシキなんです。
(/3,780円)
内側のエッジから外の角まで、
小さいものから大きいものまで
置くことができます。
底が丸い感じのものにも
対応してくれます。
c0155980_21590159.jpg

使わない時は壁に掛けたり、
自立するので棚に飾ったり。
(壁掛けの写真は壁に小さな虫ピンを
刺して引っ掛けています)
c0155980_21585853.jpg


明日は縁側でワークショップをしていますが、展示もご覧いただけます。
11時よりお待ちしております!


*************************

-  第三章へ ‐  
加賀雅之 木工展

2018.3.31 (土)-2018.4.30(月・祝)
11:00-17:00

今後の展休日
4/23(月)

今後の作家在廊日
4/17(火)
4/29(日)
4/30(月・祝)

4/24(火)
「bonbon bread」 パン販売

*************************
[PR]
by yukuri-2006 | 2018-04-16 21:52 | *作品紹介 | Trackback | Comments(0)
こちらの作品は
「ヒトエダサシ/3780円」。
中に試験管が入っています。
c0155980_12181045.jpg


重い素材のホワイトオークを使い、
下部に重りを仕込んであるので
安定感があります。

シンプルですが細やかな仕事が施されています。
c0155980_12181236.jpg

こちらは「イチリンザシ/1728円)。
こちらも中に小さな試験管が
入っています。
c0155980_12181419.jpg

加賀さんのお子さんが学校の帰り道に
摘んで帰ってくれるお花を飾って
あげようというところから生まれた
可愛い花入れ。

旋盤を使わない加賀さん。
これは角柱から一つ一つ手で削って
作られたものです。
ほとんど真円に見えるので
これも驚きです。

どちらもプレゼントにされる方も多いです。
c0155980_12210744.jpg
********************************

-  第三章へ ‐  

加賀雅之 木工展

2018.3.31 (土)-2018.4.30(月・祝)
11:00-17:00
(お時間遅れる方もどうぞお知らせください)

今後の展休日
4/16(月)
4/23(月)

今後の作家在廊日
4/17(火)
4/29(日)
4/30(月・祝)

4/24(火)
「bonbon bread」 パン販売

********************************

[PR]
by yukuri-2006 | 2018-04-15 12:14 | Trackback | Comments(0)

加賀さんの思い

c0155980_12055786.jpg

昨日搬入にきてくださって、
展示真っ最中です。

人気のpan皿は40枚。

一堂にたくさんご覧頂けるのが
展示会の良さなんですが、このように
節が表に出ているお皿もあります。

無垢の木で制作されるとどうしても
こういった節があるのですが、
「それも個性として見ていただけたら
嬉しいです」
と、そんなお話もしました。

昔家具メーカーで働かれていた時に、
節があって家具として使えない、
仕方なく端材として処理されてしまう
木片をなんとかできないかと考えた
ところから作品作りがスタートしたと
言われます。

「例えば魚を食べるとき、
骨以外全部食べて命を生かしたい、
そんな『御馳走様』の感覚と似てる
かもしれませんね」
と。

この、節がある一枚そのものが
加賀さんの思いが凝縮されて
表現されたものではないかと
改めて感じました。

節はその木が育ってきた証。
同じものはこの世に一枚としてなく。

そう思うとむしろ節がでてきたところが
愛おしいような、存在が可愛いような、
そんな気がしてきます。

「きっと、木工作家は皆そう思って
らっしゃると思いますよ」
そう話されていました。

個人作家だからこそできる、
細やかな仕事や思いにも気持ちを
馳せながらご覧頂けたら幸いです。



[PR]
by yukuri-2006 | 2017-03-31 12:01 | *展示会案内 | Trackback | Comments(0)
新しく加賀さんの定番になった楕円皿。
重ねた姿も美しく、控えめに裏側に刃の跡。
制作は平らなものの方が難しいそうです。
c0155980_23032850.jpg

c0155980_23032922.jpg

c0155980_23033176.jpg


その楕円皿を使ってみました。
ガトーショコラはアトリエプリュスさんから。

c0155980_23033495.jpg



明日はアトリエプリュスさんのパンが再び並びます。
・ベーグル
・コーヒーメロンパン(一番人気です)
・プルマン(小さな角食)
・スコーン
・グラノーラ(アイスクリームに是非!)。
c0155980_23033621.jpg


前回買ってくださったお客さまから美味しいと絶賛されたラインナップです。

完売したので私はまだ頂いてないのですが、お客さまから
「ゆくりさんも全部召し上がった方がいいですよ絶対!」
とのお言葉を頂戴しましたので、多目に作って頂くことに。

13時までの予定でしたが、売り切れまで販売させて頂きます。

オープンは11時からです。
お待ちしております。







[PR]
by yukuri-2006 | 2016-04-22 22:55 | Trackback | Comments(0)

昨日はアップできずすみません。
明日は展示会最後になりますが、できる限りご紹介していきます。
大きさやお値段はまた追記しますね。
(もし気になる作品がありましたら、お取り置きや制作依頼もできますのでお申し付けください。
yukuri2006@icloud.com)

c0155980_01301035.jpg

c0155980_01292164.jpg

c0155980_01292450.jpg

c0155980_01294539.jpg

c0155980_01303573.jpg

c0155980_01312473.jpg

c0155980_01323798.jpg



c0155980_01320501.jpg
c0155980_01215426.jpg
c0155980_01265137.jpg
上のお皿は、こんな使い方も。
c0155980_01291328.jpg
c0155980_01461169.jpgc0155980_01451423.jpg
c0155980_01295566.jpg
c0155980_01525841.jpg
c0155980_01560509.jpg
c0155980_01553493.jpg
c0155980_01595307.jpg
c0155980_01593481.jpg
c0155980_02004855.jpg
c0155980_02001815.jpg

c0155980_02023197.jpg
c0155980_02003640.jpg

まだできる限りご紹介します。



**********************************
お知らせ
**********************************
一日限定
「ひだまりのクリスマス」展

- 山本美文さんの木のカトラリー -
2015.12.23(水) 
11:00~17:00

ゆくりの縁側に、木工作家・山本美文さんから届く
新作のバターナイフや定番のスプーン&フォークが並びます。
c0155980_20515541.jpg

**
* 同時開催イベント
「クリスマスのケーキスティック」
***
c0155980_20535950.jpg

(クリスマスの前日に寄せて企画するワークショップ)

参加費 5000円(ケーキ・コーヒー付)
時間 13:00-16:00

ワークショップお申し込み先:

yukuri2006@icloud.com

050-5586-6675

オリジナルのケーキスティックを削って、
今年のクリスマスケーキを召し上がってみませんか?
手を動かした後は、一足早いケーキでクリスマスの予行演習でも
(まずは、出来たてほやほやのケーキスティックの使い勝手を試しておきましょう)
c0155980_20554033.jpg<


ケーキ用の皿は、ホワイトクリスマスを連想させる

山本さんの白漆の作品をお借りしておきますね。
ご参加お待ちしております。


********************************

急ではありますが、楽しいこと間違いなしです。
ぜひ♪
   






[PR]
by yukuri-2006 | 2015-12-20 00:58 | *作品紹介 | Trackback | Comments(0)

岡山市北区撫川173-1


by yukuri-2006
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30