タグ:作品紹介 ( 53 ) タグの人気記事

谷井さんの器(3)

昨日は大変失礼致しました。
2日しかない営業日の1日をお休みするのは非常に心苦しかったのですが、どうしても行かねばならないことが出来、もしお越しになった方がおられましたら誠に申し訳ございませんでした。

谷井直人さんの器、もう一点ご紹介がございます。
貫入の目の美しい飯碗です。
(大2100円 小1890円)
c0155980_2028511.jpg

c0155980_20325045.jpg

手にしてみたところ。
c0155980_20261892.jpg

昔から貫入のものも好きで、綺麗に入った器を見ると嬉しくなります。
c0155980_20293447.jpg


谷井さんは信楽窯業試験場、京都府立陶工高等技術専門校を経て笹山裕昭氏に師事され、現在はご兄弟と一緒に「遊楽窯」を運営しつつご自身の作品も精力的に制作されています。

シックに抑えられた色、またスタイリッシュで和でも洋でも合わせやすいので、お持ちの器とお使いになられてもきっと喧嘩をしないと思います。

今回ご紹介させていただいた他にも、気になる器がたくさんあります。
また、近いうちに信楽の工房にお邪魔できたらと思います。
HPもお持ちです。
http://naotora.com/home.html
是非ご覧になって見てください。
[PR]
by yukuri-2006 | 2013-10-08 20:35 | *作品紹介 | Trackback | Comments(0)

谷井さんの器(2)

遅くなりましたが、2点目です。
最初にご紹介したものですが…
白×黒 リム皿 6寸 (2310円)
c0155980_0172742.jpg

横から。
c0155980_018693.jpg

*もっと小さ目の5寸もあります。
[PR]
by yukuri-2006 | 2013-09-28 23:11 | *作品紹介 | Trackback | Comments(0)

谷井さんの器(1)

すみません、一日空いてしまいました(汗)

谷井さんの器です。
白×黒 角皿(14.8角) 2310円
(お箸は山本美文さん)
c0155980_22583576.jpg

横から。高台のない平たいお皿です。
c0155980_2305137.jpg

[PR]
by yukuri-2006 | 2013-09-26 23:08 | *作品紹介 | Trackback | Comments(0)

小林克久さんの木のお皿

ご無沙汰しております。
ようやく過ごしやすくなってまいりました。
気がつけば9月。
庭で大合唱していた蝉はいつの間にか静まり、
今は秋の虫が鳴いています。

まだ途中にしていることもありますが、
小林克久さんのお皿が届きましたので
まずはご紹介を。

Plate 18㎝ 5250円
c0155980_228462.jpg

春にお願いしていたものですが、
とても使いやすく重宝しています。
削り跡がいいんですよね。

サラダを盛るとこんな感じです。
c0155980_22151697.jpg


仕上げには食用になる荏胡麻油を施してあるそうで、焼き物とは逆に油分の多いお料理に積極的にお使い頂く方が器のためにいいそうです。
(焼締や粉引きの陶器はシミになることがありますので、最初はお避けになった方がいいです)

それから、これからさらに活躍のオーバル茶筒。
6825円
c0155980_22205676.jpg

たまたま入っていた木の模様がワンポイントになっています。
ぴったりした内蓋もついていて、とても美しい茶筒。
お茶を飲む楽しさをより盛り上げてくれます。
[PR]
by yukuri-2006 | 2013-09-01 22:24 | *作品紹介 | Trackback | Comments(0)

稲垣さんの作品紹介

ご無沙汰しておりました。
お待ちを…と言いながらすごくお待たせしてすみません。
撮影や写真・動画アップにかなり手こずってしまいました(汗)
(文末で制作の様子をアップしておりますので、よかったらご覧頂けたら嬉しいです)
先週は工房訪問などで出歩くことも多く、作品も新しく入りました。
千田雅子さんの器、山本美文さんのカトラリーなども入荷しております。
また改めてご紹介しますね。


ようやく稲垣さんの作品紹介です。
金属を撮影するのは非常に難しく、時間帯や場所を変えてみたりしましたがまだそのものの魅力に近いものにはなっていないかもしれません…
また挑戦しますが、今回は今出来るだけのことでご紹介したいと思います。

真鍮和菓子ナイフ(13.5cm)
c0155980_2337870.jpg

角皿(9.5cm) アルミ・真鍮・純銅・純銅黒仕上げ
c0155980_0165634.jpg

市松真鍮箸置き(3.1cm)
「食卓にこういう輝きのあるものが入っているのも
アクセントになって素敵ですよ」
と稲垣さん。
(画像ではちょっと光りすぎてます。もっと落ち着いた感じです)
c0155980_0181089.jpg

柚子胡椒匙(マドラー匙 16.5cm) 上・真鍮 下・アルミ
柚子胡椒匙ですが、マドラーとしても。
(こちらも、それぞれの色や質感がわかりにくいのでまた撮影してみます)
c0155980_0194033.jpg

鳥山さんのビアグラスに入れてみました。
c0155980_0221136.jpg

アルミカップ(高さ7.5cm)
アルミは熱伝導がいいので、今時期は冷やすと飲み物もさらに美味しいです。
c0155980_0225338.jpg

アルミ万能ボウル Sサイズ (13.5cm)
器としてももちろん、道具としても使い勝手がいいです。
そのまま火にも掛けられます。
小鳥のような姿が愛らしい(*^_^*)
c0155980_039736.jpg

内側は、混ざりやすいように打ち目を変えてあります。
よく冷えるので、冷蔵庫に入れておいても食材の持ちがとてもいいですよ。
c0155980_0413945.jpg

真鍮蚊取り線香立て。
角板を丸く打ち抜いたものの端を使って作られたものです。
なかなかかっこいい蚊取り線香立てってないので、これはかなりおすすめ。
お値段は788円です。
c0155980_043095.jpg


今、アルミのお鍋もお願いしています。
秋には送ってくださる予定なので、お鍋のシーズンにも間に合いそうです。
このような打ち目も美しい鍋。
こちらは自宅で使ってから使用感をお伝えしたく買わせて頂きましたが、お店では見本として見ていただくことはできます。
c0155980_1532946.jpg

本体は、ワインクーラーや大鉢にもなる、用途に多様性のあるデザイン。
パスタなどもいいですね!お料理を温め直すこともできます。
軽くて洗いやすいのも魅力。割れることもないので、世代を越えてお使いいただけると思います。
取っ手の木部も美しいです。
c0155980_21835.jpg

c0155980_212866.jpg



今回、実演もしてくださいましたので、その様子をYouTubeにアップしてみました。
(画像ではなくリンクの方をクリックしてくださいね)

まずはアルミのお皿の鍛金。
このサイズの一枚のお皿に打ちこむ回数、なんと500以上。
綺麗に均一に出来ていきますが、実際に未経験の方がやってみるとガタガタになるそうです。
鍛練の成せる技ですね…その上、毎日毎日一つ一つの作品ににこうした作業がなされていると思うとより一層作品が愛おしくなります。
稲垣大さん 鍛金実演動画
c0155980_1364138.jpg


こちらは口頭でどうやって正円に近いものにしていくかを説明してくださっています。
また、飾りの打ち目を実演。
稲垣大さん 鍛金実演動画2
c0155980_13720100.jpg


こちらは蚊取り線香立て。
フィールドオブクラフト倉敷でも実演で制作されているのをご覧になった方も多いのでは。
端材になってしまう部分ですが、こうして稲垣さんのアイディアで立派に道具に生まれ変わります。
稲垣大さん 鍛金実演動画 蚊取り線香立て
c0155980_1374031.jpg


仕上げ。(撮影しておりませんが、この作業の前に縁のヤスリ掛けをされています)
稲垣大さん 鍛金実演動画 蚊取り線香立て2
c0155980_138438.jpg




てんこ盛りになりましたが、読んでくださってありがとうございます。
お手入れ方法も書く予定でしたが、併記するとかなり長すぎますので次回に。



*************************
遅れ馳せながら、中野由紀子さんの展示会について更新しました。
大阪でも鳥山高史さんの個展中です。
お近くの方は是非。
「ものづくり便り」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

いつも読んでくださってありがとうございます。
***ranking***
[PR]
by yukuri-2006 | 2013-07-15 23:20 | *作品紹介 | Trackback | Comments(0)

島さんの耐熱鉢

すみません、今日はいつもよりアップ遅くなってしまいました>_<

島さんの耐熱鉢の撮影に再チャレンジ。
耐熱鉢
(7875円)
c0155980_0282593.jpg

この黒がなかなか近い色に撮れなかったのですが…
しっとりした艶があります(*^_^*)
裏側には「る」のサイン。
c0155980_123941.jpg


前回の粉引とこの耐熱鉢のこと、ご注意書きをお預かりしています。
丁寧な言葉が島さんらしくて。
c0155980_1152770.jpg

c0155980_1154991.jpg

(文字が見えるかしら…)

ラタトゥイユ、焼ピビンバ、焼きりんご。
ジャガイモとプチトマトのチーズ焼き、
グラタン、干しイチジクのケーキ。

…美味しそうです(≧∇≦)!!
(しまったこの時間に)


まずは、美味しいお粥からスタートして。
この鉢で何か作ったら、その時はまたアップしますね。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

いつもありがとうございます。
どうぞよろしくお願いいたします。
***ranking***
[PR]
by yukuri-2006 | 2013-06-18 00:37 | *作品紹介 | Trackback | Comments(0)

島るり子さん

こんばんは。

今日からは島るり子さんのことを。

先日、久しぶりに島さんにお会いすることが出来ました。
前回ご訪問した時のブログ

島さんの工房は長野県の伊那市。
松本からは帰り道の途中だったのですが、今回は私自身がギリギリまでいけるかどうかわからなかったので事前にお約束が出来ず、ご挨拶だけでもと思い現地でお電話したところお会いできることになりました。

変わらずお元気で、嬉しくお話ができました。

気取らない、そして本当に周りの人やものへの愛情が深い方です。

繊細で優しく、でも凛とした薄造りの粉引。
品のいい、どんな器とも合わせられる包容力のある焼締。
反対に、鉄鍋のようにガシガシ使える逞しい黒い耐火の鉢。

その作品達全部に、島さんという方が表れているのではないかと思います。

お話をしている時も、目上の方にこんな表現の仕方していいかわかりませんが、とても可愛らしい方で…もう本当に大好きです(*^_^*)
「自然と生きる」ということを何気なく日々の暮らしで体現されていて、素敵な生き方をされている方です。

以前からのお話だったのですが、来年にはゆくりで展示会をしていただけることに。
是非、その時は作品を楽しみにご覧いただけたらと思います。


作品も頂いてまいりましたのでご紹介して行きます。

ちょく
(3885円)
c0155980_0312272.jpg

可愛い大きさで、手に持つとこんな感じです。
c0155980_0342191.jpg

もう少し大きいちょくもあります。

小鉢
(3885円)
c0155980_193118.jpg

大きさはちょくと同じくらい。
お湯飲みにも使えるし、使い方を考えるのが楽しい小鉢です。

島さんの器は、使っていくほどに品良くなる器。
何年も経て内側も外側も貫入が綺麗に入ったものを見せていただいたことがありますが、その美しさに見惚れてしまいました。
新しいものも美しいですが、それともまた違う美しさ。
どこか骨董でもあるような、時代を経たような厚みが出てくるのですね。
今自宅でも使っていますが、ゆっくりと育っていく様子を見るのが嬉しいです。
そのうち、見せて頂いたようになると幸せ(*^_^*)

耐火の鉢もいただいています。
またご紹介致しますね。

それから、天然生活から島さんの暮らしを取材された本が出ています。
こちらもどうぞ、是非ご覧になってみてください。
島るり子のおいしい器(天然生活ブックス)



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

いつもありがとうございます。
どうぞよろしくお願いいたします。
***ranking***
[PR]
by yukuri-2006 | 2013-06-16 00:15 | *作品紹介 | Trackback | Comments(0)

吉川仁さん

びっくり。
前の日記でアップした写真がなぜかひっくり返ってました(汗)
昨日はちゃんと起きてたのですが、こういうこともあるのですね…
先ほど直したのですが、大変失礼致しました。

今日は吉川仁さんの器を。

土を変えて作られたそうで、以前よりさらに渋味が増していました。

刷毛目台皿
(4200円)
c0155980_2352464.jpg

c0155980_2352416.jpg

刷毛目六角皿
(2940円)
c0155980_23535838.jpg

アップにしてみます。この刷毛目の化粧の雰囲気がいいですね!
ガトーショコラが似合いそう、とふと浮かびました。
c0155980_23592787.jpg

刷毛目リム皿
(4725円)
c0155980_014998.jpg

こちらは、吉川さんはご自宅ではシチュー皿として使われているとか。
この季節だと、トマトスープとか良さそうですね♪
c0155980_045648.jpg


ちょっと雰囲気変わって、灰釉わん。
ご飯だけでなく、お抹茶にも使えます。
お茶の色が綺麗に映えそう。
(3990円)
c0155980_083223.jpg

高台部分。
c0155980_0103389.jpg


吉川さんは京都で制作されています。
また、制作の現場を拝見出来たらと思います。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

いつもありがとうございます。
どうぞよろしくお願いいたします。
***ranking***
[PR]
by yukuri-2006 | 2013-06-13 00:12 | *作品紹介 | Trackback | Comments(0)

シンプルな美しさ

今日は小さなテーブルコーディネートの撮影も。

c0155980_23423542.jpg



8寸皿   角田淳さん
飴釉小皿 林健二さん
一輪差し  照井壮さん
ステンシルビアグラス・アルミプレート
       鳥山高史さん  
真鍮柚子胡椒匙
       稲垣大さん
デザートフォーク
       山本美文さん
鍋掴み(ポットマットにしています)
       新藤佳子さん
耐火ピッチャー
       境知子さん


どの方の作品も、素朴でいてスッと背筋の伸びたシンプルな美しさがあります。

こうして並べている時間というのはとても楽しくて、「やはり自分は好きなんだなあ」と改めて思います。


この仕事をさせてもらえている幸せ。

一つ一つの作品の後ろに作った方と、この美しさに至るまでに重ねてきた時間を思います。




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


いつもありがとうございます。
どうぞよろしくお願いいたします。
***ranking***
[PR]
by yukuri-2006 | 2013-06-12 00:14 | *テーブルコーディネート | Trackback | Comments(0)

小林克久さんの茶筒

こんばんは。
今日は木工の作品をご紹介。

岡山の作家、小林克久さんの茶筒です。
(6825円)
c0155980_2350226.jpg


しっかりした中蓋も付いていて、素朴でいて美しい形。
使っていて嬉しくなるような、凛としつつも愛らしい作品です。
かなりオススメです!

今はお皿をお願いしているのですが、夏にはお届けくださるとのこと。
とても楽しみにしています。


小林さんは、ご出身は群馬県。
インテリアデザイン事務所、デザイン系専門学校講師を経て、’02年木工作家として独立されたそうです。
基本的には家具を作っていらっしゃいますが、こうした小物は独学で学んで制作されるようになったとのこと。
現在は岡山を始め、全国的に活動の場を広げていらっしゃいます。


洗練されたラインやピンッとした面、凜とした佇まい。
そして、ちゃんとしたモノを作る。
そんな木工作家を目指して日々精進。

作品に対してのお気持ちをお聞きすると、こんなお言葉を頂きました。

とっても親しみやすい、気さくないい方ですよ(*^^*)





~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

いつもありがとうございます。
どうぞよろしくお願いいたします。


***ranking***
[PR]
by yukuri-2006 | 2013-06-11 00:13 | *作品紹介 | Trackback | Comments(0)

岡山市北区撫川173-1


by yukuri-2006
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30