タグ:山本美文 ( 4 ) タグの人気記事

昨日開催しました特別企画「日々の食事を漆で愉しむ」のご報告、そして蝶野さんの作品ご紹介、まだまだ続きます。

一つ、お知らせを。
小さな展示会が決まりました。

**********************************
一日限定
「ひだまりのクリスマス」展

- 山本美文さんの木のカトラリー -
2015.12.23(水) 
11:00~17:00

ゆくりの縁側に、木工作家・山本美文さんから届く
新作のバターナイフや定番のスプーン&フォークが並びます。
c0155980_20515541.jpg

**
* 同時開催イベント
「クリスマスのケーキスティック」
***
c0155980_20535950.jpg

(クリスマスの前日に寄せて企画するワークショップ)

参加費 5000円(ケーキ・コーヒー付)

 時間 13:00-16:00

ワークショップお申し込み先:

yukuri2006@icloud.com

050-5586-6675

オリジナルのケーキスティックを削って、
今年のクリスマスケーキを召し上がってみませんか?

手を動かした後は、一足早いケーキでクリスマスの予行演習でも
(まずは、出来たてほやほやのケーキスティックの使い勝手を試しておきましょう)
c0155980_20554033.jpg<


ケーキ用の皿は、ホワイトクリスマスを連想させる

山本さんの白漆の作品をお借りしておきますね。
ご参加お待ちしております。


********************************

急ではありますが、楽しいこと間違いなしです。
ぜひ♪
   




[PR]
by yukuri-2006 | 2015-12-16 21:05 | *展示会案内 | Trackback | Comments(0)
いつも見てくださる皆様、また、新しく始めたランキングに
早速クリックしてくださった方、ありがとうございます。

今見てましたら、111位におりました(^^)
こんなに応援してくださったのだ、と感謝。。(><、)

励みになります。頑張っていきますね。



ところで、山本さんのカトラリーご紹介の折に、写真の右下あたりに写っている
ちょっと変わった形のこのスプーン。


c0155980_17233096.jpg


これは、昨年秋、岡山市にオープンしたばかりの「AO:カフェ」さんと
山本さんのコラボで誕生した

「デザート&アイスクリームスプーン」

です。


スプーンの先が切ってあるため、バターやジャムを塗る時に
とても重宝するのです。

一本でいろいろ働いてくれますよ。



その「AO:カフェ」さんですが。。


c0155980_17251745.jpg


外装も内装も家具も器もお料理の素材も、ナチュラルで
こだわっていて、とても落ち着く素敵なカフェ。
外・内装を手がけられたのは、左の欄の「サンタの隠れ家図工室」のマダムサンタさんです。

c0155980_172632.jpg


オーナーは、木下さんご姉妹。
姉妹でされているところが、自分たちともちょっと似ていてなんだか親近感(^^)

しかも、お店の鉄サビの看板を依頼した作家の方が、偶然にもゆくりと同じ、
東京の鐵鋼作家、江口良一さん。(ゆくりの看板
こういうことってあるんですねー。。ご縁というものなのでしょうか。



さて、イングリッシュマフィンを頼んだら前出のスプーンが登場してきました。
(オープンして間がない時だったので、今はメニューが変わっているかもしれません)
c0155980_17301953.jpg



(ちなみに、他にもゆくりの器を使ってくださっています。お冷のグラスは石川昌浩さん、
 写真中にはありませんが、ミルクピッチャーは鳥山高文さん。
それから、小野寺友子さんの粉引きの浅鉢。)


クラフトが大好きなお二人なのです(^^)


ドリンクメニューには、手作りジンジャーエールや、無農薬のニンジンジュース、
九州の山奥で作られている無農薬の紅茶などがありました。
(ちょっと前の情報なので、今違ってたらごめんなさい。。)



現在、ランチもされているそうですよ。

詳しくはこちらへ。。


『AO:CAFE(アオカフェ)』
住 所:岡山市北区西古松2-2-8 ラポルト大元駅前1F
電 話:086-245-2480
時 間:11:00~19:00
定休日:不定休  
駐車場:3台



よろしければお願いします(^^)
***ranking***


*****************************
― 展示会のご案内 ―

ゆくり特別企画展
「岡本家の人々」

2010.3.4(木)-3.15(月)
11:00―17:00
期間中無休
*****************************
[PR]
by yukuri-2006 | 2010-02-08 17:33 | *日々のこと | Trackback | Comments(0)

山本美文さんの工房訪問

あるご相談があって、山本美文さんの工房に伺った際の訪問記です。


工房は岡山市のとあるところ。

ご自宅近くの小屋を改装されています。
こちらは大きな家具などを作られている工房。
c0155980_2244224.jpg

お邪魔したのは、その隣のこちらの工房です。
鶏小屋だったのを、ご自身で改装されたそう。
c0155980_23104321.jpg



山本さんの工房を訪れるたび感動するのが、季刊誌「住む。」の表紙になったこともある、
その佇まい。


道具も、作りかけの作品も、お掃除道具すらもそれぞれが美しく、無駄がなく、
山本さんの目を通して選ばれたもの達なのだとわかります。
c0155980_22452134.jpgc0155980_2244187.jpg

c0155980_227565.jpg

c0155980_2293760.jpg


この当時、展示会が近いとのこと、きれいに並べられたカトラリー。
c0155980_22102142.jpg


普段カトラリーを制作されるための机。もちろん、山本さん自作です。
c0155980_2214843.jpg


子供用の可愛い椅子が置いてありました。
c0155980_221327.jpg



また、この時にはお昼をご馳走になりました(*^^*)。

山本さんの奥さまはお料理の達人。
特に天然酵母のパンは絶品です。
c0155980_22154864.jpg

パンの中に、自分でいろいろ詰めたり乗せたり。。。
一番左に写っているのはズッキーニのフライ。ズッキーニって、
こういう調理法もあるのですね。
c0155980_22185242.jpg

木工作家さんなので当然なのかもしれませんが、
こんなに木の器で食事をすることってなかなかないですよね。
我が家でも陶器がやはり多いですから。。
「ちょっと傷が付いていたりするものは自宅で使うんです」とのこと。

いいですね、木の器(^^)
本当に美味しくて、目にも美しく心が豊かになる食卓でした。



「作家だからといっても、全然特別のことではないと思っているんです。
 毎日、朝決まった時間に起きて、仕事に掛かる。
 それがたまたま木工ということで。サラリーマンと一緒ですよ。」



食事の後には、そうお話頂きながらコーヒーを入れてくださいました。

こうして「100回挽いて」ご家族のコーヒーを入れるのが、
山本さんの朝の日課だそう。
c0155980_22354073.jpg




山本さんは、かつて長野県でスキーのインストラクターをされていたそうです。
雪のない夏の時期の仕事、と思われて入ったのが、長野で盛んな木工の世界。
すっかり魅力に取りつかれ、ついに本業になったとのこと。



カトラリーの使い心地のことを前回書かせていただきましたが、
こういう暮らしの中から、あの微妙なラインや形、口に入れた時の
快さが滲んで生まれているのだと実感します。

普段の暮らしって、忙しいとつい慌ただしい感じにもなってしまうのですが
こうした道具や器が、その心を静かに引き戻してくれるように思います。



***ranking***
[PR]
by yukuri-2006 | 2010-02-07 22:52 | *工房訪問 | Trackback | Comments(0)
今日のご紹介は、山本美文さんのカトラリーです。

c0155980_1213220.jpg


いろいろ揃いましたよ(^^)


微妙なカーブに寄るものか、山本さんのカトラリーはとても使いやすい。


それに、他の方が使っている様子を見ていると、
どうも食事の仕草を美しく見せる効果もあるように思えます。
[PR]
by yukuri-2006 | 2010-02-06 01:59 | *作品紹介 | Trackback | Comments(0)

岡山市北区撫川173-1


by yukuri-2006
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30