中矢嘉貴さんの「光と 花と 木のうつわ」
木工展始まりました!


木のうつわのある生活をイメージして
ディスプレイさせてもらいました。
nara横田順子さんのお花素晴らしい!
また別にご紹介します。
こちらは昨日中矢さんが撮ってくださいました。

c0155980_09092993.jpg

c0155980_09100103.jpg

c0155980_09105169.jpg

生木から削り出すという制作方法は木工の中では
少数派ですが、そこにしかない魅力があります。

中矢さんが導いた形、最後は「木が決める」形。

とても品のある美しい作品ばかりです。

12/2の最終日まで、19時までの営業です。
昼と夜では店内の様子もかなり変わります。 
是非ご覧いただきたく思います。



[PR]
by yukuri-2006 | 2018-11-18 08:55 | *展示会案内 | Trackback | Comments(0)
次回、富士山麓の木工作家•中矢嘉貴さんの
個展のお知らせです。 
c0155980_21010590.jpg

「光と 花と 木のうつわ」
中矢嘉貴 木工展

2018.11.17(土)-12.2(日)
11:00-19:00

展休日  11/19(月)11/26(月) 
中矢さん在廊日 11/17(土)

木のランプシェードを愉しんでいただきたく、
19時までの営業となっております。

お時間過ぎても構いませんので、時間外の方も
どうぞお気軽にお申し付けください。

また、11/26月曜日より通販とお取り置きの
受付を開始させて頂きます。
お越しになれない方もお気軽にご相談ください。 ...................................

富士山麓で木工を手掛ける中矢さん。
今回は2016年から2度目のご紹介となります。

コナラ、エノキ、ヒメシャラ、ヤマザクラ _

岐阜高山で家具の仕事を手掛けた後、
現在の地に移り住んだことを機に、
その地で生まれ育ち切り出されながらも
肥料や燃料の他に行き場のなかった材達を
目にします。

六年前から始まった現在の木の仕事は、
そんな里山の木々に向ける
「生かしたい」
という思いから始まりました。

通常、木工は何年もかけて材を乾燥させてから
加工しますが、中矢さんの制作方法は、まだ
水を含んだ生木を削るというもの。

そこから乾燥する過程で、自然に
変化した姿を作品としています。

前回も評判を頂きましたお花、今回も倉敷市
「nara」のフローリスト、横田順子さんに
お願い致しました。
会期中もたくさん活けて頂きます。
(作品ご購入の方には活けてある作品も
お持ち帰りいただけます)

光、花、食。

それぞれの中矢さんの作品をご覧ください。

c0155980_21014067.jpg

c0155980_21014044.jpg

c0155980_21014189.jpg

c0155980_21014137.jpg



[PR]
by yukuri-2006 | 2018-10-30 20:59 | *展示会案内 | Trackback | Comments(0)
c0155980_12013822.jpg


4/30月曜日をもって、加賀雅之さんの
個展終了致しました。

お越しくださった皆様、
ここをご覧くださった皆様、
本当にありがとうございました!

1ヶ月に渡る展示会、じっくり
ご覧いただけていたら嬉しく思います。

写真の大きめの彫り盆は、
北海道のオニグルミ。
大きさからすると、おそらく
樹齢100年を超えるものだそう。

100年生きてきた木がこうして
作品になって手元にあることに
感慨を覚えます。

「自分より長く生きてきた木に、
手を合わせるように」
作られてきた作品は、隅々まで
無駄なく使わせてもらいたい、
そんな気持ちに溢れています。
作品に四角が多いことも、
そんな理由があるそうです。


今回「第三章」と題した個展は、
ゆくりにとっても三度目の加賀さんの
展示会でありますが、加賀さんに
とってのこれからでもあります。

目指すものを見据えた先に生まれる
個性は、自然でいて振れない強さが
あります。
これからの加賀さんの仕事が
また楽しみになりました。

展示会を彩ってくださったBREAD&DOUGHNUT HOHOさん、ATELIER PLUSさん、
ある晴れた日の珈琲さん、
bonbon breadさん、
いつも可愛いお菓子を作ってくださるぽったり屋さん、
そして加賀さん、
本当にありがとうございました!

作品は、一部買い取りさせて頂きます。改めてここでもご紹介します。

5/5までは作品はまだありますので、
これまでに写真でご紹介したものにも
気になられるものがありましたら
どうぞメールからお尋ねください。

yukuri2006@icloud.com

[PR]
by yukuri-2006 | 2018-05-01 11:38 | *作品紹介 | Trackback | Comments(0)
こちらの作品は
「ヒトエダサシ/3780円」。
中に試験管が入っています。
c0155980_12181045.jpg


重い素材のホワイトオークを使い、
下部に重りを仕込んであるので
安定感があります。

シンプルですが細やかな仕事が施されています。
c0155980_12181236.jpg

こちらは「イチリンザシ/1728円)。
こちらも中に小さな試験管が
入っています。
c0155980_12181419.jpg

加賀さんのお子さんが学校の帰り道に
摘んで帰ってくれるお花を飾って
あげようというところから生まれた
可愛い花入れ。

旋盤を使わない加賀さん。
これは角柱から一つ一つ手で削って
作られたものです。
ほとんど真円に見えるので
これも驚きです。

どちらもプレゼントにされる方も多いです。
c0155980_12210744.jpg
********************************

-  第三章へ ‐  

加賀雅之 木工展

2018.3.31 (土)-2018.4.30(月・祝)
11:00-17:00
(お時間遅れる方もどうぞお知らせください)

今後の展休日
4/16(月)
4/23(月)

今後の作家在廊日
4/17(火)
4/29(日)
4/30(月・祝)

4/24(火)
「bonbon bread」 パン販売

********************************

[PR]
by yukuri-2006 | 2018-04-15 12:14 | Trackback | Comments(0)

pan皿いろいろ

加賀雅之さんの人気のpan皿、
いろいろ。

たくさん作ってくださったので
まだ選んでいただけます。
c0155980_22594004.jpg

c0155980_22594465.jpg

c0155980_22594655.jpg

c0155980_22594939.jpg

c0155980_22595191.jpg

c0155980_22595373.jpg

c0155980_22595659.jpg


1枚目はオニグルミ、
2枚目はブラックウォルナット。
今年はサクラも登場です(3枚目)。

4枚目以降はオニグルミと
ブラックウォルナット、
彫り方もいろいろです。

同種の材でもそれぞれに木目も
違うので、皆様とても迷って
選ばれています。
でも迷うのがまた楽しかったりしますね♪

食パンが2枚ちょうどのる大きさで、
我が家でも毎日なくてはならない
うつわです。




[PR]
by yukuri-2006 | 2018-04-04 22:51 | *展示会案内 | Trackback | Comments(0)
すみません、アップが遅くなりました。
23日で、加賀雅之さん木工展終了
致しました。
c0155980_19542521.jpg


お越しくださった方、イベントなど
ご一緒してくださった皆様、こちらで
観てくださっていた皆様、本当に
ありがとうございました!

長い展示会でしたが、ゆっくりお話
できたり、いろんな出会いがあったり、
とても満たされた会でした。

加賀さんは今年12回を迎える
フィールドオブクラフト倉敷
(FOC倉敷)の実行委員でも
いらっしゃいます。

今年も芸文館前広場で5/13(土)14(日)に
開催されます。

今回出展はないそうですが、現地で
お仕事なさっているそうです。
またお出かけになるとお会いできる
かもしれません😊
素敵なクラフトフェアです、是非✨

また、5/20(土)21(日)に開催される
高知の「ヴィレッジ2017」に出展
されています。
お出掛けになってみてください。

また来年のこの時期にゆくりで
加賀さんとお会い頂けたらと思います。

加賀さん、ありがとうございました!

[PR]
by yukuri-2006 | 2017-04-29 19:50 | *展示会案内 | Trackback | Comments(0)
おはようございます。
昨日はワークショップの開催日でした。
c0155980_16050623.jpg


上のお写真は参加してくださった
お客様からお借りしました。
出来上がったお皿にアトリエプリュスさん
が作ってくださったお菓子をのせて。


使った材は加賀さんのonigiri皿と
同じ大きさのオニグルミ。

最初なかなか刃が入らず驚かれ
ながらも、徐々に慣れて無心に
彫り進めていかれていました。

彫った作品にクルミの油を塗って
色が変わるとき、お菓子をのせて
全員の記念写真をされている時の
嬉しそうな皆さんのお顔(*´-`).

お一人で参加してくださった方も
多かったですが、時には周りの方のを
見たり談笑したり、最初から最後まで
和気藹々と楽しそうなご様子で、見て
いるだけで幸せになりました。

c0155980_16050758.jpg

c0155980_16050902.jpg


c0155980_16051149.jpg


作られた後、改めて加賀さんの作品を
ご覧になって

「こんな難しい仕事でこんな綺麗に
彫られているなんて」

と、作品と制作へのご理解を深めて
くださった言葉も印象に残りました。

美しい作品は、ときにさらりと
作られているように見えることも
ありますが、その裏側に隠れている
ものをお伝えできる仕事でありたいと
思います。


今回申し込んでくださったのに
参加できなかった方も多く、
大変申し訳ありません。

来年もこの季節に展示会を
しましょうというお話に
なりましたので、また企画
させて頂きます。

どうぞよろしくお願い致します。

参加してくださった皆様、
加賀さん、アトリエプリュスかずみさん、
展示会に足を運んでくださった皆様、
本当にありがとうございました!




[PR]
by yukuri-2006 | 2017-04-19 15:55 | *イベント | Trackback | Comments(0)
本日もお越しくださって
ありがとうございました!
明日17日月曜日は展休日です。

18日火曜日はワークショップの
日ですが、作品もご覧頂けますので
どうぞお越しください。

また、4/22土曜日はbonbon breadさんの
パン販売があります😊

個展中ではありますが、常設のものも
届いているので、明日はそちらのご紹介も
させて頂きますね。
c0155980_23583911.jpg

c0155980_23584149.jpg


写真は「バターケース」。
(バターナイフ付/10000円税別)
こちらはあと一つとなりました。

「箱に蓋」の発想ではなく、
「箱が蓋」の発想のバターケース。

底板を基準に、箱をスライドさせて
開閉します。
まな板のような使用感は、まさに
「目から鱗」。
手に伝わる、スルスルカチンという
感覚も気持ちいいのです。

冷蔵庫にもそのまま仕舞えます。
バターナイフのおしりが少し出ている
ので、開き口側がわかり、うっかり
外れて落下してしまうということも
ありません。

(中にあるのは本物のバターではなく、
加賀さんが分かりやすく作ってくださった
木のバターです😄)

いよいよ、展示会も23日日曜日まで。
あと6日間です。
お待ちしております。




[PR]
by yukuri-2006 | 2017-04-16 23:47 | *展示会案内 | Trackback | Comments(0)
いいお天気になってよかった…

と思ったら突然の嵐です(汗)
外出されている皆様、大丈夫でしょうか。


本日も営業しております。

加賀雅之さんの木工展も、
あと一週間となりました。

たくさんの方に作品迎えて頂いて
いますが、昨年よりかなり多めに
作ってくださったのでまだまだ
見応えあります。
(彫り盆、角皿大は完売していますが、
角皿大はバックオーダー可能です)

写真は

「カトラリーbox」
(カトラリーbox/4000円税別
蓋/1600円税別)
c0155980_14050012.jpg

c0155980_14050320.jpg

c0155980_14050533.jpg

カトラリーボックスとしてはもちろん、
机周りの整理にも役立つシンプルな箱。
スタッキング(積み重ね)可能です。
別売りの蓋は、反りを抑える「端ばみ」
という加工をしています。

シンプルなだけに、使う方の
アイディアで用途がいろいろ
生まれそうです。
(蓋も何か蓋以外のことに使えそう…) .
.
作りの細部まで美しい様子は、
是非実物でご覧ください。


[PR]
by yukuri-2006 | 2017-04-15 13:58 | *展示会案内 | Trackback | Comments(0)
今日は加賀さんのカッティング
コースターのご紹介。
c0155980_19032589.jpg

c0155980_19032794.jpg


写真はLサイズです。

ブラックウォルナットと
ホワイトオークの2種類あります。
(3200円/税別)

「小さなカッティングボード
としてはもちろん、トレイとして
カップとケーキ、おにぎりなんか
を並べても。

酒の肴やオードブルをのせても
ハマります。

持ち手の部分は「箸置き」の
役割を兼ねます」
(キャプションより)

片側をカッティングボードとして
使ったらもう片面をトレイにする
など使い分けると、両面を
傷つけることなく違う楽しみ方が
できます。



[PR]
by yukuri-2006 | 2017-04-13 18:58 | Trackback | Comments(0)

岡山市北区撫川173-1


by yukuri-2006
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30