タグ:松原竜馬 ( 16 ) タグの人気記事

松原竜馬さん角田淳さんの二人展、
昨日をもちまして終了致しました。
c0155980_00091780.jpg
一ヶ月に渡る展示会、足を運んでくださったりこちらをご覧くださった皆様、本当にありがとうございました。

お二人からも「お客様に少しでも喜んでいただける仕事ができていたら本当によかったと思います」とお言葉頂きました。

2014年から4年振りの展示会。
当時の作品も素敵でしたが、4年経ってのお二人の作品にはさらに繊細さと深みが増していました。
作り続け、研究していく「重ねていくことの力」を感じます。
c0155980_00094591.jpg

c0155980_00094592.jpg

3年後に、とお話をしましたが、次ご覧いただける時にはどんな作品を見せてくださるのかますます楽しみが増えました。

うつわを選ばれている時のお客様のお顔はいつもとても楽しそうで、いい仕事をさせてもらっていることに気付かされます。今回もたくさんの笑顔を見させてもらって私も幸せな時間でした(*´-`)
この度の展示に関わってくださった、今枝ゆかりさん、蒜山耕藝さん、荒木康太さん、naraさん、そして松原さん角田さん、本当にありがとうございました!


作品は一部買い取りさせてもらって、また改めて常設でご覧いただきます。
展示会の作品のお問い合わせなどありましたら10/19までは対応させていただきますので、作品についてはHPをどうぞご覧ください。




お二人の仕事のこと、「ミンゲイサイコウ」さんで
取材されています。
さらに深く知ることができますので、是非ご覧ください。
https://mingeisaikou.com/

次は11/17より中矢嘉貴さんの2年振りの木工展です!
またご案内させていただきます。




[PR]
by yukuri-2006 | 2018-10-16 23:55 | *作品紹介 | Trackback | Comments(0)
14日日曜日まで延長させてもらっている松原竜馬さん
角田淳さんの二人展ですが、明日(といっても日を
跨いでしまいましたが)11日木曜日のみお休み
させていただきます。

メールなどはどうぞご遠慮なく
お問い合わせください(^^)

写真は松原竜馬さんの粉引8寸たわみ皿。
c0155980_01545931.jpg


初めてお会いした時、これでカレーを食べていると
松原さんが言われていたのを思い出します。
皿ですが、たわみがあることで汁があっても大丈夫。
ロングセラーです。


松原さんの粉引は「何気なさ」が素晴らしいのです。
シンプルで飾らない。

でも緩やかな曲線にはたおやかさがあって、
一つ一つの姿、釉薬のきめ細やかさが美しい。

同じ白でも、よく見ると艶があったりマットな
質感があったり、それぞれに違っていて表情豊かです。

この会期で長く拝見してますます魅力を感じています。



添えてあるのは昨年12月から今年1月まで展示会を
させていただいた蝶野秀紀さんの五角箸。
蝶野さん、広島県福山市「ギャラリーくわみつ」さんで
ただ今個展中(10/17まで)です。







[PR]
by yukuri-2006 | 2018-10-11 01:52 | *作品紹介 | Trackback | Comments(0)

加賀雅之さんの木の器と

奥の間には常設展示もあって、
他の作家さんの作品も楽しんで頂いています。
 
こちら1枚目は先だって納品してくださった
加賀雅之さんの「round plate」に角田さんの
面取りマグとれんげを。
c0155980_00581649.jpg

c0155980_00581640.jpg
こちらのpan皿には松原さんの面取りカップを。
c0155980_00584800.jpg

round plateの材は桜のオーダーで作って
頂きました。 

前回の展示会で人気で完売していたCMS(コーヒーメジャースプーン)、定番のpan皿(オニグルミ)なども入荷しています。

加賀さんは10/13,14に開催される
千葉県市川市の「工房からの風」に
出展されます。お近くの方は是非。


松原さん角田さんのページのように、
今後作家さんごとの紹介ページを
作っていきたいと思います。
(松村さんのもあと少しです!)



[PR]
by yukuri-2006 | 2018-10-08 00:55 | *作品紹介 | Trackback | Comments(0)
ネットからも日々ご注文を頂き、
ご覧くださってありがとうございます。

展示会中でどうしてもお時間掛かって
しまいますが、恐縮ですが今しばらく
お時間頂けたらと思います。

こちらは松原竜馬さん、スリップウェアの
長方鉢(21㎝×15.3㎝×高さ4㎝)。 
こちらからもご覧頂けます。
c0155980_01274583.jpg

c0155980_01274555.jpg

c0155980_01274647.jpg

c0155980_01274636.jpg

c0155980_01274605.jpg


松原さんの作品は、粉引もスリップウェアも
硬い焼物なのに柔らかくて、でもかっこよく
写真で写しきれない色気があります。

「地に足の付いた」というか、物静かな中に
強さがある、間違いなく日々の食卓で長く
活躍してくれそうな安定感。
器が作り手を体現している一つの
例のようにも思えます。

スリップウェアは一般的には17〜18世紀
イギリスで用いられた技法で、スリップ
(泥状の化粧泥)でうつわに模様を描く
ものです。

粉引は鉄分の多い赤い(黒い)土に白い
化粧泥 をかけたものですが、松原さんの
こちらは黒い 化粧泥を掛け、その上から
白い化粧泥をいっちんというスポイトの
ような道具で模様を描いたもの。

お付き合いし始めの頃の松原さんは粉引の作り手のイメージがありましたが、今はこのスリップウェアも松原さんの代名詞の一つ。

白い化粧泥を使う粉引からは自然な流れで
黒い化粧泥のスリップウェアを作り始められ
ました。

掛ける釉薬は飴釉であったり、藁灰釉で
あったり(松原さんの藁灰釉はクヌギの
灰も調合したもので濃い部分に美しい
グラデーションが作られます)。 

長方皿と並んで、間違いなくお料理の映える
スリップウェアの逸品です。




[PR]
by yukuri-2006 | 2018-10-05 01:13 | *作品紹介 | Trackback | Comments(0)
本日はお休みでしたが、明日から10/14まで
(延長致しました。10/11木曜日はお休み
です)松原竜馬角田淳二人展続きます。

通販も開始していますので、
どうぞHPにお越しください。
http://www.yukuri-utsuwa.net/

c0155980_02332222.jpg

写真は角田淳さんのすみ切り皿(小)。
ブルーグレイ(単体で見ると白く見える
淡いブルーグレイです)とオフホワイト。
釉薬には卵の殻を砕いたものが入っています。

どちらも同じ釉薬ですが、使っている土と
焼き方で発色が変わります。
ブルーグレイの土のほうが鉄分の含有量が
多く、焼くことで釉薬に反映されます。




[PR]
by yukuri-2006 | 2018-10-02 23:31 | *作品紹介 | Trackback | Comments(0)
おはようございます。
台風の雨風がかなり激しくなってきました。

展示会中ではありますが、本日は臨時休業に
切り替えさせていただきます。
店内にはいますので、今日ご予定の方が
おられましたらどうぞご連絡ください。
(09028029786 安田)

どうぞお気をつけてお過ごしください。

写真は、naraの横田順子さんが活けて
くださったお花達。
ガラスの花器は三浦侑子さん。
c0155980_10215490.jpeg
c0155980_10230168.jpeg
c0155980_10210521.jpg
c0155980_10251856.jpeg
c0155980_10261804.jpeg
素敵なお花が入ると会場がグッと変わります。
ありがとうございます!


明日10/1から、通販とお取り置き承ります。
HPには松原さんと角田さんの作品一覧を作りました。

アップしたのでもうご覧頂けるのですが、、99%出来てから…
なぜかエラーが( ;∀;)…

明日までにはもう一回作り直します。

写真が違うところが一部あり、サイズがまだ
入っていませんがどんな作品があるかほぼ
ご覧いただけると思います。


遠方でお越しになれない方には残っている中でご覧いただくようになるので誠に申し訳ありません。
展示会での販売と並行するので先に売れて
しまうこともあり、残りの作品数も変わって
いくと思いますが、何卒ご容赦ください。
どうぞよろしくお願い申し上げます。



[PR]
by yukuri-2006 | 2018-09-30 10:13 | *展示会案内 | Trackback | Comments(0)

角田淳さんのれんげ

雨の日が多い中で、秋晴れの気持ちよい日
でした。
今日もお越しくださってありがとう
ございました!

こちらは角田淳さんのれんげ。
c0155980_00053125.jpg

この、小さくてくねりとした形が
なんとも可愛らしいのですが、
手にするとしっくり馴染みます。

こちらの写真は、松原家の食卓から。
c0155980_00050870.jpg



是非実物を手に取ってご覧頂けたらと思います。

明日もお待ちしております。





[PR]
by yukuri-2006 | 2018-09-28 00:04 | *作品紹介 | Trackback | Comments(0)
今日もありがとうございました。

こちらは松原竜馬さんのオーバル皿。
釉薬は工房の周りにあるクヌギを
暖炉で燃やしてできた灰を使われています。
c0155980_23141965.jpg

薄くかかった部分と濃い部分のグラデーションが見事で、見とれるほど美しい。
写真で表現しきれないのがつらいです…!

土の竜馬さんと磁土の淳さん。
この釉薬は淳さんと共有されていて、
それぞれに土との組み合わせや焼き方で
多彩な表現になっています。




[PR]
by yukuri-2006 | 2018-09-26 23:13 | *作品紹介 | Trackback | Comments(0)
今日はお休みをいただきましたが、
また明日から再開です。

10/1からのお取り置きと通販お問い合わせに
向けてHPで一覧でご覧いただけたらと準備
しています。

写真は角田淳さんの隅切りの豆皿。
漆塗りのお箸は蝶野秀紀さんです。
c0155980_01075849.jpg


折り返しの週になりましたが、まだまだ
ご覧いただけるものたくさんあります。
たくさん作ってくださいました😊

お待ちしております。








[PR]
by yukuri-2006 | 2018-09-26 01:05 | *展示会案内 | Trackback | Comments(0)
昨日荒木さんのシャインマスカットを
買ってくださった皆様、ありがとう
ございました。


松原竜馬さんのスリップウェアの長方鉢、
角田淳さんのオーバル皿に荒木さんから
頂いたシャインマスカットを。
c0155980_15504228.jpg
c0155980_15522282.jpg

初めての荒木さんのシャインマスカット、
ちょうどよい甘さで美味しくていつもより
たくさんパクパク食べてしまいました。

コツコツと真面目に
地道に仕事される荒木さん。

物事に対する真摯な姿勢と、地味に思える仕事
にもその中に面白さを見つけて楽しまれる
お人柄にもとても感銘を受けました。

こういう方が物作りで良いものを
生み出していかれるんだろうなあ…と。

応援…というのもおこがましいですが、
毎年荒木さんの葡萄を食べたいと思いました。

今年受け継がれた葡萄畑は、これから
どんどん「荒木さんらしい葡萄畑」に
なっていくと思います。

また来年、こちらでも召し上がって
頂きたいと思います。





[PR]
by yukuri-2006 | 2018-09-24 15:47 | *作品紹介 | Trackback | Comments(0)

岡山市北区撫川173-1


by yukuri-2006
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31