c0155980_19561797.jpg


器の大きなうつわ

松村英治 陶展

2018 .6.23 (土)- 2018.7.22(日)
11:00 - 17:00

展休日    
6/25(月) 7/2 (月) 7/9(月)7/16(月)

作家在廊日   
6/22(金) 6/23(土) 6/24(日)

6/22 (金)  プレオープン 19:30 -
「松村さんのうつわでいただく夏のお料理」 
※松村さんとの会話も楽しいお食事会を
企画しています。


「どんなお料理を盛ってもとても
映える上、軽くて丈夫。
扱いやすくて、つい毎日手に
取ってしまいます」

多くの方々から大好評をいただいた
松村英治さんのうつわ。

シンプルなおかずもしっかり
受け止めてくれてお店で
頂くような一皿にしてくれる、
懐の深さがあります。

今回は1ヶ月の長い展示会です。
是非楽しみにお越しください。
詳しい情報はまたアップ
させていただきます。


※現在、展示会期間のみの営業と
させていただいています。
期間中は常設の作品もご覧いただけます。

それ以外の日の常設展ご観覧の
ご希望は、お手数をお掛けしますが
HP、または下記からお問い合わせ
ください。

いずれはもっとお休み期間を短く
していきたいと考えております。
ご不便お掛けして申し訳ありませんが、
何卒よろしくお願い申し上げます。


〈ご連絡先〉
ゆくり
09028029786
(ショートメールでもご連絡頂けます)
yukuri2006@icloud.com



[PR]
by yukuri-2006 | 2018-05-26 19:44 | *展示会案内 | Trackback | Comments(0)

9/18も営業します

【9/18も営業します】

c0155980_13030659.jpg


9/18を展示会中のお休みとしていたのですが、この日も開けることにしました。

もしご旅行の途中でという方もどうぞ
お立ち寄りください。作品も予定より
かなりたくさん作ってくださったので
まだまだあります!

それにしても台風が心配ですね。
どうかお気をつけください。




[PR]
by yukuri-2006 | 2017-09-15 13:02 | *展示会案内 | Trackback | Comments(0)
c0155980_00354074.jpg


「土に映す」

田鶴浜守人・優香 陶二人展

2017.9.9 (土) - 9.24 (日)
  11:00 - 17:00
展休日 9/11(月)9/18(月)

作家在廊日  
9/9・9/10・9/24  守人さん優香さん
9/23  優香さん

<特別企画>

9/9(土)
「うつわとお酒と音楽と」

9/23(土) 
「31コーヒー」+「Atelier Plus」
コーヒーとパン


田鶴濱守人さんと優香さん、お二人との
お付き合いは11年を超えますが、今回が
初めての展示会となります。

美大生時代、根津美術館で観た雨漏茶碗の
柔らかさやまるで生き物のような存在感に
衝撃を受け、独学で陶芸を始めた守人さん。
ひたむきに探求し続け、多様な釉薬を用いられます。

建築の仕事の中で同じく土に惹かれ、
この道を歩まれることになった優香さん。
色の違う土を一枚一枚交互に重ねていく
「練り込み」技法を主体に制作されています。

陶芸を志した道筋も表現も違いますが、
土に対する愛情もまた違います。

「だからこそ同じ工房で一緒に
仕事できるのかもしれませんね」
というお二人。

この展示会ではお二人それぞれの
「土を楽しむ先に生まれたうつわ」
を御覧いただきたく思います。

c0155980_00354158.jpg

いずれも守人さんの作。
フチのある平らな皿は、皆で分け合う
大皿としても一人用のプレートとしても
活躍します。
写真の黒錆の他、粉引もお持ちくださいます。

c0155980_00354488.jpg

一枚一枚土を重ねて、年輪のような
細やかな模様を作りだす優香さんの
練り込み。
一見素朴でいて、赤や緑などをさらに
鮮やかに引き立てる独特の魅力があり、
盛った瞬間に印象が変わることに驚きます。

••••••••••••••••••••••••••
初日 9/9 特別企画
「うつわとお酒と音楽と」

東京のギタリスト·坂ノ下典正氏を
お迎えして、お酒と音楽、美味しいお料理を
守人さん優香さんと楽しんで頂きます。

お料理は、岡山市南区藤田の古民家カフェ
「ののさま*あん」オーナー、長楽留美子さんが担当してくださいます。

坂ノ下さんの静かな雨音のように心に響く
ギターと、長楽さんの地元野菜を丁寧にし込んだ美味しいお料理。
田鶴浜さんご夫婦との楽しい会話も
もちろんお楽しみに。

ご予約のことなど、また別でお知らせ
させて頂きますね。

9/23(土)
「コーヒーとパンを愉しむ 」

•31コーヒー
•Atelier Plus パン販売

31コーヒーの森田麻理子さんが
コーヒーを淹れてくださいます。
「Atelier Plus」のしおみかずみさんの
パンもどうぞお楽しみになさってください。

いつもより少し長めの展示会です。
お越しをお待ちしております。


..............................

9/8までお休みを頂いております。
長くて申し訳ありませんが、今年は
不調の時期にできていなかったことや
この先のことの始末をつけていきたいと
思っております。
思い切って我儘にさせてもらっておりますが
何卒ご容赦ください。



[PR]
by yukuri-2006 | 2017-08-13 00:04 | *展示会案内 | Trackback | Comments(0)

「幸せの鍵」

千田稚子 陶展 
2017.7.8(土)-7.17(月・祝)
11:00-17:00 
展休日 7/11
(限定イベント開催日)
 
c0155980_14213811.jpg


ゆくりでは三年ぶり、二度目の個展となる
千田稚子さん。

陶芸家・三宅史家さんと主宰される
「陶工房ゆうらぼ」も今年で17年を
迎えられます。

前回は「余白」というタイトルでの
展示でしたが、余白のあるうつわ作りは、
千田さんにとってこの先も変わらぬテーマ。

「作り立ての美味しいうちに食べたいので、
ささっと適当に盛っても映えるうつわを
心掛けています」

と話される千田さんのうつわは、

「一見何気なく思えるけれど、盛り付けると
自然に美しい『間』ができるように」

と考えて制作されています。

より美味しく食べてほしい」という心。
目の前にいる人や自分自身を大切に
もてなす気持ち。

余白には、そんな思いが込められて
いるように感じます。

7/11火曜日はお休みですが、個展内企画が
あります。次の記事ではそちらのご案内を
させて頂きますね。




[PR]
by yukuri-2006 | 2017-06-30 13:26 | *展示会案内 | Trackback | Comments(0)

松村英治さん個展

ご挨拶が遅くなりました。
鳥山さんの個展、多くの方にお越しいただいて
ありがとうございました!
常設でもまたご覧いただけます。


次回は松村英治さん個展、今週末より
始まります。


2016.9.24(土)-10.2(日)

 「秋を彩る」
松村英治 陶展 
11:00 - 18:00
会期中無休
c0155980_04175998.jpg


c0155980_04221171.jpg


焼締めを始め、これからの季節に似合う器が届きます。
秋刀魚にぴったりの長皿も。
c0155980_04241449.jpg


c0155980_04252248.jpg

c0155980_04261063.jpg

c0155980_04333200.jpg

c0155980_04334922.jpg

c0155980_04340652.jpg

c0155980_04342774.jpg


他にも多数届く予定です。
またご紹介します!



[PR]
by yukuri-2006 | 2016-09-21 05:29 | *展示会案内 | Trackback | Comments(0)

窯焚き@寺園証太工房


5月23日から焚き始めた寺園証太さんの窯。
昨日6月1日に焚き終わりました。

こちらは写真家ムサシさん撮影。
c0155980_23231624.jpg
c0155980_23302053.jpg

c0155980_23315640.jpg

撮影時の映像は、寺園さんがインスタグラムにアップされています。
寺園さんインスタグラム






************************

ゆくりHP

6.25 - 7.3
「土の上に暮らす、幸せのかたち」
寺園証太 陶展


7.6 - 7.18
「つくる家族 の 暮らしとしごと」
寺園証太(陶)ムサシ(写真)二人展 


************************





[PR]
by yukuri-2006 | 2016-06-02 23:42 | *工房訪問 | Trackback | Comments(0)
早いもので、もう6月に突入しました。
日中暑くて朝夕少し冷える岡山です。

先日お伝えしていました寺園証太さん
展示会のご案内です。
今回の展示会、寺園さんとご縁の深い
方々との企画も盛りだくさんです。
どうぞ楽しみになさっていてください。

会期まで、改めてご紹介していきます。
(インスタ、フェイスブックページにも
それぞれ掲載していきます。)
*インスタグラム https://www.instagram.com/utsuwaya_yukuri/
*facebookページ https://www.facebook.com/yukuri2006/


*********************

「土の上に暮らす、幸せのかたち」
寺園証太 陶展

2016.6.25(土)-7.3(日)  
展休日   6/29(水)   
*当日、限定ワークショップ開催

c0155980_23005289.jpg



約千年の歴史を持つ、日本六古窯の一つ
「備前焼」。 釉薬を掛けずに土と炎で
焼き上げる「焼締め」です。

岡山県瀬戸内市は牛窓の地で作陶される
寺園さん、 展示会は地元での初の個展と
なります。

背景にある、家族と周りの方々との
深い繋がり。
うつわは作り手の「うつわ」、
人そのものが現れます。
寺園さんの備前の優しさは、
穏やかな牛窓の自然の中、
この暮らしから生まれるもの。

*
6/25から7/3までは「日常で使う備前」に
焦点を当てた個展を。
(期間中、特別企画があります。
詳しくはこちらへ)

7/6から7/18までは、寺園家とも親交の深い
広島の写真家・ムサシさんとの二人展を。
そちらでは、暮らしと制作の様子を収めた
写真と窯出ししたばかりの うつわが織りなす
空間をどうぞお愉しみください。
(こちらも特別企画があります。
詳しくは つくる家族 の 暮らしとしごと へ)

世界中を巡り、旅先での風景や人々の
暮らしに温かい眼差しを向けるムサシさんが
ファインダー越しに切り取る寺園家からは、
いっぱいの愛を感じて頂けることと思います。
寺園証太(陶)×ムサシ(写真) 二人展
今回のDMの写真も、ムサシさんにお願いして
撮影していただいたものです。

「寺園証太」という作り手。

その背景ごと伝えたい、
そんな想いから生まれた二つの展示会です。


<個展DMより>
*ご希望の方には発送させていただきます。
ご連絡ください。こちらから

c0155980_15181203.png

c0155980_15184834.png


c0155980_15274573.png








[PR]
by yukuri-2006 | 2016-06-02 15:04 | *展示会案内 | Trackback | Comments(0)

島さんの白い耐火鉢

先日は3日もお休みしてしまい、すみません。
もしお越しになった方おられたらとても申し訳ないです(><)
なるべくこのようなことがないようにと思っておりますが、よろしかったら一度お電話くださったら有り難く思います。
お手数をお掛けします。
050-5586-6675

ところで。
島るり子さんから、新しい器が届きました。
白い耐火鉢です。
(径27cm 深7cm 29,160円)
c0155980_13255757.jpg

c0155980_13384726.jpg

展示会でも白いのはあまりお出しになっていないそうです。
白いものは火に掛けるとどうしても貫入部分が色が付いてくるのですが、以前展示会でご自宅で使われているものをお持ちになっているのを見ると、貫入好きにはたまらない魅力的な雰囲気でした。
貫入、拡大するとこのような感じです。
c0155980_13433642.jpg

黒いのもお願いしていますので、また楽しみにお待ちください。
島さんの耐火鉢はカンカンに熱したところに水を掛けても金タワシでゴシゴシしても大丈夫!という優れものです。
鉄鍋のように使って頂いて、そのまま食卓に。
サラダボールのように普通に器としてお使いいただいても素敵です。

それから、とても可愛い粉引の花弁小皿も一緒に届いていますよ。
(約10cm 2700円)
c0155980_13450666.jpg


*ゆくりへのご案内はこちらへ*
営業日 木金日曜日11:00-16:00
tel 050-5586-6675













[PR]
by yukuri-2006 | 2015-06-11 13:56 | *作品紹介 | Trackback | Comments(0)

下山さんちのお茶

続けて、7日に「美味しいお茶を入れる会」に講師で来てくださる、茶師・下山桂次郎さんのことを。
こちらも取材に行って参りました。
下山さんは、以前からその筆で書かれた茶袋を拝見していてとても興味があった方でもありました。
(HPから許可を頂いて画像お借りしています)
c0155980_2543372.jpg

まず一言で言うと。お茶とご自身のファンになりました!(笑)

下山さんは、岡山の産地・美作市海田でお茶の生産を手掛ける下山家の三代目茶師でいらっしゃいます。
c0155980_33334.jpg
c0155980_33635.jpg
c0155980_324150.jpg

c0155980_353687.jpg

毎年静岡で最新の技術を学びつつ「どこの味でもない、この土地でしか出来ない最高のお茶を作りたい」と励まれ、数々の品評会で毎年賞を取られています。
また、染料としての面にも着目。児島ジーンズとコラボした「茶染めデニム」を発表するなど、お茶の可能性を広げる活動を展開中。
プライベートではロックバンドを組み、作曲の他ドラム、ギター、ベースを弾きこなすなど多才な方で驚くことばかりです。
そしてとっても気さく!

「『無理だからやめておけ』と言われると余計燃えるんです」
と言われる方なのですが、その情熱は一つ一つ手書きされた茶袋に表れています。
書かずにいられなかったそう。

一つ一つ手書き。想像するだけで尋常じゃない大変さ…仕事もロック!
しかし、その泥臭いほどの熱意はお客さんにもちゃんと伝わっていて、袋を捨てずにもっている方がおられるほど。
今や全国にもその手書き文字のことが広がり、例えば県外の「下山さん」からのご注文や、「下山家」へ嫁がれるから引き出物になどということも。
(ここをご覧の「下山さん」もいかがでしょう(*^_^*)!)

作られるのはお茶ですが、下山さんはものつくりの作家ではないかと私は思います。一つのものの可能性を、規定の概念にとらわれることなく突き進めていく姿はそこに重なってきます。

今、「試飲に」とくださったお茶をお店でお客様に飲んで頂いています。
濃く出ても苦味がなく、とても優しくて美味しい!と皆様に喜んで頂けています。

下山さんのホームページはこちら。http://www.qualitea.jp/10chasi.html
Facebookページもお持ちですので、是非覗かれてみてください。
下山さんのお茶Facebookページ

今回、お会い出来て本当に感謝しています。美味しいお茶とお人柄だけでなく、人は感動することが大事だと、泥臭くていい、気持ちがあるならそのまま表現すればいいと、改めて教えて頂きました。

「美味しいお茶を入れる会」、
そんな下山さんと角掛さんと同時にお話出来ますので、是非。
角掛さんの急須は下山さんからもお墨付き。
いろんな急須で美味しいお茶の入れ方をご指南頂きます。

12.7(土)
一部 13:00 - 14:00
二部 14:00 - 15:00
(参加費無料)
c0155980_3630100.jpg

期間中はお茶席もご用意しています。(お菓子は岡山の和菓子店「籠もよ」さんにご提供頂きます)

また「美味しいお茶を入れる会」の時も、ご希望でお菓子を召し上がって頂くことが出来ます。(有料)
お作法はちょっと置いといて、肩肘張らない楽しい会ですので、お気軽にお越しください。


************************
「質実剛健の器」
ー 常滑の工房から 角掛政志陶展 ー

2013.12.7(土) - 12.16(月)
11:00 - 17:00
10日(火)休み
作家在廊日 7日(土)

「美味しいお茶を入れる会」
講師 下山桂次郎氏
http://www.qualitea.jp/index.html
12.7(土)
一部 13:00 - 14:00
二部 14:00 - 15:00
(参加費無料)

会期中はお茶席もご用意しております。
お気軽にお越しください。

************************
Facebookページが出来ました!
「ゆくり」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
いつも読んでくださってありがとうございます。
***ranking***
[PR]
by yukuri-2006 | 2013-12-04 03:07 | *イベント | Trackback | Comments(0)

角掛さんのこと

角掛さんのお話を。

こちらでも触れさせていただきましたが、私が初めてお会いしたのは、2004年の瀬戸焼祭でした。
当時瀬戸で勉強中の妹から
「すごく好きな作家さんがいる」
と手持ちの作品を見せてもらっていたのですが、お店を始める時には是非お願いしようと二人で決めたのがつい最近のことのように思い出されます。

作家仲間にも多くのファンがいらっしゃるくらい、しっかりしたデザインの素晴らしい造形の器を作られる方ですが、ご本人はとてもシャイで謙虚な方。
(と書かれるのも恥ずかしがられるかもですが)

今回もいろいろ取材したくてご質問したのですが、いつものようにほとんどはぐらかされてしまいました(笑)

でも、最初にお客様への言葉として頂いた
「形と器として機能の両立が作っていて悩むところです。
でも、器である以上、使ってもらえれば嬉しいです」
という言葉に今も変わりなく、
「これからもそう思って毎日作り続けていきます」
とお話しされていました。

研鑽を積まれてきたことはお仕事にもそのまま表れています。
造形の美しさと機能の高さはもちろんですが、特に感じるのは、使っている時の安心感。
しっかり焼いてあり、薄手にも関わらず頼もしい。

特に急須は、言葉で表現するのが難しいのですが、キレといい放物線の美しさといい、注ぐのがとても楽しく、最後の一滴まで美味しいお茶が入ります。

展示会当日もキレを試していただくことが出来ますので、是非一度お手にとって頂きたく思います。

7日は角掛さんも在廊されます。いつもニコニコした笑顔がいい方で、お会いしたらますます作品に愛着を感じて頂けることと思います。

写真は取材した時のもの。
一度轆轤挽きを拝見したく、お願いしてしまいました。
「僕は轆轤下手なんですよ…」と言われながらもするすると形が出来上がっていきます。
c0155980_2243568.jpg

動画を撮影させて頂いたので、そちらもご興味のある方にお店でご覧いただけたらと思います。

c0155980_2124580.jpg

c0155980_2281899.jpg

元々内装のお仕事をされていたので、工房のリフォームは全てご自分で。
白い石を敷いた、奥へと繋がる印象的なアプローチは奥様によるものだそう。
海辺のとても素敵なご自宅と工房でした。

器の魅力、ものつくりへの姿勢、工房の空気まで全部残さずお伝えできる展示会に出来たらと思います。

************************
「質実剛健の器」
ー 常滑の工房から 角掛政志陶展 ー

2013.12.7(土) - 12.16(月)
11:00 - 17:00
10日(火)休み
作家在廊日 7日(土)

「美味しいお茶を入れる会」
講師 下山桂次郎氏
http://www.qualitea.jp/index.html
12.7(土)
一部 13:00 - 14:00
二部 14:00 - 15:00
(参加費無料)

会期中はお茶席もご用意しております。
お気軽にお越しください。

************************
Facebookページが出来ました!
「ゆくり」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
いつも読んでくださってありがとうございます。
***ranking***
[PR]
by yukuri-2006 | 2013-12-04 02:32 | *展示会案内 | Trackback | Comments(0)

岡山市北区撫川173-1


by yukuri-2006
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31